スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
久々の常願寺
銀週間の最終日。
午前中は宿題やら家の掃除をして、午後からトレーニング。

子供達も少しずつシーズンが近づいてきてるのを感じてるのか、文句一つ言わずについてきました。



久しぶりの常願寺公園です。
ほぼフラットな約350mのコース。

ストックやコーンを使って昨日の川村トレーニングを「動きのある中で」実施してみた。

STILL0057_20090924065318.jpg

スピードをつけて軽快にジャンプするRUKIに比べ、着地時に上体が潰されバランスを崩すRIRI。

STILL0062_20090924065317.jpg
STILL0063_20090924065316.jpg

リズム変化をつける為にターンの途中にジャンプを入れたり、セットに変化をつけたりしながら練習してみた。



STILL0059_20090924065317.jpg

フラットバーンでストックワークの練習。
特にRIRIはいつも右ターンで失敗するので、コーンを通過したらすぐにストックを突いて腰を上げて次のターンに入る練習を平地で繰り返した。

二人ともついたストックを引く癖があるし、RIRIについては外手の脇も甘い。
スキーシーズンの練習ではなかなかできないので1ターン毎に大声で指示を出しながらやってみました。


そして、坂へ。

STILL0065_20090924065506.jpg
STILL0066_20090924065506.jpg
STILL0067_20090924065505.jpg
STILL0068_20090924065505.jpg


後半の坂では1本毎にセットを少しずつ変えてやってみた。
セットをキツクするとまだまだですが、多分スキーでやるより効率がいいかも。



昨年のRIRIはリズム変化の右ターンに苦しめられてきた。
スルーゲートからの急ターンだったり、斜面変化だったり、片斜面だったり・・・。


リズム変化への対応は山回りの長さの調節、つまりストックを突くタイミングも重要だと思う。
マテリアルの特性が違うので足回りはインラインとスキーとの違いはあるが、ストックワークの練習はかなり有効かも。



我が家の場合、県中前に長期合宿なんてとても無理だから、こんな練習でも少しでも上達につながってくれればいいかなと。






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。