スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
メリクリ&HBD
皆さん、
メリークリスマス!


クリスマスの夜、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年の我が家のクリスマスは
既にご存知の通り、

『家族バラバラ事件』

でございます。


長女RIRIは菅平。
次女RUKIは湯の丸。
そして、オレは金沢。
奥方様は一人、富山の家を守ってくれてます。





今朝、仕事へ行くために車のエンジンをかけるとカーナビの中のお姉さんが

『メリークリスマス!今日は12月25日です。』

と、優しいアナウンス。

逆に寂しさ倍増しましたね(笑)





そして本日、12月25日はRIRIの誕生日。
17歳になりました。

彼女がアルペン競技を始めて8年目になりました。
多分、彼女の今までの人生の中で最も継続している事であり、今なお現在進行形です。

それは、彼女にとって大きな大きな『宝物』ですね。
また、下手なりにも彼女がここまで続けてこれたのは本当に多くの方々の支えがあったことを親として本当に感謝しています。



スキー競技を続けること、簡単なようで難しい。
トップ選手はトップ選手なりに、
RIRIのような下位選手には下位選手なりに。

子供の成長の過程においていろんな選択肢があり、親は親なりに、そして子は子なりに悩みます。
我が家の場合も「中学に上がる時」「高校に上がる時」小さいながらもハードルがあり、悩んだこともありました。
また、なかなか成績が上がらず、親も子も投げやり気味になったこともありました。




でも、

この7年余りを振り返ってみると、

『スキー競技を続けること、難しいようで実は簡単』

とも感じています。


いくつかのハードルを越える時、

『スキーが好きかどうか』

極めて単純、シンプルな判断でここまでやってきているような気がしています。



別れ道に立った彼女にこんな質問をすると、彼女は決まって

『スキーは好き』

と答えてくれる。
だが、そのあとに、

『だけど・・・』


と、言葉が続く。


だけどのあとに続く言葉を丁寧に聞いてやり、
誘導や押し付けではなくなるべく客観的にメリットやデメリット、将来のリスクについて説明したこともある。

結局彼女は今まで
『スキーは好き』
を選び、今日現在「雄山高校スキー部アルペンチーム」として菅平で合宿に入っている。


好きなら「何とかなるもんだな」とつくづく思っております。




我が家の二人のレーサーに対し、親としてなかなか満足な環境を作ってやれてません。
次女のRUKIは中学生になってからはずっと姉ちゃんのお下がりの板を文句も言わず履いてくれてます。



RIRIに至ってはレーサーでありながらいまだに一度も新品ワンピを買ってやったことがありません。
いろんな選手の親御さんから
「お下がりで良かったら」
と、いただいてきました。
本当に幸せな選手です。

今年もYU-SUKE父さんからワンピやウエアのお下がりをいただきました。
早速奥方様が昨日菅平へ送ったようです。
本人、思わぬクリスマスプレゼントに大喜びだったそうです。






そんな、クリスマスの夜。
いつもと変わらず金沢のアパートでちびちびやってます。

子供達にLINEしても全く返信がありません。

きっと、楽しくやっているのでしょう。







最後にちょっとオマケ。
RIRIの小学校の卒業文集です。


何回読んでも「お父さんは高熱で・・・」のあたりから涙で目がかすみ、最後まで読めません(笑)
いつまでもこの気持ちを忘れずにこれからも頑張ってほしいと思います。

sotsubun.jpg







スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/13(月) 21:26:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。