スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ジャパンカップへ向けて
明日はRIRIの県立高校入試です。
さっき電話したら
『今、テキスト見ながら勉強しとる』
と、言っておりました


とりあえず、最後まで諦めずに完走してほしいと思います。
くれぐれも明日、ビブスを忘れないようにしてほしいです。

1本目のインスペやスタート時間、ちゃんとわかってるのかな。

心配はつきませんが、あとは祈るのみです。






さて、







今週末、RUKIとナスターレース協会が主催する『ジャパンカップ』へ出場エントリーしています。





ちょうど1年前。
RIRIがC2(K2)最後の年で、ろくに公式大会にも出れなかったのでエントリーした。
大会前日の金曜日が『3.11』

オレはその日、福井の職場で勤務しており、テレビのニュースなどで多少は知ってはいたが、「単なる地震」程度の認識しかなかった。
仕事が遅くなり、ろくにニュースも見ないまま、深夜に富山へ戻り子供達をピックアップして一路苗場へ向かった。


高速道路をひた走り、名立谷浜SAで休息をとろうとしたところ、携帯が鳴り響いた。

緊急地震速報。

あとからわかったのですが、既に中止が決まっていたそうですが、その時は全くわからず・・・。






あれから1年。





復旧とか復興とか、言っているが現実にはなかなか思うようにすすんでいないと言う話も聞く。
そんな中、復旧、復興に向け一生懸命頑張っている人達がいるという話も聞く。


オレ達の心の中で、過去の事として少しずつ『風化』していっているのではないだろうか。
そう思うのはオレだけだろうか。



オレができること。
オレの家族ができること。
仕事を通じてできること。

イベントではなく、普段の生活の中で継続してできること。



今一度考えてみたい。


考えても大したことはできない。
でも、
何もしないよりは少しはマシなのかもしれない。

そして、いろんな施策よりも、実はひとりひとりの『小さな力』がこれからもっと重要になってくるのかも知れない。



3.11



考えてみよう。










スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。