スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
近いけど・・・・・・・・・。
金沢へ引っ越してきてもうじき1ヶ月になります。

ええ、
元気にやっております。


長年慣れ親しんだ富山を離れ、昨年は福井。
ようやく少し慣れたかな、って思ってたら今度は金沢へ。

『ちょっと近くなって良かったじゃん』

と、よく言われます。


ま、
確かに近くはなりました。

また、仕事の方も富山・石川を担当することになり、ちょくちょく富山へも仕事でお邪魔しております。



が、


『新しい土地で新しく人間関係をつくっていく』

ってのは意外と大変なんですよね。
特にこのトシになってからは。



確かに富山と近いから帰るのは簡単なんですが、それじゃなかなか前へ進めない。
むしろ、昨年の『福井』の方が結構割り切って仕事や生活ができてたかも・・・・。






近くなった分だけ寂しさが増えてるような気がします(笑)







スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ありがとうシリーズ その2
さて・・・・・・。


オフシーズンのモチベーション維持のために自ら企画した『ありがとうシリーズ』なのですが・・・・。

いきなりご本人からのコメントをいただき少々困惑しております。
が、
コメントしていただけるのはホントにうれしいですね。


そんなわけで、


これからも『順不同』で、淡々と書いていきたいと思います。



------------------------------------------------------

『ありがとうシリーズ その2』


今シーズン、

RIRIのダメダメレースではじまり、シーズン序盤にしてオレのモチベーションは


そんな中、元気を与えてくれたのが『ARASHUN親子』


転勤の関係もあり、もっぱら今シーズンは県連公認大会に出場させていただいたワケなんですが、いつも会場で声をかけていただき、そしていろんな事を教えていただいたパパ。
そして何よりも、インラインやスキーを通じ一緒に練習してきたSHUNTA

SLでは見事全中出場、そしてGSでも県連大会でも『笑顔』が多かったね。


特に県連最終戦の『極楽坂大回転』では、表彰式の時にRIRIに『笑顔』を強要されてましたね。





悔しい思いをしたり、
辛い経験をしたり、

成長の過程においてはいろいろある。



オヤジとすれば、時には
たとえひとの子であっても



手を差しのべてやりたい。
とか、
何か一言声をかけてやりたい。
とか、


そんな気持ちをグッとこらえ、いつも見守ってきました。

そして今シーズン、

目一杯の笑顔を見ることができました。




君のひたむきな姿が多分、RIRIはもとより多くの選手達に勇気を与えてくれたんじゃないかな。
たぶん、気づいてないと思うけど。






『ありがとう』






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
HAPPYBIRTHDAY
先日の18日、RUKIは無事12歳になりました。

早いものですね。
小学6年生です。

RIRIと違いなかなか大きくなってくれないのですが、それでも144cmになったそうです。

週末の日曜日、家族でささやかな誕生パーティをしました。

S1070004_convert_20110420222751.jpg

前日に奥方様と近所のパン屋さんで注文したバースデイケーキ。


RIRIと違い、ホントに小さい頃からあまり手のかからない子でした。


S1060006_convert_20110420222408.jpg

今回もテキパキと自分で12本のローソクを立てておられました。



S1070001_convert_20110420222455.jpg 

きれいに12本のローソクを立て、ご満悦のRUKI。



S1070002_convert_20110420222539.jpg 

ローソクに火をつけ電気を消し、感動のRUKI(笑)


我が家では家族全員で「ハッピーバースデイの唄」を歌うのがしきたりです。
しかも、ハモらなければいけません。
きれいにキマルまで何度も歌い直すのが唯一オレが作ったルールです。



S1070003_convert_20110420222621.jpg 

で、無事ローソクを吹き消しみんなでお祝いしました。


我が家の中で唯一オレが転勤先へ帰る時に必ず玄関の外へ出て車が見えなくなるまで手を振って見送ってくれるのがRUKI。
また、ウチの中でもいつもひょうきんでムードメーカーですが、実は結構空気を読んでわざと明るく振舞ってくれているのをオレは知っています。




とりあえず、今年の冬までに

「あと5cm大きくなれ」

と言いましたが、


ずっと

『ちっちゃいRUKI』


でもいいかな。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ありがとうシリーズ  その1
お久しぶりでございます。

