スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
週末土曜日『富山市民スキー大会』
いよいよインターハイが始まりましたね。
本日の男子GS、県関係では96番スタートの宮岸選手が23位、121番スタートの橋本選手が28位など、上位選手ともほとんどタイムも変わらず大健闘ですね。

寒波の影響でコースコンディションも変化すると思われますが、選手の皆さん明日も頑張ってください。
そして、役員や大会関係者の皆さんも大変だと思いますがよろしくお願いします。



さて、

我が家の週末のハナシです。
28日土曜日は久しぶりにRUKIと二人であわすのへ。
この日は『富山市民スキー大会』でした。

カメラもスタートWAXも忘れました。

なので写真はこの1枚。

P1000233_20120131221137.jpg

RUKI選手、優勝 

2位は1年生から同じクラブで練習しているライバルKANAちゃん。


オレの記憶が確かなら、多分RUKIの優勝は1年ぶり。
ええ、前回は多分ちょうど1年前のこの大会だったように思います。



オレはコース係をしてたので、ちょうどリフトの上からスタートしていくのをちらっと見ただけでしたが、滑りはどうだったのかな?










スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
祈健闘
週末2日間、地元あわすのスキー場にて2連戦。
初日土曜日は『富山市民スキー大会』
そして、日曜日はクラブ主催の『OHYAMAスポーツクラブジュニアスキー大会』が行われました。

そのハナシはおいおいと書いていくとして・・・・。





金曜日の夜、富山へ帰ってびっくり

メイン通りの交差点に見慣れない横断幕が。

P1000240.jpg

さすがに止まってじろじろ見るのは恥ずかしかったので車の窓からパチリ。
町内会長様、ありがとうございます。


さて、当の本人ですが日曜の朝、元気に出発して行ったようです。

宿泊先はかなり大きなホテルのようです。
普段、そんなところへ泊まった事が無いので到着早々

『着いた!!でかい!!リッチ!!』

と興奮メールが届いた(笑)


今回の全中参加には先生方がいろいろと激励金をかき集めていただき本当に感謝しています。
本人もリッチなホテルに浮かれてないで、


『選手としてやるべきこと』

をしっかりやってほしい。




※横断幕はアクトさんから立山通りを富山方面へ向かって最初の信号交差点にあります。
 くれぐれも石などを投げないでください(笑)


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RUKIもがんばってました。

日曜日の県体1部・県選にはRUKIも役員として『前走係』を務めさせていただきました。
選手でも2本滑るところ、4名の学童前走選手達は3本も滑らせていただいたようです。

ありがとうございました。
そして、前走してくれた学童選手達、お疲れ様でした。


正直、あのコースを3本滑るのは結構大変だったと思います。
大会終了後はしっかり撤収のお手伝いもしてましたね。

RUKIは
『SARAと二人で倉庫まで4往復もしたんだから!!』

言われなくてもちゃんとリフトから見てましたよ。
よく頑張ってたと思います。


最近あまりRUKIの写真をアップしてないので今回は前走のシーンを。
昨日アップしたRIRIのと見比べてみてください。



スナップショット 8 (2012-01-23 22-59)
スナップショット 9 (2012-01-23 22-59)
スナップショット 10 (2012-01-23 22-59)
スナップショット 11 (2012-01-23 22-59)
スナップショット 12 (2012-01-23 23-00)

もちろん、オレに向かってくることも無くフツーにサラーッと滑って行かれました。

実はこの赤旗門のあと、かなり落とされましたがRIRIと違って確実に下に落ちていたし落下スピードを利用して切り替えできていたのでタイム的には大きなロスは無かったようです。



今回の県体・県選、前走依頼をいただいたものの実は本人かなりネガティブでした。
何回滑ってもびびるそうです。
確かに怖いよね。



よくがんばりました。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
感謝
県体・県選の役員をさせていただいて今年で3年目になります。

毎年、いろんな事を学ばせていただいております。

少しずつ、いろんな方から声をかけていただいたり子供達のことを心配して下さったり。
また、こうやって役員させていただけるのも子供達のおかげですね。
子供達にも感謝だな。


