スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
引越しと異動
お久しぶりでございます。


急遽金沢への異動が決まったため、先週末は引越しでバタバタしておりました。

P1000096.jpg


ネットの開通は4月8日になるそうで、引越し以来さびしい生活を送っております。



さて、
今回の新居は、金沢市。
敢えて『片町』からは距離をおきました。

ええ。

節約節約、


です。



明日から新しい環境でがんばります。



オレも

リスタートです。






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
感謝の気持ち
県連公認シリーズが終わり今シーズンの我が家のレーススケジュールもひと段落しました。


各大会を運営いただいた県連関係者の皆様、
役員スタッフの皆様、
スキー場関係者の皆様、
コーチの皆様、
父兄の皆様、
遠くからブログをご覧いただいている皆様、

そして、

一緒に戦ってくれた選手の皆さん、



本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。





今シーズンの我が家の初レースは『富山県中学選手権』でした。

SHYU選手の

『感謝の気持ちを絶対に忘れずに』

の、選手宣誓で幕を開けました。



本人としてはなかなか結果が出せず、途中


『成績も中途半端だし、勉強もわからんくなったし、このままだとどっちも中途半端になるから勉強に専念しようかな・・・・。』


と、漏らした事もありました。


『このまま中途半端じゃ終われんだろ。せめて今シーズンだけでも・・・・』

そんなオレの言葉に耳を貸してくれなかった時期もあります。




でも、



とりあえず、今日まで『現役アルペンレーサー』として続けることができました。



本当に、多くの方々に支えられ、そして勇気づけていただいたおかげです。
親として、本当に感謝申し上げます。



シロートのオレには彼女が今シーズンどの程度上達したのか、はたまた上達しなかったのか、
それはわかりません。


ただ、
ここ最近の試合会場でのレース前の姿、また自分の競技が終わったあとの小学生たちをサポートする姿を見ていると、



彼女は彼女なりに

『感謝の気持ち』

を、多少は学んでくれたような気がします。




本当にありがとうございます。





さて、
彼女の来シーズン、
一体どうなるのか。


来年もスキーを続けるのか。
それとも
受験に専念するのか。
それとも
とりあえず、スキーは1年お休みし高校に入ってからリスタートするのか・・・・。



わかりません。


わかりませんが、
とりあえずRIRIはクラブの『ファイナル合宿』へ出発しました。
とりあえずオレは来シーズンのGS板を念のため注文しました。




が、

今ほど奥方様から電話。


『今日、成績表もらってきたんだけど・・・・・・・』
『ま、期待してないけど、どうだった?』
『ほとんど表彰台に乗っとるわ・・・・・・・』
・・・・・・・・・・』 






一寸先は闇でございます・・・・・。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県連公認最終戦『極楽坂大回転』  ~最高の笑顔~
濃い霧の中、ついにRIRIの『自分へのリベンジ』が始まった。



また、安っぽい涙を見せられるのか。
それとも・・・・・。


スナップショット 8 (2011-03-23 15-00)

肝心の『第8のカベ』はゴールエリアからはまったく確認できない。


因みに霧が晴れてたらこんな感じ
スナップショット 9 (2011-03-23 15-03)
(画像は午後から始まった小学生の部のインスペ)



とにかく、次の選手がアナウンスされる前にオレの前に現れてくれ。
祈りました。


そして・・・・・。



キタ!!
スナップショット 2 (2011-03-23 14-54) 


最後の緩斜面、スピードを維持してる。
スナップショット 3 (2011-03-23 14-54) 



そして、ポールをなぎ倒し・・・・・
スナップショット 4 (2011-03-23 14-54) 



ゴール
スナップショット 7 (2011-03-23 14-55) 





タイムは・・・・・・・????
スナップショット 32 (2011-03-22 23-26)




スナップショット 33 (2011-03-22 23-26) 


なんとか無事ゴールしました。


2ヶ月前の県中の2日間

4本滑ってたった1本も、
うん、
たった1本も満足に滑ることができなかった『第8のカベ』



残念ながら肝心の『第8のカベ』は見ることができなかったが、
多分、
最後の緩斜面へスピードを繋げることができたのは初めてではないだろうか。


きっと、上手に滑ってきたのでしょう。
そういうことにしておきましょう。



とにかく、オレとしては 何とか完走してくれた事にホッとし、そしてそれで十分満足だった。
きっとRIRIも同じ気持ちだったように思う。
二人で話をしながら速報掲示板へ。


第8の神様がオマケをつけてくれました。




結果、

優勝



シーズン最後の最後になって、最高の笑顔を見ることができました。



多くの方々から祝福の言葉をいただきました。

本当にありがとうございました。



では、

ご覧ください。

今シーズン最高の『RIRIの笑顔』











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県連公認最終戦『極楽坂大回転』  ~霧の中のスタート~
雨の影響で予定より少し遅れて開会式が始まった。

