スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
最後の悪あがき 野沢温泉
前回のつづきです。

朝7時半にスキー場駐車場についてたのですが、すでにほぼ満員。
しかもワンピ率はおそらく8割くらい。

リフト券を買いに歩いてると偶然チャオのコーチと会い、急遽参加させていただけることに。(ラッキー)

練習ゲレンデはパラダイスゲレンデ(緩斜面)
20080504_111621_convert_20080506063730.jpg

このゲレンデだけでも5チームがキャンプをはっており、ゲレンデ一面ポール。
圧巻でした。
他にもゴンドラで上がる途中いたるところで各チームがGSやSLの練習をしてました。
ワンピ率が高かったのも納得。

子供達が今回お世話になったのが
「岩谷スポーツネットワーク」の佐藤コーチと山本コーチ。
sato-ruki.jpg
↑イタリアスキー国家検定技師資格をもつ佐藤コーチ
chiaki-riri.jpg
↑岐阜県の女子強化コーチでもある山本コーチ

結局宿も手配いただき2日間お世話になりました。

初日午前中はショートポールを利用したトレーニング。
クロスターンやその応用でポジションや体の動きについて練習。
riri001.jpg


今回非常に勉強になったのが「真っ直ぐ滑りながら」「ターン時の体の(縦の)動き」の感覚をつかむ練習。
練習してた時は多分子供達は意味を理解してなかったようだが、夜のビデオミーティングでRIRIは少し意味を理解できたようだ。

いつも言ってる事だが特にウチの子供達は切替時に充分に腰が前に出ない為にターン前半が作れず、ターン中盤で十分に外足に荷重できない。結果上体がローテーションしたり、それを無理に矯正しようとして、ターン前半に腰が前に出ないまま外向したり・・・。
悩んだ1年間だったが、今回の練習でよいヒントをいただけた。

この練習ならは夏のインラインでもスイズルでこの意識を取り入れて練習できるのではないだろうか。


また、今回のキャンプでは神奈川・愛知・奈良・広島からもジュニア選手達が参加。富山の先輩選手も参加しており子供達は楽しく過ごさせていただいた。

初日夜には懇親会も開催され、コーチや社会人選手・父兄の方とも懇談でき楽しい夜を過ごさせていただきました。
ウチのクラブを良く知る方もいらっしゃってビックリ。クラブでお世話になってるMコーチやOコーチや彼女の事まで・・・。多分オレより事情通です。
世の中って狭いです。

2日目は曇り空での練習開始。
この日も切替時に腰を前に出し重心をフォールラインへ運ぶ練習。
ruki004.jpg

滑り自体は相変わらずトホホでしたが、少しは意識して練習に取組んでたようでした。



今回は事前に何の予定も立てなかったゴールデンウィークですが、結果的に大変有意義な休日となりました。
参加を快く引き受けてくださったISNの佐藤・山本コーチ、また今回キャンプに参加された皆さん、本当にありがとうございました。


気分もスッキリし、これで本当にオフシーズンを迎えられそうです。(笑)


20080504_093519_convert_20080506063629.jpg


スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。