スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
笑顔
小中学生にとって競技の成績と滑走量は大きく関係してくることは言うまでも無い。
それは、オレ自身もここ数年の子供達とのスキーを通してよくわかっている。

これは別にスキーだけじゃなく他のスポーツでも同様で、とりわけ成長期の小中学生にとって「練習量」と「成績」は密接に関係している。
もちろん、それだけじゃなく「指導者」も大きな要因なのだが、他のスポーツの「強いチームの指導者」の方々にも共通してに言えるのは子供達に夢や目標、やる気を持たせ「自ら練習させる」のがうまい。

結果、練習の質や練習量も増え、強くなる。


さて、
スキーの場合。
肝心の練習量ですが・・・・

「滑走量イコールお金がかかる」

というのが貧乏人にとって悲しい現実なのである。



毎年の事ではあるが、いつもこの時期オレはすっごく悩むのです。

競技をさせてる以上、少しでも良い成績を上げさせてやりたいと思うのが親としての正直な本音だ。
だが、それ以上に大事なのは・・・・

子供達の笑顔

なのです。



我が家のRIRIとRUKI。
ご存知の通り、成績だけを見れば圧倒的にRUKIが上。
でもね、

我が家の「笑顔大賞」は・・・・・


STILL0016 (2)

STILL0030 (2)

STILL0057 (2)

IMGA0141+(2)_convert_20101128233816.jpg

家では絶対に見せてくれない最高の笑顔がそこにある。


言葉では決して言ってくれないが、たとえ満足な成績が出せなくても時折「最高の笑顔」を見せてくれるRIRI。

オレには憎まれ口ばかりのRIRIですが、やっぱり

スキーが好き
なのでしょう。




強化選手達は既に北海道での約1ヶ月の合宿に出発したらしいですね。
RUKIもいっちょまえに週末は一泊二日の強化合宿らしいです。


一方我が家のRIRIの今月のスケジュールは全くの白紙・・・・・



果たして今シーズンも「笑顔」が見れるのでしょうか。






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。