スナップショット 29 (2011-03-22 23-25)


今回の大会参加費は全額震災義援金として寄付されるそうです。





そして、クラブのRYUJIの力強い選手宣誓で戦いの火蓋はきって落とされたのでした。
スナップショット 30 (2011-03-22 23-25)

RUKIさん、この時点ではかなり元気です。
後ろにはちょっぴり緊張気味のRIRIが怪しいいでたちでたたずんでおります。

スナップショット 28 (2011-03-22 23-25) 



そして、

レースは始まったのです。

が、

生憎の雨と濃い霧。


あの、『第8のカベ』まったく見えません。


スナップショット 27 (2011-03-22 23-24) 



前日も硫安を入れておりコースは最高の状態。

急斜面の状況は全くわからないが、『音』でわかる。



そして、
ビブナンバー3、RIRIのスタートが告げられた。






頼む、
降りて来い!










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県連公認最終戦『極楽坂大回転』  ~笑顔が見たい~

タカンボーGSLを終え、翌日はいよいよ実質上の最終戦である『極楽坂大回転』


今シーズン、この極楽坂のレースで始まりあっという間に最終戦。
涙で始まり涙で終わるのか、それとも・・・・・。


このところ、少しずつ調子を上げてきたRIRI。

でも、借りを返さずには終われんでしょ。
そんな思いでエントリーしてたワケなんですが、前日夜になってやっぱり不安に・・・・・。

ええ、
結構呑みました。
奥方様のシロ~~い目線に対し、精一杯の『アルペン親父オーラ』をかもし出しながら(笑)



そして、朝。

雨の音で目覚めました。


あの日と同じようにRIRIを起こす。

RIRIは

『さっきから雨の音で起きとったから』

と、そそくさと準備を始めた。


いつものようにトイレアンカーを務め、予定通り出発。



闘いは始まった。






つづく・・・・。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
県連公認『タカンボーGSL』  ~インスペって大事だよね~
連休2日目の3月20日(土)は県連公認シーリーズ戦の

『タカンボーGSL』

へ出場してまいりました。


そうなんです。
当初の予定ではエントリーしてなかったんですが、予定していたレースがキャンセルとなったため急遽参加することに。


当日は朝6時起床、そして6:30に出発する予定だったんです・・・・・・・。


ええ、確かに6:00に子供達を起こし予定通り準備してたんですが、何故か出発したのは7:00

子供達は、
『みんな車でスタンバってたのに、パパのう○コが長いから
※食事中の方スミマセン


いえ、
別にオレは長い時間してたワケでも、増してや長いう○コをしてたワケでもありません。

我が家のルールでは
奥方様の
『アンタのあとは入れんから最後にして』
の一言で、オレ、アンカーなんです。

決して、『直ちにカラダに影響を及ぼすニオイではない』と思うし正直言ってニオイなんてあまり変わらないと思うのですが・・・・・。



そんなわけで『オレのせいで』またまた遅刻。

今回はRIRIがインスペクションに間に合いませんでした。


結局RIRIはノーインスペクションで滑ることに・・・・・。


レース後、 


RIRI『いきなりスルーゲートあってマジ焦った』
マッチコーチ『スタートで見てましたが、ありえんラインで滑っていきました』
コース係のTSUMパパ『いい滑りしてたのにトンデモナイところ滑っていきました。いや~もったいなかった』

ハイハイ。
オレのせいですね。
そう言うことにしておきましょう。


でもね。



オレ、下から見てましたけど、




お、出てきた出てきた。

スナップショット 1 (2011-03-22 7-37) 


リズム変化を無難にこなし
スナップショット 2 (2011-03-22 7-38) 

スナップショット 4 (2011-03-22 7-40) 

ウェーブ突入。

スナップショット 5 (2011-03-22 7-40) 

小学6年の時から変わらず、かなりヤバイ入り方
スナップショット 6 (2011-03-22 7-41) 

案の定、落とされ・・・・。
スナップショット 7 (2011-03-22 7-41) 

それでも諦めず突っ込んで
スナップショット 8 (2011-03-22 7-42) 


落とされ、
からの~
組み(笑)
でもそこで組んでも・・・
スナップショット 9 (2011-03-22 7-42) 


やっぱ解かなきゃ入れないよね。
スナップショット 10 (2011-03-22 7-43) 

でも諦めずにまた組む(爆)
スナップショット 11 (2011-03-22 7-44)
スナップショット 12 (2011-03-22 7-45)
スナップショット 13 (2011-03-22 7-45)
スナップショット 14 (2011-03-22 7-46)
スナップショット 15 (2011-03-22 7-46) 


