スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RUKIのオフトレ計画
昨シーズン、RUKIに関しては低・中学年での『コースに沿って滑らかに蛇行する滑り』から『滑らかに落下する滑り』を目指して取り組んできました。

確かに試合結果は散々でしたが、一定の成果は上がったのではないかと思っています。
少なくとも『テーマ』を決めて取り組んだことで、測定値を『評価』することができましたし、同時に具体的な『課題』も見えてきたことが一番の成果だったように思います。



『技術的な課題』と『運動能力的な課題』


今オフシーズンはそれらの課題に対し、大まかなスケジュールを立ててここまでやってきている。


【4月:第0クール】
テーマ:レスト
RUKIの最も大きな身体的な課題は『標準以下の身長と体重』
RIRIと同じものを食べてるはずなのに、いまだにRIRIが3年生の時に着ていた服が大きくて着れない(悲)
そもそも彼女の場合、運動量が多い。
しかも食が細い。


摂取量<運動量


なのだ。


加えて3月後半はかなり疲れが溜まっていたように思う。
風邪も引いたし・・・・。

そんなわけで、4月初旬のほおのきチルドレンを最後にスキーは終了。

・徹底的にレスト
・朝メシ食え
・しっかり寝る

この3点に絞った。
休むこともトレーニングなのだ。


え?単にオレが休みたかっただけだろって?
そこはツッコマナイ方向でお願いします



【5~7月:第1クール】
テーマ:全身持久力の向上

昨シーズンの体力的及び運動能力的な課題は

1.シーズンを通して動ける体力の欠如
2.滑らかに落下するために必要な筋力の不足

小学生の彼女にとって過度な筋トレは必要無いしむしろ故障の原因になったり選手寿命を縮めることにもなりかねない。
しかしながら、自分の体を支えられるだけの筋力は必要だし、それがないと『技術的な課題』にも取り組めない。

そこで第1クールは『全身持久力の向上』をテーマに取り組んだ。
極めて負荷を軽く、そして長い時間運動させることに心がけた。

全身持久力を向上させなければ、競技に必要な筋持久力トレーニングもできないからだ。




具体的なトレーニングは・・・・・

幸い学校のリレーの選手に選ばれたこともあり、放課後は学校で陸上トレーニングをしていたようだ。
本人曰く、昨年までの『やまスポ』と比べかなりタルイ練習だったらしい。
おかげでリレーの方は県大会に出場することはできなかったらしいが、全身持久力トレーニングにはもってこいだったように思われます。


え?
オレは何をしたかって?

そこもツッコマナイ方向でお願いします



さて、

そして現在は第2クールに突入している。


【8~10月:第2クール】
テーマ:筋持久力の向上と技術課題の認識


昨シーズン、テーマを決めて取り組んだわけですが、いくら技術的力を向上させようとしても土台となるカラダがついてこず、それ以上の技術向上は望めませんでした。
シーズンに入ってからはどうしようも無いんですよね。

そこで、今オフはもうちょっと体幹を鍛えてもらおうかと。

まずは、インラインで実感してもらいました。

内足股関節が緩まない。
意識しても上体ばかりがカブる。


そんな事を実感してもらいながら、いくつかのトレーニングを指示しています。


【筋持久力メニュー】

1.バランスボールによる体幹トレーニング。
  いくつかのメニューを与えました。
  鍛えたい部位を意識させ、時間を決めてとりあえずやっているハズです。
  器具を使って負荷をかけるより自分のカラダを支える大変さを実感しているようです。

2.5km走
  我が家から常願寺川「大日橋」までちょうど2.5キロ。往復すれば5キロ。
  RIRIと同級生でサッカー少年のRYUYAが毎朝走っているので、一緒に走らせてもらっている。
  中3男子と一緒に走るのでこれはかなりキツイ。
  しかも折り返しの橋は結構な登り坂。

