スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RUKI車山合宿へ
昨日早朝、RUKIはクラブの2泊3日車山合宿へ出発しました。
既に数名の中高生が合宿に入っており、30日に一緒に帰ってくるそうです。

今回はOHYAMAスポーツクラブ、イチ押しの高学年男子や女子は6年チビッココンビに加え、今回初参加のジュニアもいるそうです。
因みに昨日は菅平もマイナス18度だったそうなので、きっと車山もメチャメチャ寒いことでしょう。
風邪をひかないように頑張ってほしいです。


さて、この合宿。
基本はフリースキーによるトレーニングです。
たまにクロスコースへ行ったり山頂から富士山を眺めたり、ちょこっとポールに交ぜてもらったり。

また、ほとんど晴天なので滑走量もかなり稼げます。
硬いバーンを3日間滑り続けると、さすがにやんちゃなジュニア達もかなり疲れるらしいのですが、これが狙いの一つだったりします。

自然と無駄な力の抜けた、いいポジションになってくるんですよね。


さっそく初日の状況がクラブのブログにアップされてました。

初日から富士山を拝めたようですね。






o0800045011699959245.jpg
(写真はOHYAMAスポーツクラブのブログより)












スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ちょっとはたくましくなったかな。
今週も後ろ髪惹かれる思いで金沢へ戻ってまいりました。

残念ながら『スマホ』はありませんでした(笑)
ま、いいです。
もひとつのお願いを叶えてください(爆)





さて、
いよいよ2011年も最後の1週間となりました。

我が家もいろんな事がありました。

とりわけ先週末ですが、
23日 壊れた板を引き取りに菅平。からの板入院。
24日 超テキトーに庭の木の雪吊りをしてから板引取り。からの長野へ。
25日 退院した板をRIRIに届けに菅平へ。

ええ。
さすがに菅平2往復は結構つらいです。
しかも予算の関係で白馬経由の下道で。

25日の菅平では、
RIRIはRIRIなりに良いトレーニングをさせていただいてるようでした。




今回のRIRIの合宿。
いろんな思いがあります。



多分、本人にもいろんな思いがあるのでしょう。
12月に入ってから『RIRIはいつから合宿いけるん?』を連発しておりました。




今年に限って言えば、彼女の合宿の期間や場所、随分悩みました。





我が家では、毎年子供達のスキーに関する予算について、ふたつだけですがある決め事をしています。


『毎年続けられる金額の範囲で』
『成績に関わらず二人の娘を公平に、ではなく「平等に」』


この2点がオレの決め事です。


理由は、
『長く長く』『もっともっと』スキーを楽しんでもらいたいから。
と、
『スキーを通じて』人間として成長してほしいから。
です。



小中学生のジュニア期にとって滑走量を増やしたり、いろんな環境を経験させる事によって確実に上達しますし成績もでます。
これは間違いありません。

事実、RUKIはいつもRIRIと一緒に滑っているので11月の下旬からスタートしますし、RIRIが滑る本数だけ彼女も一緒に滑るので1日の滑走量は当然増えます。
加えて、オレも『お姉ちゃんと一緒のことができる』という『妹の心理』をうまく利用しながらやってきました。
結果、成績もそこそこのようです。



でも、それだけです。




一方のRIRIは、アルペン競技をはじめてからこの6年間。
彼女にとっては挫折の繰り返しの6年間でした。


姉妹で大会に出ると、妹だけ賞状をもらってくる事も多く、そんな妹を見てへらへらしていたRIRIを怒鳴ったこともりました。
きっと多分、へらへらする事が精一杯だったんだろうな、と今になって思います。




今シーズン、
確かに中学生になった時に『3年間スキーを続けること』と、RIRIと約束した。
でも、
正直オレは
『今年は受験に専念するんだろうな』
と内心思っていた。


ま、
本人の人生だし、彼女がそう申し出てきたなら

『わかった。じゃ勉強頑張れ。』

という言葉を用意していました。



ところが、前段の
『RIRIはいつから合宿いけるん?』
でした。


いろいろ考えました。


考えた挙句、今回は菅平で中川キャンプに参加させていただいております。




12月25日のお昼。
レーサー達がごった返すツバクロの食堂。

遠慮してたら席も取れない状況の中、たくましいRIRIの姿がそこにあった。
2時間ヒトコマの目まぐるしいスケジュールの中でわずかな休息の昼食タイム。
そこでも激しい『席の争奪戦』が繰り広げられていた。

FIS選手や国体選手に負けず劣らぬ勢いで自分の席をゲットしていた。
でも、
注文した『あんかけラーメン』がなかなか出てこず、ちょっと半泣き状態だった(笑)


一方、
岩谷さん率いるロシニョールチームは昼食時には宿舎である『ゾンタック』から送迎バスが迎えに来ていた。

華麗だ。




RIRIよ。
上手くなれ。


そして


『いつかはゾンタック』(笑)