手、伸ばしてもお尻が下がってるからあまり効果ないんですが
スナップショット 16 (2011-03-22 7-47)
スナップショット 17 (2011-03-22 7-48) 

無事ゴール。


スナップショット 18 (2011-03-22 7-48) 




結果、
4位入賞



そして、いよいよ明日は県連公認シリーズの最終戦、『極楽坂大回転』



なんとか笑顔で今シーズンを終えて欲しい。

オレの頭の中はそのことでいっぱいでした。


富山県の選手にとって避けて通れない『極楽坂』と『たいら』の急斜面。
特にRIRIにとっては、県中で奈落の底へ突き落とされた難攻不落の『第8のカベ』



あの日から2ヶ月。



県中が終わってすぐにエントリーしたのが『極楽坂大回転』

このまま終わってほしくない。
せめて、


『自分にリベンジして欲しい』



でも、
前日の夜になって、そんな気持ちとはウラハラに不安いっぱいになったオレなのでした。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
元気出してブログ再開します。

震災以降、とてものんきにブログなんて書いてる気分になれなくて・・・・。



しかし、この3連休、沢山の選手たちの元気な滑りを見てて

『やっぱオレももっと元気を出さなきゃ

と思いました。



なので、ブログ再開します。
もちろん、今も被災で苦しんでおられる方々もいらっしゃるので節電・節約しながら。

不謹慎な表現があるかもしれませんが、ご容赦を。




と、いうワケで3連休のお話です。


この3連休は
19日(土) あわすのスキー場で最後の練習
20日(日) 県連公認「タカンボーGSL」
21日(月) 県連公認最終戦「極楽坂大回転」
といったスケジュールでした。

予定していた大会が次々とキャンセルとなったため、この2大会が恐らく最終戦。

しかも最終戦は、あの、悪夢の極楽坂・・・・・。


結果はともかく、来シーズンにつながる『何か』を掴んでほしい。
そう思って臨んだ3日間でした。



連休初日は異動に伴う引越しの準備や引継ぎの資料作成などがあり、朝は奥方様にお願いしお昼からあわすのスキー場へ入りました。


あ、

そうそう。


異動先が決まりました。


『金沢』です。


ちょっと近くなりました。
多分、
遅刻回数は減るのではないかと。
多分・・・・・。




子供達の練習の方は、午前中はGSLトレーニング、そしてコンディションが悪化した午後は、ファミリーゲレンデで

『直滑降タイムレース』

国体選手から小学2年生まで、いろいろ工夫しながらタイムを競ってました。

トップシーズンではなかなかできない練習ですが、わずか15秒前後の『ただまっすぐ滑るだけ』でもコンマ5~1秒ほど差がつくんですね。

みんなよい勉強になったのではないかと思います。



そして、翌日の『タカンボーGSL』へと続くのでした。













↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
お詫びとご連絡
本来ならこの3連休の子供達の様子を書こうと思っていたのですが、その前にお詫びとご連絡です。

実は一昨日からRUKIの咳がひどく、土曜日は午前中で練習を切り上げ念のため病院へ。
診断では のどの炎症による咳、ということで昨日の『タカンボーGSL』そして本日の『極楽坂大回転』へ参加させたのです。

今朝も咳をしていたので、念の為出発前に熱を測ったのですが平熱だったため極楽坂スキー場へ向ったのですが、スキー場へ着いてから涙ボロボロ、鼻水ダラダラ・・・・。
花粉も飛散していたのでてっきり花粉症かと。

それでも今シーズン最終レースということもあり、本人も『今日は頑張る!』と。
もちろんオレも『頑張れ!』と。



無事レースを終え、自宅へ戻って熱を測ると38℃。

先ほど救急からもどったのですが、


『インフルエンザB型』


でした。


大変申し訳ございません。
近くにいたクラブメンバーには既にご連絡させていただいておりますが、この二日間、RUKIの近くに居た選手、父兄の皆様にはうがい・手洗いなど感染予防措置を講じていただくようお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。





尚、本人は予防接種を受けていたのでさほど熱も上がっておらず、つい先ほどまで元気にしておりましたが、リレンザが効いてきたのか現在は熟睡しております。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
お知らせ
連日の報道で被災地の状況を見ていると、本当に心がちぎれそうになります。

救援物資が届かない中、必死に頑張っていらっしゃる方々。
親族の安否もわからないまま被災地で医療やボランティアをされている方々。
また、原子力施設で放射能拡散を防ぐべく、命をかけて活動をされている方々。


言葉にできません。


今、平穏に暮らす事ができている我々にできること。


まずは、しっかりと前を向く事、なのではないかな。




さて、


一点お知らせです。


各地で大会などがキャンセルになっておりますが、子供達がお世話になっているクラブ主催で毎年行われているイベント、

『第9回プチ技術選』

が、今年も開催されます。
今回は、参加費の一部が義援金として寄付されるとの事です。


・ジュニアの部もあります。
・ジャッジは技術選でも上位で健闘されているデモの方々です。
・賞品も結構良いかもです。
 (因みにウチの子供達は大きなキャスターバッグをゲットしてました)
・近くには再来年全中が行われる極楽坂スキー場があります。
・当日申し込みOKです。