子供達もいろんな方々から声をかけていただいているようです。
本当にありがたいことです。



今年の大会。
中学強化の選手達は九頭竜チルドレンへ参加していたのですが、多くのお父さん達が県体・県選役員として参加しておられました。
また、中1のお父さんやお母さん達も一生懸命役員をしておられました。



我が家のRIRIのようなダメダメ選手でもダメはダメなりの練習の成果を一流選手と同じ舞台で滑らせていただける事、そして3年間続けさせていただけたことに本当に感謝しています。


この3連戦、RIRIは相変わらずのだめっぷりを発揮しておりました。
いつになったらそこそこ、
ええ、
ホントにそこそこ滑ってくれるようになるんでしょうか。

そんな思いでおりますが、当の本人は全くやめる気が無いようです。

これからも多くの後輩選手に先を越されていくことでしょう。

このブログでは面白おかしく書いておりますが、多分本人も相当きつい思いをしていることもあるようです。

でも、
何だかんだ言いながら、それでもここまで続けてこれたこと、
そして何より本人は、

『これからも続けていきたい。てか、全くやめる気ないし。多分、今から上手くなるはずだから今やめたらもったいないし。てか、やっぱスキー楽しいし。』

と、言っております。

本当に多くの方々の支えのおかげだと心より感謝しております。


本人が『続ける』と、言っている以上、親としてできる範囲ではありますが応援してやりたいと思っております。



いつの日か、あの斜面を普通に滑ってくれることを夢見て(笑)


スナップショット 13 (2012-01-24 0-27)

スナップショット 14 (2012-01-24 0-28)

スナップショット 15 (2012-01-24 0-28)



本当にありがとうございます。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
週末3連戦 2日目
さて、週末2日目は県体1部と県選。

土曜日の夜、県体2部を終えての反省会。


『ホントは2本目の滑りを見てほしかったんに・・・。』



・・・・・・・・・・。



昨日の試合は『1本』ですから。
因みに次の県体1部・県選も『1本』ですから。


『え?そーなん?じゃ、RIRIの実力出せんじゃん。』


いやいやいやいやいや・・・・・。


『1本』でもちゃんとあなたの言う実力とやらを見せてください。
最悪、県選を2本目だと思って頑張ってください。




そして、当日。


この日も前日に引き続きオレは『旗門員』をさせていただきました。

P1000228_20120123210810.jpg

この日はNO.24がオレの担当でした。


いつもRIRIが大失敗する急斜面です。


観戦するには絶好のポジションなのですが、何せこの日の雪質はソフト。
立っているだけでも大変なのに、数人滑るとコースはボッコボコ。

スコップで修復しようとしたら更に穴が拡大・・・・。


少しでも選手達が日頃の練習の成果を発揮できるようにがんばってみたのですが、コンディションはあまり良く無かったですね。
すみません。




さて、
と、言いつつもせっかくの絶好のポジション。



いったいアノ場所でRIRIに何が起こっているのか。
本日は徹底解析したいと思います。


ええ、
オヤジ、ポケットにカメラを忍ばせ女子トップ選手、成年男子Bトップ選手、そしてRIRI選手をしっかりと収めさせていただきました。


スナップショット 1 (2012-01-23 19-50) 
今回の撮影場所、いや旗門の担当はちょうど林道からの2旗門目。いつもRIRIがやらかす場所です。
写真は撮影ポジションから上部。ちょうど男子選手のインスペクション中。



上位選手がしっかりと縦に入ってくる急斜面。
が、数人滑ると早くもコースは荒れだした。
滑走の合間に修復を試みながらRIRI選手のすべりを待った。

そして、8番スタートのRIRI選手。
林道前からすでにメロメロの滑り。

おそらく期待通りやらかしてくれることでしょう。



林道から急斜面。
かなり、ケツが落ちた状態で突っ込んできました。

スナップショット 2 (2012-01-23 20-04) 



谷周りからフォールラインに入った頃には既に外膝が『大爆笑状態』



スナップショット 3 (2012-01-23 20-04) 



で、

スナップショット 4 (2012-01-23 20-04) 

完全に『外足グッバイ』
ただいま急斜面を内足100%で滑っております。


そして・・・・

スナップショット 5 (2012-01-23 20-04) 

他の選手が板を下に向けて次のターンへ仕掛けるポイントで、唯一コイツだけがなぜか旗門員のオレに向かって突進してきました・・・・・・・・。




あわや、衝突?
しかもオレと?