3.500m走
  富山市連合運動会ではリレー選手ではなく500mタスキリレーに学校代表としてエントリー。
  本人の苦手種目で学校代表はかなりのプレッシャーとなっていることだろう。
  専門に頑張っている陸上選手達と一緒に走っても多分勝負にはならないだろう。
  でも、自分の限界に挑戦できればそれでいいと思ってます。
  本人には
  「会社休んで応援に行くからな」
  と、イヤな親父となっておりますが。
  


特に8月は敢えて強度を高めました。
11月にはどんな細胞に変化するかは本人次第だが、この3ヶ月間で成長したカラダでスキーをすることになるのは言うまでも無い。
ちょっと辛いかもしれないが頑張ってほしいと思う。




次に

【技術的課題】

第2クールでは筋持久力とあわせ、少しずつ技術課題についても取り組んでいきたいと思っています。
とりわけ8月は「課題の認識」がテーマ。
我が家にとっては海外遠征なんて夢のまた夢。


ええ、
インラインがあります。

実はインラインは課題を認識させるにはとっても効率の良いツールなのだと最近つくづく感じております。

確かにインラインとスキーは違います。

ただ坂道を滑ってもスキーの練習にはなりません。
特に経験の少ない子供にとっては。
でも、
ようやく5シーズン目になり効果的なスキーの技術トレーニングのツールとなりつつあります。

「インラインを上手に滑る子」から「スキーのトレーニングツールとしてインラインを使う子」になりつつあります。
最近の滑りを見ててそう感じます。


「スキーの課題」と「インラインの練習」をつなぎ合わせ理解するのは子供にとってはすごく難しいのですが、YONEOKA代表、SAKAMOTOデモ、そして前走GONTAさんのおかげで少しずつ理解しながらトレーニングできているように思いますし、本人の昨シーズンの技術課題を認識できてきているようにも感じられます。


加えて今シーズンからはPIS-LABも織り交ぜながら検証し、トレーニングできているので効果は2乗に比例して・・・・です(笑)
それでも海外スキーの足元にも及ばないかもしれませんが・・・・・。





そんなわけで、第2クールも順調に推移しております。

ハイ、
第2クールでもオレ、出番なしです





え?
オレの役割ですか?

とりあえず、子供達にとってはコーチではなく「プロデューサー」って事にしておいてください(笑)




あまり役に立たないかもしれませんが今後も随時報告させていただきます。





感謝報恩。






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
なるほど、良く考えていらっしゃいますね。うちはがむしゃらなだけですが・・・^^;;
でもうちもオフTRはインラインやPISLABを軸にしているのでぜひ参考にさせていただければと思います。

PS.お互い親父は悲しいですね。コーチ、プロデューサ、マネージャーと段々と役割を引き渡し、
最後に残るのはスポンサーのみ(笑)
2011/08/24(水) 11:30:12 | URL | RIOパパ #-[ 編集]
RIOパパ さん

おっしゃるとおりです。
でも、いつかは子供の運転でスキーに行きたいです(笑)
2011/08/24(水) 20:07:42 | URL | RIRIRUKIパパ #-[ 編集]
お久しぶりです^^
こんばんは!ご無沙汰しております^^
オフトレ頑張っていますね!
インライン・・・野沢の大会には行かれないですか?
また、お会いできるの日を楽しみにしております。
2011/08/24(水) 22:01:15 | URL | 拓海父 #-[ 編集]
拓海父さん、お久しぶりです。
と言ってもパパのブログや中川さんのブログはいつもチェックしてますが(笑)

今年はインラインの大会にはほとんどエントリーしてないのですが、たまにはレース感を味わうのもいいかもしれませんね。
長野のジュニア達にも元気もらえるし。

子供達に聞いてみます。

2011/08/25(木) 07:32:35 | URL | RIRIRUKIパパ #-[ 編集]
9月18日はRUKIの小学校の運動会でした(涙)
2011/08/25(木) 21:34:57 | URL | RIRIRUKIパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。