大会キャンセルなどで予定が未定の方、

是非ご検討を。


o0800113211098362192.jpg







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
安否連絡
東北地方太平洋沖地震。
大変な事になっています。

被災地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。


さて、こんな時にブログなんて書いてる場合ではないのかもしれませんが、数名の方から安否確認の電話やメールをいただきました。
ご心配いただきありがとうございます。

巷のウワサでは、
『ジャパンカップに向かって被災したのでは・・・・・』
『週末、RIRIやRUKIがどのスキー場にもいないのはおかしい・・・。』

などなど。


この場を借りて安否連絡を申し上げます。

家族全員元気です。


週末の我が家の予定は、苗場スキー場で開催される『ナスタージャパンカップ』でした。


金曜の夜23:00に福井を出発し、呉羽SAにて仮眠を取り翌土曜日のAM2:45に子供達を富山でピックアップし、ジャパンカップが行われる苗場スキー場へ向いました。

実はその時、
既にナスター協会のHPにて中止が決定されていたようなのですが、知る由もなく・・・・。

高速をひた走り、名立谷浜ICに差掛かろうとしたところ、突然ケータイから今まで聞いたことの無い着信音


名立谷浜SAに車を停め、ケータイを確認したところ

20110312041604.jpg


そして、間もなく大きな揺れ・・・・。



車載テレビでは栄村、野沢温泉村、津南・・・・・。
聞きなれた名前が・・・・。



正直、少し緊張しました。
しばらくここで様子を見るべきか、すぐに引き返すか。

引き返すにしてもトンネルは多いし海に突き出した橋もある。
もし、何かあったら・・・・。




しばらくして、奥方様より電話。

『すぐに帰ってきなさい。子供たちにもしものことあったら絶対許さんよ!』


すぐに戻りました。



無事、富山に着いたのも束の間、
現在福井にて原発関連の仕事をしていることもあり、念のため福井へ戻る事に。



一応、奥方様に

『できれば子供達を富山のスキー場へ・・・・。』
『そんな場合じゃないでしょ


と、いうワケで子供たちは久しぶりのオフとなったようです。



一方のオレ、
テレビを見ながら荷物をまとめております。


今できること。

節電くらいかな。

P1000088.jpg






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
決断
引き返します。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
平大回転を終えて  ちょっとひとり言
実は、ご愛読の皆様にお知らせがあります。

実はこの度、異動の内示がございました。
ええ、
たった1年で。

『ケンミンショーの東京一郎』の気分でございます。
まだオープンになってないのでハッキリとは申せませんが、
残念ながら

富山

ではありませんでした。

オープンになりましたらこのブログでも報告させていただきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、


平大回転を終えて、ちょっとだけひとり言。


■ひとりごと その1

今回のリザルトを見て、思った事があります。
(中学女子のリザルトはコチラ


タイムとか順位のハナシではありません。

『所属』

のハナシです。


学校名で登録している選手もいれば、クラブ名で登録している選手もいます。

因みにRIRIは所属しているクラブで一括申し込みしていただいているので『OHYAMAスポーツクラブ』となっています。


だから、何?
ってハナシなんですが。



とても『可能性』を感じています。


勉強も大事だけどスキーも大好き
トップ選手じゃないけどスキーも続けたい

きっと、そんな選手も多いはず。


そんな選手達に受け皿があれば・・・・・・。


高体連の行事は無理としても、そんな受け皿があれば可能性のあるこれからの選手達が、引退しなくても良いのではないだろうか。

もし、クラブ(またはジュニアチーム)が受け皿になってくれたら・・・・・。



競技者人口の減少にハドメがかかるかもしれませんね。



■ひとりごと その2

ダメダメ選手RIRIの選手生命引き伸ばしをいろいろ考えております。
本人は、
『今シーズンで一区切り』
と、考えているのかもしれません。
わかりませんが。

そこで、延命策をアレコレと模索しております(笑)

で、
とりあえず、『来シーズンの板買ったらこっちのもの』かな、と。
そう考えたワケでございます。

ええ。
『来シーズンの板注文したんだからちゃんとやれよ!』
と。


いや、別に無理して続けてもらいたいわけではないんですが、

『辞めちゃうとこのブログのネタ、無くなっちゃうじゃん』

ってのが本音かも(爆)

