スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
「迷宮からの脱出」 ~ケーススタディ?~



【橋脚】
橋脚はショアから狙える代表的な「マンメイドストラクチャ」のひとつ・・・。
でも、実はこれがなかなかムズカシかったりする。
下の写真は橋の下流側を橋に沿ってトレースした「魚探画像」なんですが・・・・




実際かなり複雑な地形になってます。
また、橋脚のすぐ下流側は流れも複雑。
これだけ見ると確かに1級ポイントなんですけど・・・・・・。

通常ショアからのアプローチは川岸からになりますが、それだと流れに対して垂直になってしまうんですよね。中小規模の河川ならそれなりに角度つけてキャストできるんですが大規模河川になると・・・・。

むしろ橋脚そのものより下流側の地形の変化や岸際のカケアガリ、またそれらによってできる流れの変化やヨレを意識するのもよいかもしれませんね。


スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
おはようです。
こんな近くまで来てきてたんですか!
いつも、『今日も釣れんだか・・・』と眺める風景です・・・(汗)
二年前の台風で、ショアから見える所でも随分変わりましたけど
あそこの底って、こんなに複雑だったんですね。
自分は、隣の川との間にあるテトラ帯がとても気になってますけど
どうですか?
2006/06/04(日) 01:03:08 | URL | toshikazu #79D/WHSg[ 編集]
スピードが2km/h程度だから伸ばして見てね(笑)
山の部分がほぼ橋脚の延長線です。
今月は多分毎週末出撃する予定なので時間が出来たらまた連絡してくださいね。
2006/06/04(日) 11:28:37 | URL | HIRO@富山 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。