スナップショット 6 (2012-01-23 20-04) 


もはやカメラにも収まりきらない衝突寸前のところで切り替え・・・・。



スナップショット 7 (2012-01-23 20-04)


思いっきりオレに雪をぶっかけて次のターンに入っていかれました。





レース終了後・・・・・・・・


『板をオレの方に向けたのお前だけだったぞ

『あ・・・それね。 急にパパに話したいこと思い出して・・・・




てへ、
じゃないだろ。



家に帰ってから、RIRIは何度も自分と他選手のすべりの違いをビデオでチェックしてました。

『なるほど・・・・。そういうことか。』

ビデオを見ながら一人納得してたようですが、いったい何がわかったのでしょうか。
とても不安です。


と、同時にオレは、
来年はRIRIが滑る時には左谷足がしっかりかかるようにスコップでバンクを作ってやろうと心に決めたのでした。



え?
それはだめ?






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
週末3連戦 初日
21日 県体2部
22日 県体1部
22日 県選

と、この週末2日間は立山山麓極楽坂スキー場にて3連戦でした。
オレも役員として参加させていただきました。


これでやっとひと段落です。
選手の皆さん、お疲れ様でした。
監督・コーチ、役員の皆様、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。


さて、


初日は県体2部。
RIRIは中学生女子の部へ出場。


無残な滑りでした。
ええ、

もう見慣れましたが(笑)


が、

結果は2位。


LAPから3秒近く離され、
中学強化選手は九頭竜チルドレン出場のため参加しておらず、
1年生のMIKU選手と同タイム。



それでも彼女は、


『賞状もらった


と、何気に『どや顔』



オレ、どうすればいいんでしょうか。

まさか、『オメデトウ』とでも言ってほしかったんでしょうか。




無視してると、今度はリビングのコタツの上にさりげなく目立つように賞状をおいてました。

P1000231.jpg


この日、RUKIと奥方様はあわすのへ行ってたんですが、夕方帰ってきて

RUKI&ママ『え~!2位!スゲー!!やったじゃん!!』


で、
またしても

『どや顔 



いいんでしょうか、こんなんで・・・。




ま、でも、一人くらい『癒し系』の選手がいてもいっか。


いや、


いいわけないか(悲)











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県中2日目 SL
お隣、長野県でも全中が始まりましたね。
初日SLは波乱もあったようです。

リザルトを見てて改めて思ったのですが、当たり前ですが2本目DFやDQの選手は1本目のタイムが出ない。
公式記録に残るのは2本完走した選手のみ。

そんな競技だということを改めて感じました。


さて、


まだまだ続く県中のハナシ(笑)




初日のGSを終え、迎えた2日目。

展開は前日のGSと同じでした。
1本目を終えて6位。
3位までは1秒以内。


昨日でとりあえず今回の目標を達成しているのでもっと気楽に滑れるのかな、と思ってたのですが、意外と本人は緊張で全く体が動かなかったようだ。



いつもはRIRIのことはほっといて他の選手の滑りを観戦しているのですが、ちょっと様子がおかしかったので一緒にセンターハウスへ戻った。



『ヤバイ、緊張して体が全然動かん。てか足がガクガクなんだけど・・・・。』
『多分、腹減ってるからじゃね?2本目まで時間あるからカレーでも食う?』

『そんなん食べたら絶対に最後の緩斜面でモドスわ。』


ちょっとだけ和んだ(笑)


結局、彼女は『たいやき』と『たこ焼き』を食べて2本目へと向かった。
アスリートととしてどうなのかと思うが、泣いても笑っても最後の1本。
好きなモン食って気持ち良く滑ってもらいましょう。


オレのタバコ臭いポンチョを羽織ってスタートへ向かった。

スナップショット 16 (2012-01-17 23-21)



