スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
大会前夜
先日のチルドレン大会の翌朝。
RIRIはいつものように元気に学校へ行きました。

スキーの切替は遅いが気持ちの切替はメチャメチャ早いようだ(笑)

そして今日、「第47回富山県中学校スキー選手権大会」の開会式が行われました。
明日のGSは12番スタートのようです。


この大会に出場できることを本当に嬉しく思いますし、今までいろいろな面でサポートいただいた方々のおかげだと本当に感謝申し上げます。


実はRIRIがアルペンスキーを始めてからこの3年間で、1度だけ

「やってもどうせ勝てんし、もうやめたい・・・・。」 

と、言った事がある。


正直、その時オレはすごくショックだったし動揺もした。
確かにいつもソコソコの成績で滑ってくれるRUKIに対し、なかなか結果を出せないRIRIにとって辛かった事もあっただろう。
そんな気持ちとは裏腹にヘラヘラした態度で練習するRIRIにきつく叱りつけた事も何度もある。

奥方様に言わせれば
「アンタの言葉は傷口に塩だ」
と、言われたこともあった。


でも、そんなRIRIもなんとか今までスキーを続けてこられたのは、スキーを通じて知り合った友達、指導してくださるコーチ、そして温かく見守り時には声をかけてくださる父兄の方々・・・。
本当に感謝申し上げます。


多分、きっとRIRIだけではなく、明日の大会に参加する選手はみんなそんな温かいサポートがあってこの大会に参加することができているのだと思う。


たとえ途中で失敗しても最後まであきらめず、日頃の練習の成果を発揮して欲しいと思います。


STILL0019_20100113220733.jpg


とりあえず結果はどうあれ、誉め言葉をひとつだけ用意しておいてやろうと思います。









スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。