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
イブの夜
今日はクリスマスイブですね。

思えばちょうど15年前の今日。
多分、十数年ぶりにオレはサンタさんにお願いしました。


『元気ならそれだけでいいので、どうか無事に生まれますように。。。。』


そして、翌朝。


病院からの電話で目が覚めました。


『今朝、無事に生まれました。元気な女の子です。奥さんがカンカンなのでとっとと来てください。』




1996年12月25日
RIRI誕生




あれから15年・・・・・。
早いものです。



おかげさまで元気に育ちました。
皆様のおかげです。





そして、サンタさんへ。

願いをかなえてくださって本当に感謝してます。
確かにあの時、

『元気なら、それだけでいい。』

と言いましたし、今も十分満足しております。



で、

今年のお願いですが・・・・・・、








『スマホがほしいです。』












↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
お知らせ
ども、
配達係です。

本日はいつもお世話になっているショップの写真係さんからの言いつけで、菅平まで行ってきました。

ええ、
RIRIのGS板を引取りにです。

GS板は本日より1泊2日の入院となるそうです。
明後日の朝には再び菅平へ配達する予定です。



さて、

本日はお知らせが2つ。
既にご存知の方も多いと思いますが、念のため。



え?

ネタ切れかって?







■おしらせその1
 『OHYAMAスポーツクラブジュニアスキー大会』


子供達がシーズン中お世話になっている地元のOHYAMAスポーツクラブ。
今シーズンもジュニアレースが開催されます。

我が家の子供達がアルペンデビューした思い出深い大会であり、オレもシロートながら役員のお手伝いをさせていただきながら『アルペンのいろは』を教えていただいた大会でもあります。

毎年入賞者には、マジで『結構つかえる豪華賞品』が用意されますし、たとえ入賞できなくてもNEWモデルのレース用板をはじめ豪華景品が参加者全員に当たる豪華抽選会もあります。


今年は同スキー場にてSAJ公認の『富山県チルドレンスキー大会』も開催されるので東海北陸ブロックの選手達には足慣らしにもちょうどいいかもしれませんね。


『あわすのスキー場』はNPOにて運営されている富山県の小さなスキー場です。
設備面など不便はあるかも知れませんがアルペン競技や基礎スキーなどにとても理解のあるスキー場です。
よろしければ是非お越しください。

詳しくはコチラ→ 『OHYAMAスポーツクラブのブログ』



■おしらせその2
 『チルドレン大会申込希望調査』

こちらは富山県内所属のK1・K2選手のみが対象のお知らせです。

RIRIが中1の時はB級大会などは基本的に強化指定選手が優先的に出場が認められていました。
引率の関係やTCMなど、不慣れな父兄では対応が難しかったのも事実ですし、枠の関係もあるのでいたしかたなかったのだと思います。
しかし、昨シーズンの後半から希望調査票の提出によって若干間口が広がりました。
ただ、既にほとんどの大会が終了していたため、実際に出れたのは東海チルドレンくらいでしたが。

今シーズンは、そんな反省から早くも『調査票』が県連HPにアップされておりますので、参加希望選手・父兄の方は是非チェックしてください。
もちろん、これを提出したからといって参加が保証されるわけではありませんし、TCMの参加や送迎など、課題はありますが、県連の方々もいろんな意見を聞いて一生懸命やっておられるのですね。
強化選手以外でも参加意思のある選手は是非チェックしてみてください。

詳しくはコチラ→ 『富山県スキー連盟』









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
サイドカスケード
RIRIが今シーズン履いている板はロシ。
というか毎シーズンロシですが。

ええ。
『アーリーライズ』『カスケード』の。

本人曰く、結構乗り易いようです。






そして今回更にパワーアップしました。

2011121819410001.jpg


先日の事故の影響で右のアウトサイドのトップシートが・・・・・。

カスケードになりました

本人曰く、
『右ターン前半の内脚小指の感覚がとても良くなった。結果、ターン前半で2cmほど内に入れるようになった気がする。』

と、言ったとか言わなかったとか。


早ければ来シーズンのWCで採用されるかもしれません(笑)






それにしてもこのムスメ、次から次へとネタを提供してくれます。

おかげでこのブログもネタが尽きることはありません。






良いのやら悪いのやら・・・・・・。











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ご心配いただきありがとうございます。
昨日の記事、多くの方にご覧いただけたようです。
ようやく寒気が入り始めましたがまだまだ滑走できるところは限られていますので、どうしてもコンディションの良いスキー場に集中してしまうのはしょうがないですが、滑走される皆さんは充分に注意しましょう。

また、RIRIですが体だけは頑丈にできているようでピンピンしておりました。
が、
日曜日の夜に体調を崩し、月曜日は『いきなりのオフ』
ホテルの方に病院へ連れて行ってもらったそうです。
ホントにどこまで迷惑をかかければ気が済むのやら
おかげさまで本日は無事復帰し、元気に滑っているようです。


でも、元気になったらなったで何をやらかすかわからないので別の意味で心配ですが






さて、



一方のRUKIですが、週末は完全オフでした。
前週は学童合宿やロシカップ、軽井沢早朝TRなど、かなりギュウギュウ詰めのスケジュールで動いたため本人からクレーム。

『スキーしたら他の事が何もできん友達とも遊べんし


そうですね。
やりたい事がいっぱいあるのは良いことです。
別にオレもスキーだけさせたいわけじゃないし。


てことで、さぞかし充実した休日を過ごしていたことだろうと思っていたのですが、奥方様の話によると2日間、何をするわけでもなく、ただダラダラと過ごしていたようです。


ま、

オフですから。

たまには『ダラダラ』もいいでしょう。



で、今週末の予定ですがRUKIに確認したところ

『22日は友達が泊まりに来るから23日はスキー行けんから。それから24日はクリスマスイブで予定が○×▲□※※・・・・・』



・・・・・・・・。


ま、慌てることはないし、どうせ28日からは2泊3日でクラブの『車山合宿』があるのでそこで腹いっぱい思いっきり滑れるので別にいいんですが。


でも、パパ的にはRIRIを見学したいし一人で行くのは寂しいので1日くらい付合ってほしいです。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
事故
さて、

