スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
オフトレ総括①【技】 ~インライン~
本格的なシーズンを前に08オフトレについてちょっと振り返ってみたい。
まずは昨年に引き続き今年もオフトレのメインとして行ってきた「インライン」。

昨年は、とりあえずインラインに慣れることで精一杯でした。
確かに、「インラインに乗っているだけ」でも子供達のバランス能力は上がり、間接的にはスキーのためのトレーニングにはなったかもしれない。
が、
インラインを使った「スキーを意識した運動」と言う意味では、なかなかオレ自身が理解できず、課題を残した。


で、今シーズン。

先シーズンの終盤、BLADE1を取得し、ようやく少し「きっかけ」を掴むことができたので、まずはオレ自身がもう少し深く「インラインスキー」を理解することからスタートした。

幸い「team YONE」という非常に恵まれたメンバーと「常願寺公園」という恵まれた環境の中、オレ自身も、より深くスキーの為のインライントレーニングを理解することができたし、子供達にもフィードバックすることができたと思う。

中でもFirstInstractor取得の為の講習を通じ、改めて「スイズル」の重要さを強く感じ、後半はスイズル中心に、「外足の動き」「股関節・膝・足首の各関節の動作」「重心の移動」に重点をおいたトレーニングができた。

今月に入り既に何度か雪上トレーニングを行なってきているわけだが、今のところ確実にインラインの良いところが滑りにも出てきているように思う。

練習中は「スイズル」よりも「カッコよく滑ること」が好きな子供達はなかなかスイズル練習をしようとしなかったが、今はスイズル効果を実感してるみたいだし来シーズンは更に効果的なトレーニングができるはずだ。

また、今シーズンは終盤に少しだけ取り入れた「ツリス」だが、来シーズンはもう少し多くトレーニングしたいと思う。
特に最近の雪上トレを見てて感じたのだが「面で走らせる」事ができていない。
インラインとツリスを上手く利用することによって、より効果的なトレーニングができるのではないだろうか、と思います。



もちろんこれらのトレーニングはスキー技術の補助的なトレーニングであり、雪が降ってからスキーを履いてトレーニングをした方が手っ取り早いのかもしれない。
また、「インラインで悪い癖がついた」と言う意見もたまに聞く。
現に昨シーズンの当初、我々も内足に乗って
「アレレ????こんな筈じゃ???」
となった(笑)

しかし、インラインの特性を理解しスキーの為のトレーニングを行なうことで、思った以上の効果があると実感できたし、限られたスキーシーズンをより有効にトレーニングできるのではないかと思う。


STILL0013_20081125220041.jpg






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。