スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
挑戦
習慣というのは恐ろしいもので、この時期になると何故かAM3:00過ぎに目覚めてしまうオレ。
え?
単に老化現象だろって?

そうかもしれない涙


実は今朝も3時半に目が覚めた。
そして起きるなりFISのサイトをチェック。


どうしても気になることがあり、自然と目が覚めてしまった。

そしてオレがチェックしたのは

WC女子GS「アスペン」 

そうです。
清澤恵美子選手のWC初レースの結果が
気になって目が覚めてしまった。


にわかアルペンファンのオレが今更言うまでもない事だが、彼女は今シーズンもバンクーバー五輪を目指し挑戦を続けている。


ご存知の通り、バンクーバー五輪の日本の出場枠は男女を含め、現在のところ「3」
とりわけ女子とっては非常に厳しい現状だ。

ふるい落としとか、そんな生易しいレベルではなく、自らがWC30位以内という結果を勝ち取らなければならない。


昨シーズンを終え、彼女はナショナルチームに選考されることは無かった。
これが意味するものは大きい。




子供達がアルペンスキーを始めてから何名かの女子選手のブログをいつも楽しく読ませていただいている。
とりわけ清澤選手のブログは、いつも前向きで読む者に勇気を与えてくれていた。

そんな今までひたすら夢に向かって走り続けてきた彼女の記事が、シーズン終了した4月12日以降、しばらく更新が途絶えた。


しかし、


それから約1ヵ月後の5月11日に「決意表明」と銘打ったタイトルで現役続行を表明した。


彼女の出した結論は
「可能性が少しでもあるなら夢に向かって挑戦し続けること」
だった。
彼女の言葉を借りれば「0.0000001%の可能性に賭ける」


そして、日本時間の昨日未明、清澤恵美子選手はワールドカップというひのき舞台にたった。


結果は50位。

単身アメリカに渡り、専属のサービスマンもいない中でのビッグレースで完走である。


もし、彼女があの日、別の決断を下していたならワールドカップに出場することも無かっただろうし、増してや完走する事もなかっただろう。


だが、彼女は夢に向かって大いなる、そして確実に第一歩を踏み出した。
そして、今なお夢に向かって走り続けている。


全力で応援してあげたいですね。









スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。