で、

早速作戦開始。


この日、いつもお世話になっているアクトさんが試乗会をやってたので、


オレ『せっかくの機会だし、いろんな板履いてみるのもいいんじゃない?』

と、営業キャリア20年の巧みなオレのコトバに誘われ、

RIRI『じゃ、ちょっとだけ。』


はい、
第一段階成功。



いろんなメーカーの板があり、本人も決めあぐねているようだったので、

オレ『わからない事があれば遠慮せずに何でも聞いてみればいいじゃん』
と、さりげなくアドバイス。


そんなオレの気持ちを察してか、いつもワガママを聞いてもらってるYO-SUKEさんも

『わかんない事あったら何でも聞いてね』

と、フォロー。


そしてついに、どの板に乗ろうか悩んでいたRIRIがひと言。


RIRI『どの柄がいいですか?』


オレ&YO-SUKE『・・・・・・・・・・・・。』


ええ。
バナナの皮があったら思いっきりすっ転びたい衝動に駆られました(笑)


でもね、YO-SUKEさん。
確かにラングブーツの専門的な知識も重要ですが、

『小悪魔的にいたずらっぽく履くならアトミック。でも、ちょっと背伸びしてオトナっぽく履くならストックリーもいいんじゃないかな。それとも、そのゼブラのバンダナに合わせてHEADってのもオシャレかも。』


的なトークもこれからは必要ではないかと。


え?
全く必要ない?


ですよね。



とりあえず、

スナップショット 11 (2011-03-07 7-25)
ミドリの板や

スナップショット 12 (2011-03-07 7-26)
アカい板、


楽しんでおられました。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
第34回 平大回転  その2
本来であれば、午後から始まったRUKIのレースを書くべきところなんですが・・・・・・・。


その前にレース後の話から・・・・。



RUKIのレース後、スタート地点でお世話をしてくださったマッチコーチがオレのところへやってこられて、

コーチ『RUKIパパ、ちょっとRUKIにヤキ入れてやってもいいですか?』
オレ『え??何かやらかしたんですか???』



コーチの話しによると、スタート前のRUKI、ずっと友達とペチャクチャ。
全く気合が入ってなかったらしい。
また、サポートしていたRIRIによると、
RIRI『アタシも注意したんだけど・・・・・』


