スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ゴールドウインカップ ~「必死の思い」~
さて、

RIRIの2本目のハナシの前に・・・。



実は初日を終えた夜、オレはRIRIにかなりカリカリしていました。
多分、スタート地点でのチャラチャラした態度が余程気に入らなかったのでしょう。
そして、順位にも満足していませんでした。

もっと攻めれるはずなのに、何で安全運転なんだ、と。




しかし、2日目の1本目の男子、特に後半に滑った選手達の必死の滑りを見て、俺の気持ちは大きく変わった。



この日、レース中も雪は降り続き、コースはかなり荒れた。
そんな中、大会スタッフの方々も少しでも良い条件で、そして選手達の安全を考え、賢明にがんばっておられた。


選手達の滑りを見て、上部のコース係へ無線で指示が飛ぶ。

「5番ゲートのアウト側、雪が溜まってるんでしっかり排雪してください」
「10番ゲートまでしっかり整備してください」


多分オレ、この日1日で約1年分の滑走量を稼いだと思う(笑)



それでもね。
こんなオレでも何かできる事がしたかった。

そう思わせるほど、選手達の滑りに感動した。


荒れた急斜面を必死に落ちていく選手達。
20100307_110158(002).jpg
20100307_105721.jpg
20100307_105600.jpg
20100307_105721(003).jpg
20100307_110158.jpg


「安全運転」とか「流して」とか滑れるような状況じゃない。

選手はみんな、

「必死」

なんだ。



RIRIの1本目、オレは最初「安全運転」だと思ったが、きっとヤツはヤツなりに必死に滑っていたのかもしれない。





男子の1本目が終わり、2本目のセット。
レース開始ギリギリまでコース修復が行われた。

「28番ゲート付近が遅れてるようなので応援をお願いします。」

スコップを持って向った急斜面。

そこでは各県のコーチや選手父兄ら10数名がスコップやトタンを持って賢明に作業をしておられた。
役に立ったか立たなかったかはわからないがオレも一緒に作業させていただいた。

「前走スタート3分前」

ギリギリまで作業は続いた。



そして、2本目が始まった。


















スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
Click In this article
kelly bag hermes Boat CamperⅡ ゴールドウインカップ ~「必死の思い」~
2014/07/20(日) 20:38:33 | URL | Click In this article #EBUSheBA[ 編集]
More Help
e liquid wholesale Boat CamperⅡ ゴールドウインカップ ~「必死の思い」~
2014/07/28(月) 07:55:46 | URL | More Help #EBUSheBA[ 編集]
more tips here
e-liquid nicotine Boat CamperⅡ ゴールドウインカップ ~「必死の思い」~
2014/07/29(火) 19:49:34 | URL | more tips here #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。