スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
たいらチルドレン その2
たいらチルドレンの前夜。

オレは定時で仕事をばっくれて富山へ向かった。
自宅に着くと、ちょうどRUKIは夕食を終え、翌日の大会の準備をしていた。


既にかなり緊張しているようでした(笑)
つーか、まるでこれから負けイクサに出陣するような悲壮感が漂ってました。




RUKIがトイレに行った隙にRIRIに

『お前も一応選手だから大会前夜のナーバスな気持ちわかるやろ。ここはひとつ姉として気の利いたアドバイスのひとつでもしてやれ。』
『わかった。まかせて。』




トイレから戻ったRUKIにRIRIが一言。

『今さらうだうだ考えてもしょうがないから明日は思いっきり滑って思いっきり負けて来い。ついでに5年生にも抜かれて来い。アタシなんか二つ下の1年生にも抜かれとるし。でもそれで人間強くなるから。ハハハハハ。』


RUKI、更にブルー


RIRIの言うこともごもっともだが、このタイミングでそのアドバイスは最悪だ。






ええ、

しかしながらオヤジ、こうなることは想定済み。
そこで水曜日の学童合宿を迎えに行った時に数本撮ったビデオを見せた。

実はちょこっと細工してある。


やつは何度も何度も食い入るように自分の滑りや仲間の滑りを見ていた。


『急斜面の入りは最悪だ。』

そこはさすがのオレも修正不能(笑)

『でも1本目の最後の4旗門はすごい加速しとるし。』

お、ひっかかったな(笑)



『ストップウォッチで計ってみた?』
『計ったよ』
『同じくらいに見えるけど、どっちが速かった?』




実はノンリニアで編集した時に1/100秒単位で計測したのですが、あえて事実は伝える必要も無いと思い、


『みんなそれぞれ細かいミスしてるから何とも言えんけど、大体同じくらいだわ。本番も絶対小さなミスは出ると思うけど、最後まであきらめんことだな。』

『ミスしたらどうしよう。』

『ユアサだってアキラだってリゲティだって必ずミスしとるだろ。自然の中のスポーツだからミスは当たり前。ミスしても直ぐに対応できるように動ける状態でスタートに立てばいいだけ



そんなハナシをしながら、二人で作戦を考えた。


最終的に、
1本目は今シーズン使ってきたフォルクルの163cm。
1本目で失敗してタイム差がついたら一か八かで女子板で玉砕作戦(笑)。








そして迎えた週末土曜の『たいらチルドレン』




当日は旗門員のためほとんど話ができなかったが1本目のインスペを終えたRUKIがオレのところへやってきた。

『パパ、やっぱり作戦変更する。上のスルーの次だけ気をつければ長い板でもイケル気がする。そこだけ気をつければ中間の緩斜面は絶対長い板の方が速いし。それにゴール前もそんなにふってなかったし。』


驚きました。
相当真剣にインスペクションをしてきたようです。

二刀流作戦が思わぬ効果を発揮しました。

2本の板の内、より速くゴールにたどり着ける板はどっちか。
インターバルやオフセットを相当真剣にイメージしながら見てきたようです。



RUKIに長い板を選んだ理由をきいたところ、

『中盤の緩斜面は絶対に長い板の方がスピード出るけど、その前のスルーで失敗するとまたこないだみたいになるから長い板でいけるかどうかちゃんと見てきたし、ゴール前でつまってあふれるかどうかも確認してきた。

それに・・・・・。』



『それに?』

『RUKI、MAMORUコーチのセット、大好きだし。』



またまた驚き発言。



『なんで?』

『MAMORUコーチのセット、基本高速セットだし。特に今日みたいに雪軟らかい時。』



いろいろ見てるんですね。





そして1本目。

昨晩の作戦はどこへやら、いきなり女子板デビューでなんとか完走。


続いて2本目。
オレはコースを見ていないのですが、1本目でかなり荒れていたので、より荒れないセットになるだろうと予想していた。

当然、本人も長い板を選択するだろうと思っていた。


だが、オレの予想を裏切り、彼女が選んだのはフォルクル163cm。


理由は
『なんか、旗門数が増えとるし。後半の急斜面でスピードついたら、最後あふれそうな気がする。』

だそうだ。


ちょっと守りにはいったかな、とも思ったが翌日の学童のことを考えると両方の板を履かせて見るのもいいかな、と思い、了承。


結果、2本目は一人にまくられ一人まくりで順位変わらず5位という結果に終わった。



ま、
元気に滑ってくれて良かったです。




そして翌日の学童大会へと続くのでした。











スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。