酔っ払う前にちょっとまじめな話です。
本当は書こうか迷ったのですが、誰にでも起こり得る可能性がある事と思いますので注意喚起の意味を込めて書かせていただきます。




週末土曜日、RIRIと二人で菅平へ向かいました。


途中、北陸道・上信越道はかなりの大荒れで事故による渋滞もありましたが、中野ICを過ぎた辺りから天候も良くなり、菅平は絶好の好天でした。

かなりテンションアゲアゲでトレーニング開始。

が、この日の大松ゲレンデはアルペンボード大会があるらしくコースが一部規制されており、そこへいくつかのチームが集中したためにコースはかなり混雑しておりました。


この時期は決して珍しくない光景です。


いつもなら、注意緩慢なRUKIもいるので必ず『気をつけて滑るように』と言うのですが、この日はRIRIだけだったし元々安全に滑るタイプなので特に言葉はかけませんでした。



そして、

練習開始から1時間程経過し、一般のお客さんも増えてきたはじめ、お父さん連中と『ちょっと混みだしましたね』と話をしていたところにRIRIが練習中にもかかわらず、やってきました。


『ぶつかった・・・・・


聞くと、中速でトレーニングしていた時に他の選手と接触。
相手の方は怪我をされたらしく、これからパトロール小屋へ行くとの事。また、お父さんにも来てほしいと言われたとのこと。


パトロールの部屋へ行くと、既に相手の方は応急手当を受けておられる最中でした。

かなり痛そうでした。



事故の状況は実際に見ていたわけではありません。
要因はいろいろあるのでしょうが、RIRIにも不注意があったのは間違いありません。


その後、直ぐに同行者の方と病院へ行かれました。


心配になり、しばらくしてから電話をしたところ、既に診察を終え帰宅途中との事でした。
プライバシーの事もあるので怪我の状況はここでは書きませんが、当分の間はスキーはできないし、日常生活にも不便をおかけする事になります。

本当に申し訳ない気持ちです。

しかし、相手の方からは、

『お互い滑走中での事故。むしろお嬢様にはこの事であまり気を遣わないように言ってあげてください。練習頑張ってくださいね。』

と、おっしゃっていただきました。


もし、同じ事故でもこちらが怪我をしていたら、どうだろう。
オレには絶対そんなことはいえないでしょう。
そう考えると、いたたまれない気持ちになりました。







さて、

今回、あえて書きましたが、お相手もあることだしもしかしたら書く事自体、不適切な事だったのかもしれません。

しかし、

このブログも多少のアルペン選手やコーチ、父兄の方々も見ていらっしゃると思います。
特にまだまだ充分な滑走ができない選手達にとっては焦りもあると思います。


だからこそ今一度、注意喚起をお願いします。

事故は怪我をした方はもちろん、させた方も辛い思いをします。
『自分は大丈夫』はありません。




今回の事故で怪我をされた方には1日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。

また、菅平パインビークスキー場のパトロールスタッフの方々をはじめスキー場関係者の方々にはご迷惑をおかけし本当に申し訳ありませんでした。




スナップショット 2 (2011-12-19 19-35)




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
いただきもので一杯。
週末ネタはまだまだ沢山あるのですが、ちょっと一休み。

と、言うかこのまま今週末になだれ込みそうな感じです。


さて、
本日、いつもお世話になってるスキー屋さんに立ち寄りました。

一応、我が家には二人のピヨピヨレーサーがおりますが、オレは最もお金を使わない客であり、その割には何も買わないのにちょくちょく顔を出して雑談しながらコーヒー飲んで帰るという、イヤラシイ客の一人だ。

最近はスキーの話だけではなく、家族の悩み事を相談したり愚痴を聞いてもらったり・・・・。

ホントはお歳暮のひとつも持っていかなくてはならないと思っているのですが、性格的になかなかそんなこともできず。

今日はお土産までいただいてしまいました。

P1000205.jpg


ええ、
トクさん自家製のスタートワックス。
ではなく、『ワサビ漬け』


うまいです。
金沢の独り暮らしではついつい酒がすすんでしまいます。




いよいよ県中まで1ヶ月をきりました。



RIRIが中学に入った時に二人でコミットしたのが『3年間スキーを続ける』ということ。
正直言うとオレが半ば強引に続けさせた感は否めない。

でも、今改めて思うのは本人自身は確実にスキーが上達したと思うし、多分ですが本人もスキーをどんどん好きになっているように思える。

続けさせてきてよかったと思うし、できればこれからも続けていってほしいと願っている。



最近、RIRIからちょくちょく電話やメールが入る。

『RIRIはいつから合宿行けるん?』


12月になり、既に県内の多くの選手達も合宿に入りはじめた。

焦るのも無理はないし、オレ自身、『果たしてこれで良かったのだろうか』と思うこともある。



これからの1ヶ月。

いろんな意味で彼女にはキツイ思いをしてもらい、そして何かを掴み取ってほしいと心から思う。




やばい。

飲みすぎた(笑)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ロシカップ2012 RIRI編
レース前の二人の娘達の表情はとても対照的だった。