2本目。


急斜の入り口でストックが外れるというアクシデントがあり、メロメロになった。
が、
おかげで無難に急斜をクリアし、最後の緩斜は止まりそうなスピードでやっとの思いでゴール。



それでも何とか2本まとめた。


RIRIのレースはここまで。


RIRIとのんびりとトップ選手のすべりを見ていた。
ただそれだけ。


勝負をかけた気迫あふれる滑りでした。


結果についてあれこれタラレバのハナシをしてもしょうがないし、するつもりもありません。


ひとつだけ言えるのは、

『みんな本当に良く頑張った』








翌日。

北日本新聞20120114


地元のローカル紙にRIRIの記事が掲載された。










富山県の『2軍の選手』RIRIが全中に出場します。
でも、
出場するからには、出れなかった選手、受験で参加できなかった選手の分まで全力で闘ってほしい。




今年のお前の滑りは『粘って完走する滑り』だ。
セカンドカットを恐れて焦って途棄るくらいなら、たとえ失敗しようがセカンドカットになろうが最後まで諦めず完走してこい。
それがお前にできる唯一の『感謝の表現』だ。


2軍の意地を見せてみろ。




ガンバレ!











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県中 GS2本目
RIRIのGS2本目。

『今と同じすべりでいい』

と、言いながら本当はオレ、かなり落ち込んでました。


この1年でかなり上手くなったはずなんだけど、昨年の1本目とあまり変わってないような。


また、昨年の悪夢が再現するような気がしてゴール付近へ向かう足取りがかなり重かった。



実は今回、奥方様は会場へ来なかった。
敢えて仕事を入れたようだ。

『アタシが行っても何もできんし、見に行ったらまた失敗するような気がして・・・・』


1本目の途中経過をメールしようかとも思ったんですが、しませんでした。
いや、できなかった。

「1本目7位。1年生にも抜かれた」

そんなメールしても心配させるだけだ、と思ったから。





そして2本目。


1番スタート。


いつものようにカメラを構えようと思ったが、やっぱりやめた。

ブログネタにはなるかも知れないが、転倒シーンは撮りたくない。


RIRIのスタートがアナウンスされた。

一生懸命滑り降りてきた。
相変わらずのローテーションだが、1本目よりもミスを最小限に抑えた。



そして、


見事にゴールしてくれた。



convert_20120117020713.png
ゴールしてから直ぐにカメラで撮りました(笑)


このスキー場のゴールエリアで初めて満足げな表情を見せてくれた。


前走者のタイムは1本目・2本目ともほぼ同タイム。
RIRIの1本目は52.56




そして、2本目のタイムは・・・・



なんと1.67秒縮めて50.89秒。

上出来すぎ(笑)


ぎりぎり食い込んだか、それともぎりぎり漏れたか。
もう、そんな事はどうでもいい。

彼女なりの今のすべりをしかっりしてくれた事が十分うれしかった。



『よくやった』



それだけだ。




そして、レースが終わった。



結果『4位』



3年生になって初めて全中への切符を手にさせていただきました。


終わってみれば2本目はLAPの選手からわずか0.5秒のタイムでした。





結果が確定して、すぐに奥方様に電話した。
でも、うまくしゃべれないような気がして、発信したあとすぐにRIRIに携帯を渡した。

涙声だったそうだ。




多くの方々から祝福の言葉をいただきました。


ずっとお世話になっていて、当日も選手達をサポートしてくれたマッチコーチは握手した手をなかなか離してくれなかったそうだ。





そして、

スナップショット 13 (2012-01-17 2-00)

ピースサインのRIRIの後ろでなぜかオレを狙っているカメラのパパ。

ありがとうございました。





あの時やめさせないでよかった。
いや、
本当にここまで続けてこれたのも多くの方々のおかげだという事を絶対に忘れてはならない。




本当にありがとうございました。





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県中初日 GS
県中前の3連休の最終日の練習終了時、ごり松コーチから中高生選手にアドバイスがあった。


・大会では練習の60%の滑りができたら上出来、それを2本揃えろ。
・今更焦ってもしょうがない、練習は軽めに。体調管理をしっかり。怪我はするな。
・大会は何があるかわからんから最後まで諦めるな。