とてもこれからレースに挑む選手の振る舞いではなかったらしい。




~~~~~~~~~~~~~~~~

レースの前に戻しましょう。



そんな事があったとは露知らず、ドキドキしながらRUKIのスタートをカメラ構えながら待ってました。


RUKIのスタートがアナウンスされ、カメラの録画ランプを確認。

準備万端で待っていたのですが、

しかし、彼女は降りてこず・・・・。


そして次の選手の選手のスタートがアナウンスされた。





RUKIは4旗門目で内倒、内足に過度の力がかかり、板がはずれ転倒。

結果、

DNF





大泣きで降りてきたRUKI。

スナップショット 14 (2011-03-07 7-27)



とりあえずナグサメてやり、


オレ『大きくなるために「平鍋」食え!』



この日、無料で振舞われた野菜やキノコ、肉がたっぷり入った平家鍋をヤケ食いされておりました。

スナップショット 15 (2011-03-07 7-27)


~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、前段のコーチの話に戻りましょう。



オレ『そんな事があったんですか。マッチコーチ、きっちり〆てやってください。』




閉会式終了後にみんなで記念撮影をし解散したあと、RUKIだけがコーチに呼び止められました。




本当に有難いことです。


オレは決してコーチと選手の間に入ることなく遠巻きに見守っておりました。


いや、
入る隙間がありませんでした。


コーチのその気持ち、伝わってくれればいいのですが・・・・・・。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
第34回 平大回転
さて、

週末2日目は県連公認大会である『平大回転』に出場しました。

今回は奥方様も帯同。
ええ、
サロモンの赤いポンチョで。

アレを着ると一段と大きく見えてしまうのはオレだけでしょうか。


前日のアトミックカップではサービススタッフに徹してくれたRIRI。
今回はもちろん選手としての出場です。


因みに今回もオレはゴール付近でウロウロしておりました。

この大会は中学生・一般の順でスタートし、小学生はお昼からのスタート。
というわけで、まずはRIRIの出場する中高一般女子の部。


コース前半はかなりの急斜面。
中間に大きく右へカーブする緩斜面があり、後半斜面変化から中斜面へと続く。

ゴールからは後半の中斜面しか見えません。


ウロウロしながら思い出しました。

ビデオカメラを構えて待ってても、今まで何度となく降りてこなかった事があった事を。


今回のスタート順は12番。
コースコンディションは上々。
最近、少しずつ調子を戻してきているだけに序盤の急斜面を失敗しても何とか下まで降りてきて欲しい、と思っておりました。

そしてRIRIのスタートがアナウンスされた。


・・・・・・・。

なかなか降りてこない。

一応ビデオ構えて待ってるんですが・・・・。

待ってる時間ってホントにヤですね。
本人は必死に滑ってるんでしょうが・・・・。



そして・・・・・・




でてきたー

スナップショット 1 (2011-03-07 7-17) 
緩斜面からの斜面変化。
いきなり結構オトされてました。
が、バーンが硬かったおかげでなんとかターン後半で外足エッジがかみ、


スナップショット 2 (2011-03-07 7-18) 
かなり大回りになったが無難に切り替え、

上手く処理したんですが・・・・・・、



スナップショット 2 (2011-03-08 14-26) 
ここです。
この左ターン。
ターンに入る前はしっかり内手が谷方向へ向いてたんですが、
その手を引いちゃうんですよね。


スナップショット 3 (2011-03-07 7-19)
スナップショット 4 (2011-03-07 7-19) 

その後も落とされては立て直し、を繰り返し



終盤の緩斜面でも、

スナップショット 5 (2011-03-07 7-20)
スナップショット 6 (2011-03-07 7-20) 

『組んでは解く~』
を繰り返す


そして、

最後の最後に・・・・・。

まるで、

おーっと!!

と、わざと言わせたいのか、

スナップショット 7 (2011-03-07 7-21)

 茶目っ気たっぷりにクローチング中の

『秘儀 外足ズラシ』




でも、
ご本人、

スナップショット 8 (2011-03-07 7-23) 

腕を伸ばして必死にフィニッシュ。


気になるタイムは・・・・・・。

繧ケ繝翫ャ繝励す繝ァ繝・ヨ+9+(2011-03-07+7-24)_convert_20110308144554 

1分04秒82




ゴール直後、
ゼッケン回収と引き換えにもらった参加賞のジュース。
すぐに飲んでました。

スナップショット 10 (2011-03-07 7-25) 

多分、
急斜面でやっつけられてノドカラカラだったのでしょう。



そして表彰式。

繧ケ繝翫ャ繝励す繝ァ繝・ヨ+16+(2011-03-07+7-30)_convert_20110308150055 

なんと、5位入賞。

相変わらず、上位の全中選手達には及ばないが、なんとか必死にくっついていってる、って感じかな。







次にRIRIがエントリーしている県内の公認レースは最終戦の

『極楽坂大回転』


ええ、

悪夢の県中のコースだ。



順位とかタイムとかではなく、


『自分にリベンジ』

してほしいと思う。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
アトミックカップほおの木予選 ~後編~
前回の続き・・・・。

もはや、気分はジャックバウワーです(笑)



第3駐車場へ車を停め、着替えてブーツ履いてゴール地点へ到着したら既に女子A組(低学年)が終了し、男子A組が始まっていました。


スナップショット 3 (2011-03-06 20-29)


約1分30秒のコースでスタート間隔は30秒。
レースはオンタイムで進行していた。

スナップショット 2 (2011-03-06 20-29)

