スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
課題を意識した練習
前日の猛吹雪の翌日日曜日。
天候も回復し、午後からはかなり気温も上がりました。

20100207_142251.jpg

20100207_142229.jpg

絶好の練習日和でした。


先週行われたOHYAMAジュニアスキー大会。
確かに昨年と比べ、クラブのみんなレベルが上がっている。
しかし、リザルトを見てみると「もう一皮」剥けてくれれば・・・と思うほど他クラブのジュニア達も速くなっていましたね。


学童選手権まであと2週間。
まだまだやれることはあるし、しっかりと課題を意識してトレーニングすればもっともっと上に行けるはず。

RIRIもRUKIも同じ。
基本的に二人とも雪上で練習できるのは週末の2日間。
しかもこれからはレース等が入ってくるので練習時間は限られてくる。
そこで、先週の平日夜に家族でビデオミーティング(笑)を行い、課題を整理してみた。
自分達の滑りを見てそれぞれ意見を出し合ってみた。

【RUKI】
・ポールの近くを滑れていない。
・体が次のポールを向いていてフォールラインを意識していない。
・手が下がっている。
・他いろいろ・・・。

【RIRI】
・相変わらずお尻が低い。
・フォールラインを向いていない。
・切替えが遅く、ターン前半に全く仕事ができていない。
・他いろいろ・・・。

一応二人とも普段コーチから指摘されていることは良くわかっているらしく、またビデオを見ても明らか。

RIRI・RUKI
「課題は自分でもわかっとるけど、それが出来んから困っとる!!」

だそうだ。

で、
日曜日の朝、練習前にまっちコーチに相談してみました。
(本来なら選手からコーチに相談すべきかもしれませんが・・・。)


コーチ陣もジュニア達の課題を考えてくれてたらしく、いろいろ工夫したポールトレーニングができました。

ショートポールを利用したり・・・
20100207_141641.jpg


フラグ無しのロングポールに変えてみたり・・・・。
20100207_141641(002).jpg

お陰様でRUKIは随分とポール際を攻めれるようになったような。


一方のRIRIは、
若干斜めに立てた補助ポールを利用した練習を行なっていました。

20100207_141306.jpg

この補助ポール、選手によっていろいろな課題トレーニングができると思いますが、とりわけRIRIは、
・山側に立ち上がらない
・切り替えるポイント
・ライン
を意識して練習したそうです。

20100207_141306(002).jpg

20100207_142422.jpg
補助ポールをつけたり外したりし、確認しながらトレーニングしてました。

ま、彼女の場合根本的にお尻が上がらないとどうしようもありませんが、彼女なりには意識しながら練習してたのがみていてもわかりました。

長い目で見てやりましょう。




と、


言ってる間にシーズンが終わっていくような気がしてなりません






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。