スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
3月の予定 RUKI編
さっきまでのRUKIの3月の大会予定です。


【RUKI】
3月 7日  アトミックジュニアカップ きそふくしま大会
3月13日  GOLDWINナスタージャパンカップ(CB)《ナスター》
3月14日  GOLDWINナスタージャパンカップ(GS)《ナスター》
3月21日  極楽坂大回転大会《県連公認》
3月22日  アトミックジュニアカップ 本州決勝大会


の、はずだったんですが・・・・・・。


本日、きそふくしまスキー場より連絡がありアトミックカップはコース状況悪化のためキャンセル。
従って自動的に22日の決勝大会の予定も消えました


う~ん、残念。



おそらく来年からは県内での活動が主体になるので、今シーズンはいろんなところへ連れて行ってやろうかな、と思いスケジュールを組んだのですが初っ端から予定変更に。
残念ではあるが、自然には勝てませんね。



ご覧の通り、3月は県外の大会を中心にエントリーしておりました。
本人は、県内の大会の方が地元新聞に名前が載るチャンスもあり、翌日学校で先生にも説明しやすいので出たかったらしい。

が、父の権限で決めさせていただきました。







我が家ではここ数年、3月はレース月間となっている。
オレがレースに求めるもの。

一言で言えば、『子供達の成長』


確かに滑走量で言うなら通常の練習をしていた方がはるかに多い。
また、小中学生のジュニア期において、「たくさんすべる事=上達につながる」事は言うまでもない。

それに比べ、レースの場合は1本ないしは2本。
レース前やレース後に多少のフリー滑走はできるかもしれないが、通常練習と比べれば明らかに滑走量は少なくなる。


しかし、滑走量を犠牲にしても、レースによっては練習では得ることのできない『子供達自身の気づき』がある事も事実。
そして、それが意識の変化だったり行動の変化につながる場合がある。
つまり、『成長のきっかけ』となる事が多いと実感している。



そこで、レースの選択となるワケですが・・・・。


選択にあたり、最も重要なのは、何を気づかせる(導く)か、であり、決して結果(順位)ではない、と言う事。


RUKIにはこの3月のレースを通じ、気づいて欲しい事がいくつかあった。
多分、どのレースも表彰台とは無縁なので本人にはちょっと辛いかもしれないが、きっと得られるものも多いはず。

だから敢えて県内の3・4年の大会より、4-6年のカテゴリーの大会を中心にスケジュールを組んだのですが・・・。


ま、しょうがない。




と、言うわけでポッカリ開いてしまった今週末は、現在無理矢理お願い中(笑)







スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。