我が家の10-11シーズンは、先日の『東海チルドレン』にて無事終了しました。
2年前まではGWまでアチコチ行ってたのですが、昨年そして今年もスパッと終了です。



今シーズンも、いろいろな『ありがとう』がありました。


これからしばらくは、そんな今シーズンの


『ありがとう』


を、気が向いた時に書いていこうかな、と思っております。






~~~~~~~~~~~~~~~~


先日の『東海チルドレン』の帰り道。

いつもだったら出発して5分で睡眠しちゃう子供たちですが、この日はウチに着くまでしゃべりっぱなし。
いろんな事を本当に楽しそうに話してくれました。

中でも印象に残ったのがRIRIの話。


『2日目終わったあとにNAOとすっ~~ごい楽しく話ができた

と、ほんっとに楽しそうに話してくれたこと。


小学4年生の時にアルペンスキーを始めたRIRI。
初めて出場した大会で圧倒的な強さで輝いていたのがNAO選手。
あの時、RIRIと

『すげえなぁ、RIRIもいつかあんな風にカッコ良く滑れたらいいね。』
って二人で話してたのを今でも覚えている。




あれから4年。

もちろん、今でもレベルの差は埋まっていないし、今でもあの時と変わらず憧れの存在だ。

でも、そんな憧れの存在があったからこそ、相変わらずのヘタッピなRIRIでもスキーを続けてこれたんではないかと改めて思います。


何があったのかは定かではありませんが、

『NAOと話ができてすっごい楽しかった』

と、話してくれたRIRIの嬉しそうな顔がとても印象的でした。





『ありがとう』







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
最後の1本
子供達に『喝を入れ、いよいよ今シーズンの最後の1本。


まずはRIRIさん。


スナップショット 8 (2011-04-05 20-20) 

相変わらず、トップスピードに乗ったら落とされる・・・・。


スナップショット 9 (2011-04-05 20-20) 

を繰り返しながらも、



スナップショット 10 (2011-04-05 20-20) 

後半のストレートでは果敢に攻めてました。


スナップショット 11 (2011-04-05 20-20) 


そして、ゴール。


2回ほど大きな失敗があり、タイムは伸びませんでしたが、今の彼女の全力の滑りを見ることができました。

きっとたぶん、彼女も『今のチカラ』を出し切れたんじゃないかな。







こんな感じでした。

スナップショット 12 (2011-04-05 20-20) 
 





そして、K1のRUKI。


2本目のインスペ終了後に声をかけたんですが・・・・・。


無視されました(笑)



スナップショット 14 (2011-04-05 23-21)
スナップショット 15 (2011-04-05 23-22) 


本人なりには『手を前に』を意識して滑ってたようです


そして・・・
渾身の力を振絞って・・・・・

スナップショット 16 (2011-04-05 23-22) 


ゴール



がんばりました。


結果、

RIRI 27位
RUKI 19位


成長途中の子供達。
おかげさまですこしずつ成長させていただいているようでございます。



~~~~~~~~


帰りの車の中。


RIRIもRUKIもたくさんの事を話してくれました。

ハンドルを握りながら二人の話を聞いていると、

すごく楽しかった3日間


だったのだな、と感じました。



楽しい1日でした。











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ラストレース
昨日の東海チルドレンGS。

二人の娘たちの結果は散々でした。

で、

『喝

を入れに本日ほおのき平まで行ってきました(笑)


昨日もかなり良いコンディションで滑らせていただいたらしいが、この日もオレが到着した朝7時の外気温はマイナス6℃。

スナップショット 1 (2011-04-05 20-06)

しかもピーカン

選手達にとっては最高に気持ちイイコンディションでしたね。
会社を休んできたオレにとっては若干日焼けが気になるコンディションでしたが(笑)


さて、

ゲレンデへ向かうと既にK2のインスペ終了間近。
より良いコンディションで選手達に競技させるため、タイムスケジュールが繰り上がったようだ。


結局子供達の顔を見ることなく1本目の競技を観戦。


まずはK2のRIRI選手。
スナップショット 2 (2011-04-05 20-09)
元気良くスタートしたように思えたのですが・・・・・


スナップショット 4 (2011-04-05 20-15)
前半の急斜面でスピードがコントロールできず、『ぉお~~っと



スナップショット 5 (2011-04-05 20-15)
後半の緩斜面のストレートもかなりの大回り

結果、
1本目はリバースに引っかからず33位


ゴール後、涙目のRIRIに

『喝





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



続いてK1のRUKI。


スナップショット 6 (2011-04-05 20-16)
相変わらずの『手』

1本目の順位はわからないが、あまりのヤル気なさげな滑りにオレの怒りはピーク寸前(笑)
が、そんな気持ちを押し殺し、
『どうだった?』
『攻めたんだけど、RUKIだけGS板だしチンガードついてないしレガースもないし・・・・』 


