スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
09インライン初め
さとと-青い傘ですね。

今日はteam yoneのインライン初滑り会の予定だったんですが順延に・・・・・涙




ま、こうなる事はある程度予測してたので昨日の午前中、久しぶりに3人でインライン。
RIRIも復帰し今シーズン初のインライントレーニングでした。

さて、
昨年はスキーのターン要素を分解したトレーニングを行ってきたわけですが、十分に効果があったかな、と思っています。
2シーズン目ということもあり、雪上トレーニングへもすんなりとは入れたし。

ただ、課題もありました。
インラインの場合、外足一本でのターンってかなり難しい。
スキーなら外足と内側の肩の軸でしっかりと外足荷重させるトレーニングとして内足を上げてクロスさせる練習をよくさせますが、インラインだとできないんですよね。


昨日、RIRIのインラインでの滑りを見てて感じたのが、
・内足の股関節や足首の関節が殆ど稼動していない。
・内足が前に出ている。
特に右ターンにおいて顕著。

《RIRIの8の字クロススケーティング》
STILL0069_20090517172914.jpg STILL0070_20090517172920.jpg STILL0071.jpg

《RUKIの8の字クロススケーティング》
STILL0074_20090517172945.jpg STILL0072_20090517172933.jpg STILL0073_20090517172939.jpg 

この時は外腰・肩がかなり開いていたので腕を前に出しての8の字クロスをしていたのですが、内側の股関節・膝・足首の稼動領域が狭く棒立ち状態。変な汗


このことはスキーでも全く同じで右ターンがひどかった。

インラインの癖が原因なのか、元々スキーでできないからインラインでもこうなっってしまうのかはわからないが来シーズンまでに少しでも何とかしたい大きな課題の一つだ。


そこで、今シーズンのインラインですが・・・・。

あまり、見た目のスキーに近い動きにとらわれず、股関節を中心に各部の関節を連続した運動の中で自由に動かせるようなトレーニングをして行こうかな、と思っております。


おそらく平地中心になると思いますが、ホッケーやスラロームなど、遊び要素を入れながら楽しくできればいいかなと。




と、




来シーズンに向けてアレコレと考えてるのはオレだけ 涙






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/18(月) 09:02:10 | | #[ 編集]
Re: 初めまして!
実は以前からブログを拝見させていただいておりました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2009/05/19(火) 23:28:28 | URL | ririrukiパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。