スタートリストを見ただけですでに緊張状態のRUKI。
それに比べ、まったくマイペースでむしろふてぶてしさすら感じさせる余裕のRIRI。



実はオレはスタートリストを見た瞬間、いやな予感がした。
長野県の強豪白馬中学や菅平中学の文字。
長野県の強化指定選手も含まれていた。

自信失くして
『もうRIRI、スキーやめるから』
なんて言ったらどうしよう。

が、
当の本人はいたってリラックス。

それもそのはず、昨シーズンも県内の草レースしか出ていない彼女。
県外の選手なんて知るはずも無い。


だから当然滑る前に『順位』なんて気になるはずもない。
レースでは『自分の滑りをするだけ』なのだ。




そして1本目。

20秒ちょいのレースなのに相変わらずまったくやる気の無いスケーティングのスタート。
そして、なんともインチキ臭いクローチング。



でも、切り替えの時は身長15cm差あるRUKIよりも小さくなっている(笑)

スナップショット 12 (2011-12-12 7-35)
↑RIRIのおかしなクローチング。
スナップショット 8 (2011-12-12 7-31)
↑因みにRUKI





そして、

スナップショット 13 (2011-12-12 7-36)

出ました、内足空中でもアーリーライズ(笑)




で、



スナップショット 14 (2011-12-12 7-37)

ゴール。


スナップショット 17 (2011-12-12 7-37)

勢いあまってネットに飛び込むかと思いました


あ、
言い忘れましたがRIRIも1番スタートでした(笑)


しばらくの間、なんとLAP表示。
ええ、
オヤジ十分満足でございます。


結局1本目を終えてなんと3位。

スナップショット 18 (2011-12-12 7-38)


強化選手の間に割って入ってるじゃありませんか。



そして、2本目。


スタートWAXを同郷のK君に借りて、気合満々でスタート。
と、言いたいところだが相変わらずの『棒立ちスケーティング』




スナップショット 29 (2011-12-12 7-47)

2本目も『小さいクローチング作戦』で(笑)


スナップショット 28 (2011-12-12 7-46)
ゴール後、ネットに突っ込みそうになって・・・・。



結局、順位をひとつ落として惜しくも4位

スナップショット 30 (2011-12-12 7-50)





レースを終えて思ったことがいくつかあります。

確かに今回のコースは短かった。
当然、100分の何秒かの勝負。

スタートワックスが、
とか
ちょっとしたミスが無ければ
とか
いろいろあります。
いろいろありますが、1分のコースでも結局この『100分の何秒』の積み重ねなんですよね。

とてもよい経験をさせてもらったと思います。






そしてもうひとつ。

相手が誰だかわからなければ、順位を気にせず『自分の滑りに集中』できる、ということ。
今回のレース、たとえ1位になっていたとしても本人的には
『そういうレベルのレースなんだ』
としか思わなかっただろうし、
現実4位でも、それが良い事なのか、悪いことなのかわかっていない。

確かにアルペン競技って陸上の100m走のように8人でヨーイドン!じゃないしマラソンのように駆け引きも無い。


スタートバーを切ったらゴールするまで自分の滑りをするだけ。


なかなか難しいけど・・・。



最大の敵は『自分』だな。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ロシカップ2012 RUKI編その2
ここからは簡単に・・・・と書きながらついつい長くなってしまいます。
トシとるとハナシが長くなってだめですね






1本目を終え、3年前とはまったく逆の順位になりました。


なりましたが、こうやって一緒に刺激しあって同じ大会に出れることを本当に嬉しく思いますし、感謝しております。
抜いたり抜かれたり、時には抜かれ続けて差が開いたり・・・。

ずっと続けていけたらいいですね。



そんなわけで2本目。

RUKI選手、リフト券紛失事件で若干テンション下がりました。
自分でリフト券売り場へ行き事情を説明し、特別価格で再発行してもらったようです。
リフト券売り場のおねーさん、ありがとうございました。


RIRIもRUKIにアドバイス。
『アンタのクローチング、マジで変だから。切替で体起きすぎワロタ』

オレから言わせるとあなたのインチキ臭いクローチングもどうかとは思うがアドバイスは的確だ(笑)




そして2本目スタート。


スタートは笑っちゃうくらい必死で漕いでました。
多分6回くらい。

スナップショット 24 (2011-12-12 7-41)

このままゴールまで漕ぐんじゃないかってくらいかなり気合入ってましたね。


で、3旗門目からの~、ってとこでやっちゃいました。

スナップショット 25 (2011-12-12 7-42)



後半もかなり脹らみました。

スナップショット 26 (2011-12-12 7-42)

で、
無事ゴール
スナップショット 27 (2011-12-12 7-44)


結果は順位を一つ落として3位


オレの記憶が確かならば・・・・・。
多分、この6年間で、3位って初めてのような気がする。


RUKI談
『3位の表彰台からYU-KAちゃん見ると凄く高いトコにいるよーに見えた』

それが今の差ですね。






おまけに・・・・・

スナップショット 32 (2011-12-12 7-54)

