スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
富山県学童選手権を終えて
2月もあっという間に終わりですね。

いろんな方のブログやFB投稿を見てて、同級生達みんな頑張ってるな~っと思います。
我が家の子供達は全く予定が無い中、RIRIは全中役員をさせていただいたりRUKIは学童役員をさせていただいたり・・・・・・・。

正直、
「こんなんでいいのかな、どこかへトレーニングへ行かせた方が良かったかな」
なんて思っておりました。

一方オレはというと、先週は利賀でDF
翌朝の朝食では選手やコーチを待たせる始末





そんなこんなで、何となく煮え切らないまま、この週末は学童選手権のお手伝いをさせていただきました。





ちょうど1年前。
我が家にとって最後の「学童選手権」に6年生のRUKIが出場した。
オレはクラブのサポーターとして、リフト降り場近くに雪洞を堀り、同じく6年生のパパ達と一心不乱にスタートワックス作業に集中していた。
ええ、
スタートでもゴールでもなく。


見れなかったし、
余計な事を考えたくなかった。
そんな感じでした。


その場所からは、わずか数秒ですが林の切れ間にコースが見える。

かすかに聞こえるアナウンス。

思わず立ち上がって林の切れ間に目をやった。
わずか1,2秒。
RUKIの必死な滑りを見ることができた。





6年前の1年生の時には4旗門目で板が外れ、旗門員の方に板をとってもらい、履きなおして再スタート。
秋一郎や紬や和がラッパを吹いて応援してくれた。
外手のストックを振り回して必死にターンし、最後はクローチングでゴールした。

もちろんDQだった(笑)




この週末、
学童選手権のお手伝いをさせていただきながら、そんな事を思い出した。



勝ったり負けたり。
泣いたり笑ったり。

親も
怒ったり、褒めたり。
自慢顔になったり、隠れたくなったり(笑)




ひとつ言えることは

「子供達は確実に上手くなっていく」

てこと。




あらためて今回の学童選手権に親OBとして関わらさせていただき、そう思いました。


ま、

ドキドキさせてもらいながら、頑張っていただきましょう。
そして頑張りましょう。


5448d7d65860d90c89e36447197b3196.jpg
↑前走B RUKI選手



スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
学童選手権、本当に、本当に、いろいろな思い出があります

あえて一番の思い出はと言われると…、
2年生の時にRUKIちゃんが1位になった時のたいらかな~(KANAの思い出はわずかです)

もう一度リセットされて子供たちが小学生に戻って、あのいろんな興奮を味わいたい、そう思うのは私だけでないと思うのですが…
2013/02/26(火) 22:02:11 | URL | KANAパパ #-[ 編集]
ライバルKANAパパさん>
ありがとうございます。
あの時撮っていただいたビデオをネタに記事を書かせていただきます(笑)
2013/02/26(火) 22:18:38 | URL | RIRIRUKIパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。