アウディ、かっこいいな。

と、

そんな事を言ってる場合ではない。




恐る恐るRIRIへ電話。

オレ『今ドコ?』
RIRI『スタート着いたよ。ビブも受け取った。APPIやJURIも居るよ。スタートワックスはいつものやつでいい?』


とりあえず、ホッとしました。
意外と責任感が強いコなんですね。




で、RUKIに電話を代わってもらった。

RUKI『パパ、インスペできんかったんだけど・・・・・』
オレ『今からコースの説明をするから良く聞きなさい。』


そして簡潔に次のように説明した。

1.中緩斜面のコースで低学年もDFせずに滑れるセットだから安心して滑りなさい。
2.いつものレースの3倍くらい長いから、ゴールが見えるまで集中して滑りなさい。
3.次の次のポールを常に意識して滑りなさい。
4.危ないと思ったらブレーキかけていいから完走しなさい。



そして、

『詳しいコース状況はAPPIとJURIに聞きなさい。』



助かりました。
APPI,JURIそしてパパ達、ありがとうございました。



で、

おかげさまでゼッケン68番、RUKIスタート。


1本目は11位。
ノーインスペクションの割にはまずまずだ。

と、言うより
完走した事をほめてやるべきですね。



そして2本目。

本日、サービススタッフのRIRIに準備を任せRUKIと一緒にインスペクション。

スナップショット 1 (2011-03-06 20-26)

スタートハウス、かっこいい!!


で、2本目。

サービススタッフRIRIにスタートを任せ、オレ、ゴールで観戦。


スナップショット 4 (2011-03-06 20-30)

スナップショット 5 (2011-03-06 20-31)

スナップショット 6 (2011-03-06 20-32)

スナップショット 7 (2011-03-06 20-33)
スナップショット 8 (2011-03-06 20-34)


滑りに関しては、かなり悪いです。
完全に腰が回ってるし、いつも注意してる手も下がってます。

5年生なのに、未だに

『手を前に!』

っていつも注意されてるのはコイツくらいかもしれません。



ま、でも一生懸命ゴールしてくれました。


結果 10位



残念ながら表彰台には上がれませんでした。


が、

代わりにオレが・・・・・。



ジャンケン大会で準決勝進出

大人げなく子供に混じって親父一人
P1000085.jpg

そして、さらに大人気なく決勝進出

P1000086.jpg

ええ、
チビッコとタイマン勝負でございます。

もちろん、オトナらしく負けてあげました。
ええ、全力で負けました。
悔いはありません


奥方様がひとこと。

『アンタってほんとにモッてないよね。』










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
アトミックカップほおの木予選 ~前編~
ウチに帰ってブログの管理画面を見るとアクセス数が大変な事になっております(笑)
いつもチェックいただきありがとうございます。

なんだかプレッシャーを感じてしまいますが、今週も徒然と感じた事を書いていこうと思います。






先週末に引き続き、今週末も2連戦。

3月5日(土)アトミックカップ予選 ほおのき
3月6日(日)県連公認「平大回転」


まずはアトミックカップのハナシなんですが・・・・・。


ついにやってはいけないことやってしまいました。


実は前日の金曜日、仕事が遅くなった関係で土曜日未明に福井を出発する事にして、ケータイのアラームをAM3:00にセットして寝たんです。
子供達には『5:30には出発だから5:00には起きて準備するように』
と、電話し、オレも早めに寝たのです。

ええ、

決して飲みに行ってた訳ではありません。



そして、いつもと違うアラーム音で目覚めました。


それはアラーム音ではなく、奥方様からの電話でした・・・・・

AM5:40
奥方様からの『今ドコ??』の声で起床


AM5:50 出発

多分、道交法ギリギリの運転で

AM7:10 自宅着

子供たちと道具を積んで、今回の会場である『ほおのき』へ。


東海北陸道が開通してから交通量がかなり減った国道41号ですが、この日は土曜日ということもあり、大型トラックが・・・・。

受付は7:30-8:30
スタートは9:15


神岡を通過した時点で既に8時を大きく回っていた。


AM8:20 ほおのきスキー場へ電話
オレ『すみません、アトミックカップの関係者と連絡取りたいんですが・・・』
女の人『少々お待ちください』

保留音

アトミックの人『もしもし、電話代わりました』

オレ『すみません、ちょっとアクシデントがあり受付間に合いそうもありません。スタートには間に合うと思うのですが・・・・』
アトミックの人『・・・わかりました。ではゼッケンはスタートハウスに上げておきますので間に合ったら参加してください。くれぐれも慌てずに来てください。』



ところが、この日に限って平湯へ向かう道が、ところどころ凍結しており結構やばい

気持ちは焦るがスピードは出せず。

ナビの『到着予想時間』がどんどん後ろへズレていく・・・・。


AM8:40
助手席で寝ているRUKIを起こし、

『とりあえずアップしろ!』
『え?どうやって?????』


AM8:50
平湯温泉を抜けたところで安房方面へ行きそうになると言う痛恨のミス。
もはや一刻の猶予も許されない状況となってきた。

『とりあえず着替えてブーツ履け!』
『なんか今、道間違えんかった?』



そして、
AM9:00
スキー場へ到着。
が、
既に駐車場は満車・・・・。


とりあえず道端に車を止め、RIRIとRUKIを降ろし、

『とりあえずスタート地点まで行け!』
『パパ・・・気持ち悪くてちょっとムリ・・・・』


二人とも顔真っ青でした・・・・。


こうなると、頼みの綱はRIRI。

オレ『とにかくRUKIをスタートまで連れて行ってくれ』
RIRI『このスキー場初めてなんだけど、スタートってドコ?』

オレ『アウディのゼッケン着けてる選手を追っていけば多分わかる・・・はず・・。』