多分、1年前もきっと同じ事を言われたような気がするが、オレの頭には全く入ってこなかった。
結果、大会直前までガンガン滑らせどんどん深みにはまって悩ませた。
挙句にエッジまでいじった。

そしてそれが昨年の結果だった。



今回は、かなりセーブした。
本人はまだまだ大会バーンを滑りたいようだったが敢えて大会前日は完全オフ。



夜は昨年の県中ビデオを二人で見た。
もちろん、RIRIの転倒シーンも含めて。


全中出場選手達の滑りを見ながら二人で思った。

『みんなガチガチなんだ』


改めて『練習の60%の滑り』を大会で出そう、それが『自分へのリベンジだ』そう誓い合った。



そして当日の朝を迎えた。





スナップショット 2 (2012-01-17 0-10)

インスペを終え、しばらくRIRIは大会バーンを見ていた。
圧倒的な『第8のカベ』を前に何を思っていたのだろうか。




そして大会は始まった。


スナップショット 10 (2012-01-17 0-23)

いつものようにカメラを構えて待った。
ゴールから見えるのは急斜面の入り口。

スタートがコールされてからが意外と長い。




スナップショット 1<br />1 (2012-01-17 0-24)

出てきた!
かなりオーバースピード


スナップショット 3 (2012-01-17 0-14)

案の定、急斜面の入り口でこうなって。



スナップショット 4 (2012-01-17 0-14)

ターン前半の外足トップが完全に宙に浮いて、多分本人はまっさかさまの気分だろう。



スナップショット 5 (2012-01-17 0-15)

で、
こうなる


が、
確かに落とされましたが昨年よりは1m高い(笑)




そして最後の緩斜面。

スナップショット 7 (2012-01-17 0-18)

おや?

スナップショット 8 (2012-01-17 0-19)

意外とスピード落ちてないし。


スナップショット 9 (2012-01-17 0-21)

そしてゴール


第1シードの7名を終えて5位。
目標とする4位のタイムとは1秒以内。



『う゛~~またやってしまった。』
『上出来上出来(笑)』
『あれだけ完全に落とされて1秒以内なんだから全然大丈夫』
『あのミスでどれくらいタイム落ちたと思う?』
『多分1.8秒くらいかな』かなり適当(笑)

『多分、次もあそこでミスすると思うけど、焦るな。ちょっとだけ上体を動かすのを我慢すれば1秒縮まるから。』
『でも次もミスったらどうしよう・・・』
『だから、今のお前の技術じゃ絶対にミスするから心配するな。ただ、ミスった時にあわてるな。』
『今と同じ滑りでいいから』



そんな会話を繰り返した。


この6年間の中で多分初めて

『次は頑張れ』
『気合入れろ』
『失敗するな』
『あと1秒縮めろ』
『もっとできる。100%出せ』


そんな言葉は一言も言わなかった。



何度も何度も

『今と同じ滑りでいい』


焦る彼女に何度も繰り返した。



だって、それが彼女の今のチカラだしそれしかできないんだから。

ごり松コーチの
『練習の60%の滑り』
自分にもそう言い聞かせながら。


結局1本目を終え、第2シードの1年生2名が5位6位に入り7位。


『1年生にも抜かれたし。マジ終わっとるし


『バカかお前は。4位とのタイム差が開いたわけじゃない。そこに何人入ってこようと関係ない。』
『さっきも言ったように「1本目と同じように」滑れば1秒は縮むから心配するな』
『おかげで2本目は1番スタートになったんだから、むしろ良かったと思え』



そう言って2本目へ送り出したのでした。


スナップショット 12 (2012-01-17 1-25)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
親バカ強化週間 (笑)
ようやく県中が終わり、ホッとしております。