ジェロームから無理矢理ロシの板持たされてました(爆)

そうです。
来シーズンに向け、『新たな作戦』がスタートしました。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
大会を終えて・・・・  感謝
本来なら『RUKI編その2』なのですが、その前に・・・・・・。






前週に湯の丸で岩谷さんにお会いした時に、

『絶対にやります

と、力強くおっしゃっておられましたが、その日の菅平の状況を見ていたオレにとっては正直信じることができませんでした。

しかし、
見事に記念すべき30回大会は実現した。



確かに、
コースは短かった。

初日の受付を終え、だんだんと明るくなりコースの全貌が見えてくると、多くの方々が口を揃えて

『短か

もちろん、オレもその一人だった。


でも、大会を終えて思うのは、しっかりと『レースは成立した』と改めて思います。


スキーは自然の中で行うスポーツ。
いろんな気象状況、コース、雪質・・・・。

今回はたまたま距離が短かっただけ。

リザルトを眺めていると改めて思うが、やっぱりしっかりと結果に現れていたように思います。


前週の状況を見ているだけに改めて関係者のご尽力に感謝申し上げます。



また、今回はブログ仲間の皆さんともいろいろお話ができ、本当に楽しいひとときを過ごさせていただきありがとうございました。
今シーズンもいろんな悩みをブログでプチカミングアウトしながら子供達の成長を見守っていきましょう。



そして最後に・・・・・。

大会中、ずっと笑顔で選手達に声をかけられてた姿がとても印象的でした。

スナップショット 23 (2011-12-12 7-40)


ありがとう、セニョール・イワヤ






















↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ロシカップ2012 RUKI編その1
このペースで更新していくと、ロシカップが終了する頃には県中が始まってしまいそうだ(爆)

というわけで、ここからは簡単に(笑)



さて、ロシカップ参戦は今回で3回目となるが、思い出に残るのはRUKI小3・RIRI小6の09大会。

この時のRUKIは1本目2位。2本目でLAPを叩き出すも惜しくも及ばず2位という結果だった。

今振り返ってみるとこの大会がきっかけで長野県の大会に多く出場することになったように思う。
ものすごく刺激をもらった大会でした。

当時の写真
STILL0010_20081214234015_20111212205253.jpg

因みに当時の記事→ココ

子供達はすごく成長したけど、オレだけ成長してねーな(笑)


この3年、確かにRUKIもオレの予想以上に成長してくれたけど、みんなはもっと成長している。
本人もその事はよくわかっていて、

『このコースでも2秒くらい差をつけられそうな気がする』

スタートリストを見て早くもガクブル状態のRUKIなのでした。


更に・・・・。
あろうことかオレ、スタートワックスを忘れてきてしまいました


『とりあえず、この硬さならスタートワックスは関係ない。しっかり漕いであとはクローチング』


ある意味、オレのアドバイスも3年前に比べ成長したのかもしれない(爆)


そんなわけでRUKIの1本目。





そして2番スタートのW選手がゴールしRUKIと二人で掲示板に注目。


なんと、0.02秒差。
このままTOPキープで2本目か!?



が、

そうは問屋が卸しませんでした。



Y選手にあっさり抜かれ、1本目を終えて2位。


しかも、



RUKI選手、やらかしてくれました。


興奮しすぎてリフト券紛失



連帯責任で、この日は『チームB』全員、昼メシ抜き。
一応RIRIとRUKIは選手なので朝食用に買ったコンビニおにぎりが2個余ってたので1個ずつ。
オレは監督責任で完全抜き。


ちょっとは反省してくれたようですが、6年生になってこれじゃ先が思いやられます。


え?

スタートワックス忘れたオレよりマシ?


それはいわない方向で(笑)




そんなわけで2本目へと続く。













↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ロシニョールオープニングカップ2012 その1
結局金曜日の夜はほとんど眠れませんでした(笑)
一応12時には布団に入ったんですが2時過ぎに起床(爆)
2度寝すると間違いなく寝坊するので準備開始。

AM2:40 子供達起床
AM3:00 出発

かなり冷え込むと聞いていたので前半の北陸道はハイペースで快適ドライビング。
受付開始よりかなり早く菅平到着。


やばいやばい、早くもオヤジ、かなり前がかり状態。
今日1日もつのだろうか・・・・・。


スタートは二人とも各カテゴリの1番スタート。
多分、こないだブログで『世界のイワヤ』と書いたからに違いない(笑)


そして、夜明け。


気温はマイナス13度。


続々と集結するレーサー達。


キーンと冷えた緊張感が漂う、あの独特の雰囲気。


甦る『レース勘』

そして

高鳴る『オヤジの鼓動』(笑)




スナップショット 7 (2011-12-12 7-25)
スナップショット 3 (2011-12-12 7-24)



ついに始まった

『ロシニョールオープニングカップ2012』


1210e99b86e59088e58699e79c9f.jpg



岩谷さんをはじめロシニョールスタッフの皆さん、そして菅平の皆さん。
本当にありがとうございました。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ロシカップ前夜
週末金曜日の夜。
奥方様の機嫌を伺いながら恐る恐る1週間ぶりの我が家。
いや、
別に悪いことをしてるわけじゃないんですが、最近とにかく怒りっぽい我が家の奥方様。

奥方様の顔色を伺いつつ週末のスケジュールについて子供達と話し合い。
前回も書いたかも知れませんが、先週のポール練習を見て、正直レースは早いかな、と。
そんな気持ちでおりました。
加えてRUKIも1泊2日の学童合宿から帰ったばかりでかなりのお疲れモード。


そんなワケでとりあえずRIRIに希望を確認したところ、

『とりあえず県中前に1回は大会出ておきたいかな。レース勘取り戻したいし。』


いやいやビックリ。
まさか予想もしなかった本人からのレース希望。

しかも、《レース勘を取り戻したい》だって?