はい、
心の狭いオレ、噴火

『喝『喝『喝


応援しにきたつもりなのに泣かしてしまいました


確かにね、彼女の気持ちもわからなくはない。
自分だけ違うカッコで恥ずかしいのもわかる。


しかし、今シーズンの彼女のSLに関して言えば、オレ的にはプロテクタもSL板も必要ない、と思っていたしRUKIにもそういい続けてきた。

タイムや順位より、
・外足で短いエッジング。
・ポールに当たる必要はない。
・リズムとタイミング

をしっかりやりなさい、と。



基本ができていなければ、
・チンガード→当たっても痛くないから頭が内側に入る。
・パンチガード→ポールに当てる事に集中し外腰がのびる。
・レガース→意味不明。
・SL板→返りに頼り過ぎて自らの動きが受動的になる。


なので、それぞれの道具がその役割を果たせるように、
まずは

『基本』

これが最も重要だと。
それがある程度できるようになったら、ちゃんと用意してやる、と。







確かにシーズン最終レース。
できれば気持ち良く滑らせてやりたいのはヤマヤマなのですが・・・・・・・・。



そもそも今回のレース、震災の影響で一時は中止も危ぶまれていた。

そんな中、富山県チームは強化選手だけでなく、約40名の選手が出場できた。
しかもたった3名のコーチでサポートしていただき出場できた大会なのだ。
しかもコースバーンは最高の状態。



『感謝の気持ち』


それは決して『結果』ではなく、


シーズンを通じて学んだ『成果』なのだ。


それを見せろと。
そんな気持ちで子供達に『喝』を入れたのでした。






そして2本目へと続く。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
第1回東海チルドレンスキー選手権大会 初日GS
とりあえず結果です。

RIRI 31位
RUKI 21位

その他の結果はコチラ↓

K1男子
K1女子
K2男子
K2女子


昨日、『悔いを残していいから・・・』と書きましたが、その通りになりましたね。


明日はSL。


明日は、

『悔いを残さないようにがんばってほしい』(笑)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
最終戦
週末、久しぶりに子供達の顔を見ました。


やっぱ、近いっていいですね。
ホント、コンビニへタバコ買いに行くくらいの軽い気持ちで帰れます(笑)


先週末はRIRIはクラブのファイナル合宿で車山。
青氷の急斜面でやっつけられてきたらしいです。

RUKIはインフルの影響で完全オフ。
春休みの宿題を全部やっつけたそうです。



そして、火曜日から木曜日の3日間は「たいらスキー場」で県連主催のキャンプに参加させていただいたようです。
3日間、送迎を甘えさせていただいたRYUJIパパ、本当にありがとうございました。



子供達のハナシによると、とても素晴らしい練習会だったようです。
特にRIRIは高校生レーサーの滑りにとても感動したらしい。

今回の練習会は強化選手も一般選手も関係なく自由参加。年代も小学生から大人まで、60名近くが集結したそうです。
練習内容もポールトレーニングや基本練習、ジャンプやウェーブも作って行われたそうです。

山中先生をはじめ県連コーチの皆様、サポートをしていただいた父兄の皆様、そして「たいらスキー場」関係者の皆様には本当に感謝申し上げます。





さて、そして今週末。



県連公認大会も終わり、いつも4月に出場していたアイスティーカップもキャンセルとなったため、そろそろオフシーズンモードに突入・・・、かと思ったのですが、

東海北陸ブロックで開催されるSAJ公認チルドレン「第1回東海チルドレンスキー選手権大会」に参加できることになりました。

富山県チームは総勢約40名。

平日の大会ということもあり、送迎や宿泊の事を考えると不安もあったのですが、県連でまとめていただき面倒を見ていただけることに。




シーズン最終レース。



悔いの無いように・・・・・。

いや、

つなげるためにはむしろ悔いを残してもいいので、

とりあえず、臆することなく思いっきり滑ってほしいな。












↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。