長い長い1年でした。


いや、意外と短い1年だったかも。




1年前の県中。

GS2本、SL2本のうち、たった1本もまともに滑ることができなかったRIRI。
本人もオレも本当に落ち込みました。

正直、気持ちの切り替えまでに結構時間がかかりました。



本人も相当辛かったようです。

東海北陸大会の出場も逃し、目標を失ってしまいました。

このままスキーを辞めちゃうんじゃないかな。
そんな感じでした。



悔しい思いのまま、フェードアウトしてしまったらスキーを嫌いになってしまうんじゃないだろうか。
それが一番の心配でした。

心配でしたが、かけてやれる言葉も見つからないし、オレ自身そんな元気も余裕もありませんでした。



かといって週末やることもないし、惰性のように週末はいつもの『あわすの』へ通いました。
RIRIもだまっていつもくっついてきました。

きっと多分、RIRIもオレも『ここ』を求めてたんだろうな。


いつもと変わらない風景。
クラブハウスでの他愛のない談笑。
いつも元気いっぱいのチビッコ選手達。


まるで何事もなかったかのような、いつものクラブハウスがそこにあった。



少しずつ、でもじわじわと、そして確実に『心のリハビリ』をさせていただきました。




あれから1年。




本当に多くの方々のおかげで、RIRIは自らの意思で『自分へのリベンジ』を決断した。


正直、親として『スキーも受験もダメダメだったらどうしようか・・・・。』と考えたこともありましたが、いつも子供達に口グセのように言っている『誰にもわからん結果を恐れて足を止めるな』を思い出した。

彼女のこれからの長い人生の中のほんのヒトコマ。
結果はどうあれきっと彼女の人生にとってプラスになるはず。

そんな思いで、何もしてやることはできないけど、応援してやろうと思った。



そして・・・・。



ついに『3年生の県中』の時を迎えたのであった。


スナップショット 1 (2012-01-16 23-26)






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
遅い速報 その2
昨日はいろいろあり、今朝の新聞より遅い速報になりすみません。

2日目SLですが・・・・・。


2本目に大波乱があり、優勝してしまいました。


今朝の新聞に大きく写真が載ってるのを見て改めて夢で無いと実感しております。





何はともあれ、

練習の60%の滑りを2本揃えることができた事は素直に誉めてやりました。




これから全国予選に出場の皆さん。

全ては自分との戦いです。
1本目を終えて後悔したり、順位を気にしてもしょうがありません。

自分の滑りだけに集中しましょう。
そして、絶対に最後まであきらめずに滑りましょう。
選手がやるべきことはそれだけです。


大会で「練習通りの滑り」ができることを心から願っております。





たくさんの応援ありがとうございました。






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
遅い速報
本日、富山県中学校スキー選手権が行われました。
アルペン初日の本日はGS。

女子の全中出場枠は『4』

RIRIのスタートは5番。

1本目終了して順位は7位。

昨年と同じところで・・・・でした。



本人には
『諦めるな。お前の「自分のすべり」を見せろ!』
と、言いつつも2本目を見るのが正直辛かったです。


しかし、


見せてくれました。

2本目、何とか捲くって4位に食い込みました。



たくさんの祝福の言葉をいただきました。


お世話になったコーチの方々、影ながら応援していただいた皆様、
そして、
一緒に競技をしていただいた選手の皆さん。



本当にありがとうございます。



明日のSLも緊張感をもって試合に臨ませたいと思います。





取り急ぎ、初日の結果のご報告まで。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
5番
明日のスタート順が決まったようです。


P1000225_20120111214356.jpg


自分のチカラを出し切る環境は整いました。


あとは本人次第ですね。





2日間、休みをいただきました。
親バカですね(笑)


2日目の2本目のゴールまでしっかり見届けてやろうと思います。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
金沢の夜・・・・。
あっという間にいよいよ明日は県中の開会式になってしましました。

ま、成長過程の中の『ひとつの大会』に過ぎないのですが・・・・。

昨日・今日と金沢にいるわけですが、一人でいるとついつい感慨にふけってしまいます(笑)