ま、確かに県中までRIRIが出れそうな大会もないので1回出ておくのいいでしょう。
下手な上に本番にはめっぽう弱い選手ですから(笑)


そんなわけで週末初日はロシカップ参戦に決定したのでした。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
お知らせ
週末の2日間、信州の山々を駆け巡りようやく金沢へ戻りました。
大変充実した2日間でした。

いろいろと書きたい事があります。

が、
楽しんだ分だけ明日から仕事も頑張らなければなりません。
書きたい気持ちもヤマヤマですが、それは今度の週末までの間にちょこちょこと更新していきたいと思います。


で、

とりあえずお知らせを2つ。



【お知らせ1つ目】
帰ってきてチェックしたら久々に富山県スキー連盟のHPが更新されていました(笑)
どうやら世の中的にはスキーシーズンを先走っているのは我が家を含めた一部の家庭だけなのでしょう。

週末もいろんな方々から富山県のチルドレン大会について聞かれましたが、ようやく要綱がアップされましたので興味のある方はチェックしてみてください。

こちら↓↓
富山県スキー連盟ホームページの『競技本部予定』


今シーズンは2大会が開催されるようです。
両会場ともとてもローカルなスキー場ですが、我が家の子供達もここでアルペン競技の楽しさを教えていただきました。
国内のメジャーなスキー場と比べれば設備面では見劣りするかも知れませんが、アルペン競技にとても理解のあるスキー場です。

来年はここ富山県で全中が開催される予定です。
『富山の雪』を滑ってみたい選手は是非参加してみてください。

※出場資格や申し込み方法などは要綱をご確認ください。



【お知らせ2つ目】
週末行われたロシカップのこともいろいろ書きたいし、また子供達の結果についてもったいぶって書くつもりもありませんが、本日は既に書く気力もありません。
リザルトについては菅平パインビークスキー場のホームページに早くもアップされておりましたので興味のある方はご確認ください。


ロシニョールオープニングカップリザルト

さすが菅平、仕事が早いですね。






というわけで、明日からおいおいと週末の2日間を振り返っていきたいと思います。

本日はこれまで。
おやすみなさい。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
学童合宿
先週の金曜日の夜。
富山市内某所にて『富山県学童チーム保護者会』が開催されました。


夜7時半からの開催だったので、奥方様からは

『絶対飲み会でしょ

と疑いの眼差しでみられましたが、ちゃんとした保護者会でした。



さて、
県連のHPも更新が遅れているのようなので、保護者会で知り得た情報をちょっと報告させていただきます。

今シーズンの指導体制はなんと、長野五輪でアルペン監督を務められた山中先生をはじめ富山県初のナショデモ認定の岡村聡子コーチ、国体常連の田中コーチなど贅沢な布陣。
また、将来的な指導体制の強化・拡充を図るため20代の若手コーチも数名起用されてました。
そして今シーズンのチーフコーチは、最近イカ釣りに夢中の『プライスレスコーチ』が抜擢されておられました。

今シーズン、よろしくお願いいたします。



気になる情報としては・・・・・、


1.ジュニオリの選考(富山県)について
3月に行われるジュニアオリンピックの選考についてはまだ正式に決まってないようです。
多分、チルドレン大会や学童大会が選考レースになる可能性が高いが正式にわかりましたらまたお伝えしたいと思います。

2.来シーズンのカテゴリについて
ご存知の通り、FISでは来シーズンからU-14、U-16など、カテゴリが変更となるが国内で行われるチルドレン大会やジュニオリもFISカテゴリに追従していくのか気になるところですが・・・・・。
山中先生のお話によると、これも正式には決まってないそうです。岐阜国体終了後に決定するとか。


などなど・・・。







そんなわけで、今朝RUKIは学童合宿へ無事出発したようです。
一方RIRIは朝起きて、

『アタシはいったいいつになったらスキー行けるん????』

と、かなり焦っていたとか。






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
軽井沢早朝ポール
週末2日目は先々週に引き続き軽井沢プリンス。

目的は『早朝ナイター』

2年前までは鹿沢で行われていたのですが、昨年から軽井沢になったらしい。
個人的には鹿沢の方が好きだったけどね。


12月4日 AM5:00起床。
子供達を起こし準備開始。


他の宿泊客に迷惑がかからぬ様、静かに宿を後にしスキー場へ。

スナップショット 1 (2011-12-05 11-32)
AM5;50
リフトに並ぶRIRIとRUKI。
RUKIは半分寝ているようだ(笑)



