スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
練習で泣け
先週末、
金曜日はらいちょうでナイター練習
土曜日は
午前中らいちょう上部、午後はあわすの
日曜日はあわすの

と、3連チャン。

本当にコーチには子供達の得意・不得意を見て毎回いろんな練習メニューを考えていただき頭が下がります。

早いものでもう2月。
月末にはメインの大会である 富山県学童スキー選手権が昨年同様平スキー場で開催される。

子供達にはコーチやサポートスタッフへの日頃の「感謝の気持ち」を是非「結果」で表現してほしいものです。

そう言えば昨年初めて参加した学童選手権では、初めての大きな大会、ということで緊張してる間に終わってしまった。

あれから1年、それぞれの思いを胸にRIRIもRUKIも練習してきたハズ。
確かに昨年と比べれば二人とも上手くなりました。

でも、

それは他のチームの選手達も同様、いや、もしかするともっと努力してるかもしれない。

そして、その練習の成果がタイムという、ある意味残酷で公平な結果(順位)となって現れる。


小学生のジュニアレーサーにとって必ずしもタイムや順位だけが全てではない。


が、しかし、

練習でできないことが本番でいきなりできるわけもないし、大会でのミスは決して「偶然」ではなく、やはり日頃の練習に取組む姿勢に起因する事が多いのも事実。

そういう意味では「レース結果」はやはり「練習の成果」なのだと思う。

そして、その「結果」は時として1/100秒という、本当にちょっとの差で「明暗」を分けたりする。

だから、

普段の練習でも1本1本集中して滑ってほしい。
ポールセット後のインスペクションや「最初の1本」を真剣に滑ってほしい。
昼休みや練習後の時間を有効に使ってほしい。

親にあれこれ言われるのがウザイなら、


「自分で考えて」「自分に厳しく」「自主的な行動」を。


それが「アスリート」です。


多分、子供達はこのブログは見てないと思うけど、そういう姿勢で練習に取組んでくれることを期待したい。



大会が終わって「悔し泣き」をするくらいなら、練習で泣け! 







スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
そうそう!!
おっしゃる通りです。。。
数字として、きっちりハッキリ!見せ付けられる「結果」・・・
ある意味、潔し!と思ってます。
口惜しがるなんて、羨ましいです。
我が家の長男には「緊張」とか「口惜しい」なんて、微塵もなく生きてます(涙)

我が家は まだまだ自分の滑りを
模索中・・・タイムはそれからと。
練習に集中!集中!ですよね♪
2008/02/05(火) 22:17:45 | URL | テリあん♪ #-[ 編集]
テリあん♪さん、こんばんわです。
きっと多分、長男君も口には出さないかもしれないですがしっかり「感じてる」はずですよ。
ウチの長女さんも親の前では全然気にしてないような顔してますが内心は・・・。

その点、ウチの中ではいつも「2番」の次女さんはわかりやすいです(笑)
2008/02/05(火) 23:35:45 | URL | HIRO@富山 #-[ 編集]
いい事かきますな!
俺も練習で泣きます!
2008/02/12(火) 19:18:49 | URL | クリエモン #/C2V/PvY[ 編集]
クリエモンさん、お久しぶりです。
試合が終わって泣いていいのは
「うれし泣き」
だけです!(笑)
2008/02/13(水) 22:57:54 | URL | HIRO@富山 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。