スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
シーズンを振り返って ~ちょっぴりホンネ(笑)~
暖かくなりましたね。
富山も桜がチラホラ。

桜桜散っちゃったですね。

4月に入り、職場の雰囲気も変わりました。
オレも社会復帰です(笑)

さて、今シーズンは11月からスキーを履かせました。
早いもので5ヶ月経ちました。

あっという間のスキーシーズンでしたが、何だかんだ言って約5ヶ月もスキーしてたんですね。


振り返ってみると今シーズンもいろいろありました。
いや、ホントに(笑)

ホントはもっと本音で書きたかったこともいろいろあるけど。
なかなか書けませんね、タテマエばっかで。

で、

たまにはホンネで。









シーズン中は子供達の滑りや大会の順位を見ながら一喜一憂しながら一緒に過ごしました。
親としてはちょっと子供に近づきすぎた感がありますが・・・・。

今、こうやってシーズンを振り返ると多少の波を繰り返しながら着実に上達したと思いますが、シーズン中はホントに一喜一憂の日々でした(笑)


親としては、多少の好不調に惑わされる事なく、もうちょっと デーン と構えられれば良かったのかもしれませんが・・・・ムリでしたね。


ま、でも、それも良かったかな、と。


さて、今シーズンオレが最も印象的だったことを一つ上げるとすれば・・・・・

多分『ラスキー第2戦』だろう。


子供達がアルペンスキーを始めて3シーズン。


技術的な指導ができないオレの役割はモチベーションの管理。
悔しい思いや嬉しい思いをさせながら、常に前向きに練習に取組めるよう、いろんなスキー場に行ったり、レースをエントリーしたり・・・・。


自分で言うのもナンだが、シーズン前半はホントにオレの思い通りだった。

おそらく、不足感と満足感を繰り返しながら少しずつRIRIは自信をつけていった。
2月の車山合宿やアトミック鹿島槍大会を終え、学童選手権を迎える直前くらいは多分RIRIも
『もしかしたら勝てるかも・・・・』
なんて思いもあっただろう。


オレも多分そう思っていたのかもしれない・・・・・・。
いや、そう思っていた。



そして臨んだ「ラスキー第2戦」

オレには二つの打算があった。

一つ目は、雪の状況から学童選手権があわすのから、たいらスキー場へ変更になる可能性が高かった事。
そしてもう一つは、南砺地域の強豪選手が参加するラスキーでチカラ試しをさせたかった。

オレの中で「勝てるかも」って思いがあった。
そして、一気に弾みをつけれればと・・・・・。


元々はエントリーしてなかったラスキーナイターレースを直前になって無理矢理ねじ込んだ。



そして惨敗。


見事に打ち砕かれた。


学童選手権まで1週間。

もはやオレの中では修正不能・・・・。




そんな中、ポキっと折れた何かを必死に立て直そうと焦るRIRI。
コーチ達も心配してくれて、臨時で練習に付き合っていただいた。
でも、
気持ちばかりが焦り、結局自信を取り戻すことなく学童選手権へ臨ませてしまった。




今思えば、多分ラスキーに出てなくても結果は同じだったと思う。



ただ、その時はラスキーをエントリーした事を後悔した。
そして学童までの1週間、オレ自身も焦っていたのだろう。
何の支えにもなってやれなかった事を後悔した。



初めて、レース後はばかることなく涙を見せたRIRI。


痛かった。




そして今。


4月になり、もうすっかり春ですね。



RIRIはしっかり前を向いて新たなスタートをきってるようです。
きっと
今シーズンの「辛い思い」は今後のレーサーRIRIの糧になってくれる事だろう。




では、

「涙空」を。






まだまだヒヨコ。
来シーズンも頑張るぜ。



スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。