スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
フィナーレ ~団体戦~
北陸インラインスキーCUPの最終種目は

「団体戦」

インラインスキーCUP初の試みらしい。

最初この種目があると聞いた時には参加チームがあるのだろうか・・と、正直思った。


そもそもスキーって個人スポーツじゃないですか。
特にこの時期にインラインでオフトレやってる連中って「基礎スキー」だったり「アルペン競技」だったり個人が上手くなるためのトレーニングが主な目的。
団体で参加する競技ってなんか違和感があるんじゃないかって、
そう思ってた。


でも・・・・。

確かにスキーはスタートからゴールまでは誰の力も借りずたった一人で滑りきらなきゃならない。
しかし、その「スタートライン」にたどり着くまでには、決して一人の力だけではなく、多くの仲間がいて初めてそのスタートラインにつけるのだ。

オレたち親子なんてまさしくそう。

あわすのへ行っても常願寺へ行ってもいつも素晴らしい仲間がいる。
時には競い合い、時には励ましあい、それが何よりも楽しい。
だから、こうやって続けていられるのだ。

多分、ここに集まってるみんなもきっとそうなのだろう。


団体戦当日、参加チームは17チームにものぼった。


我がteam YONEからも
スペシャルメンバーの「team YONE S-LTD」を筆頭に
STILL0019_20081007213720.jpg

平均年齢50歳以上の「team YONE-GoldenStagea」(オレも参加)
STILL0018_20081007213219.jpg

いつも常願寺で練習してる「team常願寺」
STILL0024_20081007223150.jpg

「teamYonexile」
STILL0025_20081007223200.jpg

そして平均年齢9.3歳の子供達で参加した「teamYONE-Jr」の4チームが参加

他にも大学生のチームや
STILL0022_20081007223119.jpg STILL0023_20081007223140.jpg

シリーズ戦を通して知り合った即席チームなども参加し大いに盛り上がった。
STILL0021_20081007223713.jpg


なんか、すごく「原点」を感じました。

ジャッジに関しても、技術だけではなくおそらく年齢・工夫・楽しさ・感動・笑顔・そしてアピールなど、いろんな点が加味された採点で大会を一層盛り上げました。

「仲間と一緒に楽しみながら滑る」

そんな事を感じさせてくれた素晴らしい大会となりました。


そんな大会の最終演技チームとなったのがKANATA・RUKI・RIRIで構成された「teamYONE-Jr」
前日の夕方ちょこちょこっと合わせただけの即席チーム。



スタートラインには君達以外はもう誰もいない。


いつもならアドバイスしてくれる親も今日はゴールでキミ達のスベリを固唾をのんで待っている。

さあ、自分達だけの力で滑って来い。
力を合わせて滑って来い。




KANATAへ。
先頭滑走者としてスタート直前までフォーメーション確認してましたね。
先頭は一番緊張するのに思いっきり滑れましたね。
何より今年始めたばっかりなのに本当に上手になりました。

RIRIへ。
ターン弧やスピードが違うチビッコ達にしっかり合わせられましたね。
最初は恥ずかしがってたけど影でちゃんとみんなを引っ張ってくれました。

RUKIへ。
演技中、大きな声で掛け声をかけ続けてましたね。
最後のアドリブはRUKIらしさがとってもでてましたよ。


初めて見ました、オール99(笑)
参加者の皆様、子供たちの一生懸命の演技に免じて許してやってくださいませ。




以上、数日間に渡って今大会の模様を独断とかなりの偏見でお送りしました。





最後に・・・・。


現役選手でありながらわざわざ時間を作っていつも練習を見てくださっている米丘さん、今回も素晴らしい企画をありがとうございました。
技術だけではなく、スキーの楽しさの原点を今回改めて教えていただいたような気がします。

忙しい中、大会ジャッジ・前走・MCと大会を盛り上げていただいた谷川デモ、沖山デモ、本当にありがとうございました。

今大会の準備から大会の運営までの実務全般を文句ひとつ言わずにこなしていただいたSAKAMOTOさん、KINちゃん、貴方達の苦労はみんなが知ってます、本当にありがとう。

それからオレの憧れのN沢先生、団戦のためにわざわざ来ていただいたA社長をはじめteam YONEのみなさん、そして遠方から今大会に参加された選手のみなさん、2日間に渡って素晴らしいDJで大会を盛り上げていただいた今井隆信さん、今大会の為に会場を貸してくださった大山観光開発さん、

そして・・・

残念ながら当日は仕事の関係でお会いできなかったNAOKINGこと村上さん。
特訓のおかげで子供達も練習の成果を発揮する事ができました。


本当にありがとうございました。







勝って嬉しかった人も、実力を出し切れずに悔しい思いをした人も、



明日へ向かって・・・・・



ready~~   ギョオ!!  








スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
おはようございます、お久しぶりです♪
そろそろお魚さんのほうも
ready~~   ギョオ!!
お願いしますm(__)m

週末、Syuさんがこちらに遊びに来てくれまーす!!
2008/10/10(金) 08:58:06 | URL | シン #-[ 編集]
シンさんおひさです。
ここんところ検定やら大会やらでなんだか疲れが溜まってるような。

気分転換にチラッと入水してこようかな、と。

皆さんにもよろしくお伝えくださいね。

2008/10/10(金) 21:49:23 | URL | HIRO@富山 #-[ 編集]
感謝しています。
先日は北陸インラインスキーCUP参加、お疲れ様でした。私達親子にとって最高の結果で終われたのは全てRIRI・RUKIパパ、ママのおかげです。とても感謝しています。

これから冬へと季節は変わりますが、引き続きご指導頂き、末長いお付き合いを宜しくお願い致します。
2008/10/11(土) 21:50:06 | URL | KANATAパパ #-[ 編集]
KANATAパパ
こちらこそ、いつもありがとうございます。
そう言えばこないだの新聞にしっかり載ってましたね!ウラヤマシイです(笑)

ご指導なんてとんでもありません!
ブログをご覧いただいてわかるとおり、全くのド素人親子が温かい皆さんに囲まれながら日々楽しくやっているだけです。

今年の冬も是非一緒に子供達の成長を一緒に見守りながら楽しくやりましょう!

※奥方様も子供達もワタクシがブログをやってるのは知ってますが内容までは知らないのでそこんとこをよろしくお願いします(笑)
2008/10/11(土) 22:08:52 | URL | HIRO@富山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。