そう。
この日が初ポール練習でした。



スナップショット 2 (2011-12-05 11-37)

6時のリフト乗車から正一さんがポールセット。

一般開放までの2時間、貴重な時間を少しでも有意義なトレーニングができるように手際の良さには感服しました。



で、
最初の1本目・・・・。


スナップショット 3 (2011-12-05 11-38)


菅平のトップシーズンを彷彿させるようなカリカリにハードパックされたコース。

さあ、
今年はやってくれるのか。

そんな思いで注目していた。



が、・・・・・。



スナップショット 4 (2011-12-05 11-39)

2ターン目。
初ポールの洗礼。


やっぱりね(笑)



スナップショット 5 (2011-12-05 11-40)

枯葉が舞う不思議な光景の中、なんとか降りてきました。


この日の軽井沢。
気温は何度だったのかわからないが、メチャクチャ寒かった。
しかも強風。
しかも下から上へ。


で、


とりあえず『フルワン』ですよ。

スナップショット 7 (2011-12-05 13-35)


気合は認めます。

スナップショット 8 (2011-12-05 13-36)

が、
またしても気持ちだけが『前へ』(爆)



スナップショット 9 (2011-12-05 13-37)

思わず正一さんの熱血指導。
多分聞こえてなかったと思いますが。



やばいね。

こないだの鹿沢のフリーでは、
『万竜3日分じゃね?』
とか勝手に二人で盛り上がってたんですが、


やっぱ、所詮『初ポール』だわ。


これが現実。


奥方様の言う通りなのかな。





一方のRUKI選手。


スナップショット 10 (2011-12-05 13-39)
スナップショット 11 (2011-12-05 13-42)


こちらは楽しそうに滑っておられました。



さて、

来週は2年ぶりのロシニョールオープニングカップ。

とりあえず、
RUKIは2戦。
RIRIは1戦をエントリーしているのですが・・・・。


RUKIはともかく、RIRIに関してはとりあえず、そんな状況ではないな、ってのが正直な感想。

菅平のコンディションも気になるところですが、キャンセルして軽井沢でトレーニングしてた方がいいかも。


と、
思っていた日曜日の午後。


で、

前回の奥方様との話し合い。




う~ん。



オレの気持ちは変わっていない。

たとえ十分なトレーニングができなくても、
せめて県中だけでも参加してもらいたい。


が・・・・・・・。


ここまでの滑走日数は5日。
少しでも最良の条件でトレーニングできるよう、毎年恒例で参加しているクラブの初滑りツアーを欠席してまでRIRIのトレーニングを優先してきた。



この日の軽井沢早朝ポール。
最高のコンディションで練習できた。
人数限定での貸切のため本数も確保できた。


しかし、残念ながら初ポールという事を加味しても滑りの方は想定してたよりもはるかに『まだまだ』な状態。


これから県中までの約1ヶ月間、テスト等の行事もあるので冬休みを含めても滑走日数を確保できるのは12日程度だろう。



奥方様からは

そんな状態で県中に出る意味があるのか。
別に今年は休んでも受験が終わってからまたやってもいいじゃない。



ついに、

外堀埋まる(涙)







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
決断の時・・・・・・・・・。
週末2日間のトレーニングを終え、いつものように金沢の『隠れ家』にてこの週末の出来事をダラダラと書きながら翌週を待とうと思っていたのですが・・・・・・。


その前に・・・・・。


日曜日の夕方、軽井沢での有意義なトレーニングから戻り、翌日からの仕事に備え金沢へ戻ろうと思っていたのですが、いろいろあり結局日曜の夜は富山で過ごすことになってしまいました。


奥方様から
『RIRIのことで話がしたい』

という事に加え、日曜日にもかかわらず、担任の先生からの電話。
『RIRIさんの事で少しお話が・・・・』




ご存知の通り、このブログでも書いておりますが今シーズン、RIRIには『2足のわらじ』で受験もスキーもやってもらおうと思っていたし、そのつもりで今まで活動してきた。


が、しかし。

奥方様からは
・このままでは勉強もスキーも中途半端になってしまう。
・本人なりには勉強も頑張っているようだが、ここ最近の試験の成績をみると思うように
 上がっていない。むしろ下降傾向にある。
・本人もその事で悩んでいる。
・それなのにあなたがスキーのハナシばかりするもんだから非常に不安定になっている。
・長期合宿でスキーに打ち込んでいる選手もいる中、週末スキーだけで大会に参加しても意味があるのか。

奥方様的結論は

『一刻も早くスキーを諦めて勉強に集中した方が良いのではないか。』

と、いう事だった。


また、担任の先生も本当に心配してくれていて、


『どちらがいいという事ではないが、本人も焦っているようだしどちらかに集中させてあげた方がよいのではないか。』

というお話だった。




オレは週末帰るだけ。
ご存知の通り月~金はほとんど家族と連絡をとるわけでもなく、子供達のスキーの事をあーでもないこーでもないと考えたり、時は妄想を膨らませているだけだ。
普段の子供達の生活の様子など知る由も無く、週末に帰って

『よし、スキーに行くぞ!!』

って感じ。


普段、子供達を見ている奥方様の言葉。
学校での生活を通じ心配してくれている先生の言葉。




重いね~。




でもね。
オレにはオレの考えがある。

確かに今からでも勉強に集中すれば、多少は成績も良くなるかもしれない。
本人の気持ちもすっきりするかもしれない。
でも、受験する高校のランクが大きく変わるわけではないと思う。
てか、そもそも高校のランクって何?

