スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
学童選手権への想い

今週土日の2日間、たいらスキー場で「富山県学童スキー選手権」が行われています。
富山県の小学生アルペンレーサー達のビッグイベントです。


我が家では長女RIRIが小4からの3回、
次女のRUKIは小1からの6回、
この大会に参加させていただきました。


今となっては本当に楽しかった思い出ですが、当時は本当に真剣に子供達とこの大会のために一生懸命やってきた事を過去のブログを読み返しながら懐かしく思います。



今思えば『あの時』があったから今も子供達はアルペン競技を続けさせていただいているような気がします。
『あの時』があったからオレも相変わらず、スキー場へ通わせていただいているのでしょう。

本当に感謝の言葉しかありません。




我が家の最後の学童選手権のRUKIの6年生の大会からちょうど2年になりました。
彼女は現在、あの時戦ったメンバーと同部屋で雫石のSGトレーニングキャンプに行っています。
今も一緒に切磋琢磨しながら頑張っているようです。

RIRIもRIRIなりに同級生のトップ選手達の遥か彼方の背中を見つめながら高校生レーサーとして今シーズンも彼女なりの挑戦をしているようです。



考えてみると、とても感慨深いものがあります。
今ある全ては小学生時代の悔しく楽しく最高の学童選手権の思い出があったからではないかな、と思っております。


そして、今年も「富山県学童スキー選手権」が行われています。
我が家の子供達と同じように、たくさんのジュニアレーサー達の熱き戦いが繰り広げられるのでしょう。



勝っても負けても、それは通過点のひとつ。

でも、
選手、そしてご父兄のみなさん、

この瞬間を目いっぱいがんばりましょう。
そして楽しみましょう。






全ての選手に心から応援したいと思います!





スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。