スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
たいらチルドレン
週末土曜日に行われた『たいらチルドレン』
この大会は富山県のジュニオリ選考レースとなっており、また小学生とっては翌日に同スキー場で行われる『富山県学童スキー選手権』の前哨戦の位置づけにもなっていて大勢の選手が参加しました。


実はRUKI選手、前回の大会出場は2月5日の『粟巣野チルドレン』以来の大会出場となる。
元々2月はトレーニング主体で考えていたので他の大会はエントリーしていなかったのですが、RUKI本人も地元粟巣野での惨敗が相当ショックだったらしく、この数週間はモチベーション下がりまくりで大会どころではありませんでした。


前回の試合では中盤で大きなミスをして緩斜面でスピードががっくり落ちてしまったのが原因なのですが、本人的にはかなりきつかったようです。
一方オレはそんなに落ち込んでいるとは露知らず、当日のRIRIの全中の結果が気になりそれどころではありませんでした。


で、ここ数日のブログにも書いてる通り、イロイロあったわけでございます。



コーチや父兄の方々にもフォローしていただき少しずつ元気にはなってきたのですが、正直なところ今回はタイム差がつくだろうな、と思っていました。

RIRIも
『あいつ、冬休みもクリスマスとか友達と遊んでばっかで全然練習してないし、多分ボロ負けだわ。アタシなんてクリスマスも自分の誕生日もギリギリの精神状態で練習しとったんに。』

と、冷たく言い放っておられました。



どうしたものか、と考えていたところ、ふと目についたのがRIRIが昨年まで使っていた176cm、R=23の女子板。

今シーズンのRUKIは急激な切り替え動作と強いエッジングによるミスが多い。
万が一にも学童で使うつもりは無いが、朝イチのフリーでゆっくりとした動作で谷へ落ちる感覚が掴めるかもしれない。また安定感が増すことでスピードにも慣れるかもしれない。
そんな思いから、


『朝イチのハードパック&ノートラック&フリー滑走限定で使ってみる?』
『うん。やってみたい』



学童1週間前の日曜日でした。
偶然にも今シーズン1番のグッドコンディション。




その日の夜。


『今度のたいらの学童合宿の時に長い板持っていきたいんだけど・・・・・。』


『どうしても持っていきたいんなら、RIRIのスラ板についてるジュニア用のビンディングに付け替えろ。』
『じゃ、ヨースケさんに頼んで』
『自分でお願いしたら。その代わりトクさんに怒られてもパパは知らんぞ。』
『わかった。自分で言ってみる。』



とりあえず、ヨースケさんに電話して、もし本人が板持って来たら付け替えてやってとお願いしておいた。
もちろん親の責任で。


月曜日の夜、RUKIから電話があった。

『ビンディング付け替えてもらえたから明日の合宿に持っていくね。』
『何も言われんかった?』
「そんな長い板どうするん?まさか学童で使うつもりじゃないよな」って言われた。 』
『で、なんて答えたん?』
『笑ってごまかした』



くれぐれも朝のフリー限定で使うよう指示して許可した。

が、もちろん本人は絶対にポール練習で使う気満々であることは想定済みだ。



学童選手権6日前の夜のことでした。






つづく(笑)





スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。