スキーにしてもそうだ。
選手としてはごく平凡な成績の選手。
今から結果を求めるのは酷なハナシだ。


でもね。
『中途半端』ってのはどうなのかな。
確かに結果は『中途半端な成績』になるのかも知れないが、どちらも一生懸命頑張ろうとしているから悩んでいるのだろうし、気持ちも不安定になっているのではないだろうか。



オレとしてはそれを応援してやりたいし、支えてやりたいと思っているのですが・・・・。



一生懸命やっても結果が『中途半端』じゃダメなのかな。




全然ダメじゃないと思うのですが、どうなんですかね。




と、
ここまで書いて奥方様と電話。



話は平行線に終わりました。



母親の娘を想う気持ちは良くわかったけど・・・・・・・・。











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ウエダ カンペイ
昨日は富山県学童チームの保護者会がありました。

終了後、飲み会の流れを感じつつも今回は後ろ髪引かれる思いで会場をあとにしました。

いつもなら、
『ささ、堅い話はそこまでにして、今からパァーッと・・・・』
と、自ら先頭を歩くのですが・・・・・。


今回は、ようやくRIRIの期末試験も終わり、週末の数少ないスキーへ向かわなければならず・・・・。

ほんっとに後ろ髪引かれる思いで1週間ぶりの我が家へ帰宅の途についたのでした。



で、


翌日早朝。



朝5時に出発する予定だったのですが、痛恨の寝坊。

予定より30分遅れで一路鹿沢へ。

生憎の雨の中、気分はダウンヒラーで北陸道~上信越道を安全運転。

途中、菅平でパインビークの降雪量を横目に見ながら、あっという間に鹿沢到着。



が、



どっしゃぶり・・・・・・


気温は4度。

もうちょっと上がったらもしかしたら雪かも。
とか、
山を越えたらもしかしたら晴れてるかも。
とか、


いろいろ考えました。

で、

向かったのが『湯の丸スキー場』


ええ、

ここ数年、この時期は県外のスキー場をまるでジプシーのように放浪し続けた、
まさに野生の勘。

15分ほどで『湯の丸』到着。


若干気温は低く、天候も小雨。
ま、今日の鹿沢よりはいいかなと思い、子供達に準備を指示。


準備をしてると、な、な、なんと、

先週ホワイトピアでRUKIがお世話になった、あの『世界のイワヤ』さんがバスで登場。



ええ。

ヨーロッパを駆け巡り、最上のコンディションを求め続けた、あの『イワヤの嗅覚』とオレの『ジプシーの勘』が見事に一致した瞬間(爆)


そんなわけで週末初日は初めての『湯の丸スキー場』を満喫させていただきました。




え?


タイトルの『ウエダ カンペイ』のハナシですか?



既に明日の『軽井沢早朝ポール』に備え、いつもの高級コンドミニアムでヘロヘロになっております。
他にも保護者会のハナシとか今日の湯の丸のはなしとか、いろいろ書きたいことはあるのですが・・・・・・。



とりあえず、



オヤスミナサイ。











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
NEW板インプレッション
早いものであっという間に12月に突入しました。


先日スキー場で、ある県外のお父さんから、

『富山県のチルドレン大会の情報を見ようと富山県連のHPを見たんですが、全然更新されてないようですね。もしかしてURL変わったんですか???』


・・・・・・・。


12月に入ったことだしそろそろ更新してほしいです。




さて、

先日鹿沢で腹いっぱいNEW板を堪能した子供達。
早速インプレッションしてもらいました。


まずはRIRI選手のロシGS板

スナップショット 6 (2011-11-29 0-16)

『えっとぉ~、今年のロシニョール、清澤選手やIBAKANA選手が抜けちゃってちょっぴり寂しくなったんだけどTOPチームにはLara選手も入ったんでRIRI的にはちょっぴりあげぽよ~。
で、
今年のRIRIの板なんだけど、「カスタード」だっけ?
雪面へのコンタクトがすっごくイイ感じなんだ。
ただ甘ったるいだけじゃなくて、しっとりとした大人の甘さって感じかな。』


スナップショット 5 (2011-11-29 0-16)

『それから、写真じゃわかりにくいかも知れないけど今年のロシのもうひとつの特長は「アーリーライス?」
直訳すると「早メシ?」
なんか、意味わかんないけど、要するに午前中の休み時間にちょっとローソン言ってくる的な感じかな。
つまり給食までの時間の長さを感じさせないって感じ。』




いや~・・・。
全然わかりませんでした。



続いて何故かフォルクルのRUKI選手。

スナップショット 7 (2011-12-02 0-11)

『実は、パパには内緒なんだけど、163cmはちょっと長かったかも。
でも、今更そんな事言えんし・・・・。
え?スピードウォール?
確かに良く滑るような気もするんだけど、サイドウォールに滑走面素材を挟む事によって板全体のトーションやフレックスが微妙に変わってくるんだよね。
そんな事よりRUKIはケータイとポックのヘルメットほしーんだけど・・・。』





以上、インプレでした(笑)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。