スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
とりとめの無いハナシ
DCIM0046.jpg


久しぶりに見た夕陽。

ここのところ、まともに子供達の顔を見ていない。
富山へはちょくちょく帰っているのですが。

もちろん、仕事で(笑)





今年度。

いよいよ我が富山県で「全中」が開催されます。


思えば2年前。
地元全中を見越し強化指定とは別に「全中対策チーム」が編成された。
一昨年、昨年と順調に成果を上げ、いよいよ今年が本番となる。


ここまで頑張ってきた選手の皆さんには結果を恐れることなく、今までの成果を思う存分発揮してほしいと心から願っています。


一方我が家ですが・・・・。

RUKIが1年生として全中県予選に臨む事になる。
地元開催なので最大枠が用意されているものの、客観的に見て現時点で現時点で予選を通過するのはかなり厳しいと言わざるを得ない。


RIRIの方は・・・
相変わらず中学生気分が抜けず、先生方にご迷惑をおかけしているらしい。
スキーどころか、果たして進級できるのだろうか。



そんな感じだ。




オレのカリキュラムではそろそろ「全身持久力」から「筋持久力」へのワークバランスを変えていく時期にきているのですが・・・・。


来週あたり、一度個別面談が必要かもしれない、とただいま検討しております。




ご存知の通り、我が家の二人の娘は現在高1と中1。
本来であれば、
「これからの3年間」
と、言いたいところではあるが、今までの経験といろんな方々のアドバイスをお聞きしていると、

RIRIについては
「これからの20ヶ月」

RUKIについては
「これからの30ヶ月」


をテーマに「あるべき姿」をコミットし、3ヶ月を1クールとしてKPIを設定していこうと思っています。



スキーのこと、勉強のこと、その他のこと・・・・。


やりたい事
なりたい姿


思春期のムスメたちにとって、これを決めるのが以外と難しい。


出てくる言葉は

「別に」
とか
「なーん(富山弁)」

決して冷めてるワケではないんだけど、自分の気持ちを上手く表現できない年代なんだよね。




親だから、その辺も重々承知して、広く、そして深いフトコロで包み込んでやらなければならないと思っているのですが・・・・・。







RIRIが小学校に入り、はじめてスキー場へ連れて行った9年前の時の事。

オレは
「怒らない」
「慌てさせない」
「自分でさせる」
この3点を自分で決めた。


そして、RIRIが6年生になった4年前には

「比べない」

を新たに付け加えた。



オレは親でありコーチではない。

決して目先の結果だけを追い求めてはいけないのだ。



が、
キレイごとを並べてみても、当時のブログを読み返してみると、一番目先の結果にこだわってたのは親であるオレ自身だったのかもしれない(笑)




振り返って考えてみると、、今こうやって子供達の事を考え、至近距離で子供達と接していることができるのは、「スキーのおかげ」以外のなにものでもない。
一方、同時に、至近距離で接しているがために「狭い世界のつまらない事」に一喜一憂しているのも現実だ。





今年、

新たなポリシーを追加しようと思う。



「信用はしないが、信頼して任せる」









果たしてできるるか、オレ(爆










スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。