スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
タフネゴシエーター
腰の調子が思わしくないのでとりあえず家で休養。
何気なくテレビをつけると「日本シリーズ」を放映していた。
そう言えば今年のプロ野球は「メジャーのイチロー」や「スト」更には
「ライブドアVS楽天」等の話題に隠れ、イマイチ「パッ」としませんでしたね。

で、その日本シリーズ、何やら「中断」してるじゃないですか。
久し振りに食い入る様に見ちゃいました、日本のプロ野球。
いや~見応えありました。

試合がどうとかジャッジがどうとかじゃなく、
伊東(西武監督)VSセパ審判団の「ネゴシエーション」

腹を決めた伊東監督に対し、ミスジャッジの「負い目」がある審判団。
結果、「腹を決めた」伊藤監督の勝ちだった。
「負い目」があるから負けたのではなく「腹を決めた」から伊東監督が
勝ったのである。

何故なら審判は「絶対」なのだから。
たとえ不利な状況でも「絶対」のはずだった。

だが、審判団は「譲歩」した。
2塁審判のミスジャッジを認めた。

いったん譲歩をしてしまえばあとは「下がるのみ」
タフネゴシエーターは更なる「譲歩」を引き出し審判団を蹴散らした。

仕事柄いつも「ネゴシエーション」をしているが
久し振りに「タフネゴシエーター」にお目にかかった。

※釣りの話題じゃなくってスマソ








スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。