オレ的にはね、
『一般高受験が条件』というマスト条件をつけた中で、本人が自らの意思で今大会に出場したいという意欲を見せてくれただけで十分に満足しているのです。

だからこそ、結果はどうあれ2日間、4本の中で、

『自分自身が納得できる1本』

を滑ってくれれば良いかな、と。

それで合格点をあげたいと思っております。



連休中の3日間。


初日の午前中のみ、県連合同での大会コースをTR。
2日目、3日目はホームのあわすのにてTRさせていただきました。


体調や気持ち、そして心構えを含め、『選手を第一に考えた』セット・本数のトレーニングだったと強く感じました。

最終日のTR終了時のゴリ松コーチやマッチコーチの言葉、選手達の心にきっと響いたことでしょう。




いつも子供達に言っている言葉があります。

『負けて泣くな、練習で泣け!勝って泣け』




ええ、

オレ、ひとり金沢で昨年の県中のビデオを見ておりますが、既にウルウルです(笑)










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
クラブハウス
シーズン中、我が家の子供達が所属しているのが地元富山市の『あわすのスキー場』を拠点に活動している『OHYAMAスポーツクラブ』

お世話になって今年で6シーズン目となる。

公式な活動は『あわすのスキー場』のオープンに始まり『あわすのスキー場』の営業終了で終わる。
期間中のほぼ毎週末はスキー場の中腹にある『クラブハウス』がオープンし、老若男女のアルペンレーサーが集っている。





このクラブの特長をオレ的に一言で言うなら

『来るものを拒まず、去るものを追わず、そして、戻ってくるものに温かい』


と、すごく感じている。





毎年、新しい顔ぶれが登場し、また、顔を見なくなったりする人がいたり。



でも、


いつもここは同じ空気が流れている。






県外の大会で負けて打ちひしがれて帰ってきても、いつも温かく迎えてくれるコーチや仲間達がいる。

ちょっと上手くなったと勘違いして天狗になっているとピシっと愛のムチが飛んだりする。

何年か振りにひょこっと顔を出してもまるで昨日も来ていたような感じで接してくれる。






そんな中で子供たちはもちろん、オレ自身も毎シーズン、新しいスキーの楽しさを学ばせていただいています。






3日後の『富山県中学校スキー選手権』にはクラブからRIRIを含め3名の3年生女子が出場する予定です。

昨年の県中では3年女子の出場者がたったの1名だったことを考えると、一つのクラブから3名の出場はとてもすごいことだと思う。
このような環境をつくっていただいた事に、一人の親として本当に感謝しています。



また、勇気を持って今大会の出場を決意した3名の女子選手には心からエールを送りたいと思います。






大会では、自信を持って『自分らしい滑り』をしてほしいと願っています。


スナップショット 1 (2012-01-09 21-48)




スナップショット 1 (2012-01-08 21-10)スナップショット 3 (2012-01-09 21-52)スナップショット 4 (2012-01-09 21-54)









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
嬉しかったこと。
いよいよRIRIの中学校最後の県中まであと4日になりました。

今シーズン、期間は若干短かったですが、彼女にとってとてもよい経験ができたこの冬休みだったように思います。
ご指導いただいたコーチの方々はもちろん、影ながらサポートいただいた父兄の方々には本当に感謝の気持ちで一杯です。



さて、


我が家のRIRI選手ですが・・・・・・。


年末の合宿を終え、嬉しい事がありました。


『なんかさぁ、RIRIって今は下手だけど、続けたらこれからどんどんスキーが上手くなるような気がするし、せっかくこれから上手くなるのにヤメルってもったいないと思う。』



本当に嬉しいひとことでした。


今までは、人と比べて下手だからとか、大会に出ても勝てないからとかネガティブな発言が多かったのですが、初めてそんな事を言ってくれました。


そうなんです。
その通りです。



年末は敢えて今まで慣れ親しんだところではなく、初めての環境に約10日間合宿してました。
どんな生活をしていたのか全くわかりませんし社会人や大学・高校生、他県の中学生選手達とどのような会話をしたり、他の選手達の姿勢を見ていたのかわかりませんが、何かを感じてくれたようです。



とりあえず、オレの役割は果たせたかな。



あとは結果なんて気にせず、思いっきり『自分の滑り』をしてほしいと願っております。




スナップショット 2 (2012-01-08 21-12)






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
2012
2012.jpg





今年もよろしくお願い申し上げます。





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。