RIRI『パパは?』
オレ『多分間に合わないから、お前がRUKIをスタートさせろ』

RIRI『・・・・・わかった』

その時、

『前走スタート、3分前』

とアナウンスが流れた・・・・。






後半へ続く・・・・・。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
3月の予定 
早いもので、もう2月も終わりましたね。


1月末の福井の豪雪、一体なんだったのでしょう。
市内はもうすっかり雪がありません。

あっという間ですね。


さて、我が家の3月の予定です。

3月5日     アトミックほおのき予選(RUKI) 
3月6日     平大回転  (RUKI・RIRI)
3月12~13日 ナスタージャパンカップ(RUKI・RIRI)
3月21日    極楽坂大回転 (RUKI・RIRI)


の、4レースをエントリー。


シーズン後半は、敢えてRIRIの得意とする中緩斜面コースの牛岳GSLタカンボーGSLにはエントリーしませんでした。


何故か?


オレの一方的な思いなのですが、


『来シーズンにつなげて欲しい』


の、一言に尽きます。



あくまでもオレの個人的な希望であり、本当に来シーズンも彼女がスキーを続けるのかどうかは現時点ではわかりません。



でも、

RIRIが中学生になり、スキーを続ける事になった時に『中学3年間は続ける事』を彼女と約束しました。
(させました、かな。)
約束した以上、親としても続ける前提でいろんな事を考えてやりたいと思っています。


確かに、

RIRIが言うとおり
『このまま続けても中途半端な成績しか出せないんだったら勉強頑張ろうかな』
と言う気持ちもわからなくはありません。
正直、学校の成績も下の下ですし、内申はもっとサイテー。

彼女の気持ちもわからなくはない。


しかし、


ここでスキーを辞めて本当に勉強に専念できるのか、
というと、彼女のこれまでの行動を見る限り、

『ますます中途半端になる』

としか思えないのです。



ここ最近、中学選手のご父兄と「選手達の去就」について情報交換をさせていただいております。
オレもいろいろと考えております。

いろんな意見、いろんな考え方があります。

ただ、共通して言えるのは
親は親なりに、

「子供たちの事を何よりもイチバンに考えている。」

ってこと。


一方、子供達も子供達なりにいろんな事を考え、悩んでいるようです。

中学生にもなると、少しずついろんな事がわかってくるようです。

学校の成績の事、
スキーの事
将来の事
友達の事
経済的な事 ・・・・

などなど・・・。



きっと子供達もそれなりにいろんな事を考え、真剣に悩んでいるのでしょう。



ご存知の通り、今、オレは単身赴任の身。
週末のスキーだけが子供達とのつながりです。


その、わずかな時間の中で

「何か伝えたい」

と、思うのですがなかなか難しいです。




で、

得意の中緩斜面のレースで気持ちよーく滑って『思い出レース』にして欲しくない、ってのが本音。
急斜面でやっつけられて『くそー!来年こそは!!』と、なってくれればと・・・。


え?

逆ですか?




そんな親の気持ちなんて知る由もなく、クラブハウスで高いびきで寝ておられました。

P1000081.jpg




やっぱりココがイチバン居心地が良いのでしょうか(笑)






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
富山県学童スキー選手権 その2
学童当日の天候は曇り。
ただ、昨日とは変わりとても暖かい。

セット前、そしてセット後も硫安が撒かれた。
恐らく10袋くらいは撒いたのではないだろうか。

きっと今年の夏は草刈が大変になるだろう(笑)


さて、本日のコース。

スタート付近。
微妙にうねりのある中斜面。
10~14旗門目は緩斜面が続く。
スナップショット 4 (2011-03-02 20-58) 


そして急斜面への斜面変化。
コースは大きく右へカーブ。

スナップショット 5 (2011-03-02 20-59) 


そしてまたまた斜面変化。
次の旗門が見えないのでしっかりとインスペクションが必要。

スナップショット 6 (2011-03-02 21-00) 

そして今度は大きく左へ。

スナップショット 7 (2011-03-02 21-00) 



最後の急斜面を滑るとゴール。

スナップショット 8 (2011-03-02 21-00) 



オレはコース係をしてたんですが、やっぱり気になってちょくちょくRUKIのところへ。


スナップショット 9 (2011-03-02 21-03) 

今回、RIRIはサポート役としてRUKIの板のスタートワックスをしたり、小学生選手達のサポートをしてくれたようだ。

RUKIは5・6年女子の部へ出場。
6年女子が滑り終わり、いよいよ5年女子。
ゼッケン66番のRUKIはトップバッター。



RUKIですが・・・・。
昨日とは違い、気合の入ったスタートの瞬間。
オレはスリップクルーの順番を代わってもらいスタート付近でビデオカメラを構えた。

そしてスタート・・・・・。



え~、

ここで残念なお知らせがあります。

はい、
録画ボタンを押し間違え、映像がありません(涙)






RIRIのハナシによると、
『かなりカタかった』
とのこと。
昨日と比べどうだったか聞いたんですが、
『昨日は自分のことでイッパイイッパイだったからRUKIの滑り見てないし。』
とのこと。


結果、
59秒73 第8位

終わってみれば高学年女子はかなり熾烈な争いでした。
58秒台が3人
59秒台が5人
1分00秒台が4人。

そんな中、見事女子の部を制したのが、いつも仲良くさせていただいているJURI選手
本当におめでとうございます。




再来年には富山県で全国大会が行われます。
今回上位に入った選手はもちろん、参加した全ての選手に出場のチャンスはある。


みんなで切磋琢磨しながら頑張って欲しいと思います。



一方RUKIですが・・・・・・。

何故かゴールエリアで大泣きしておりました。

『ぐ、ぐやじぃぃ~~ 


悔しい、と思う気持ちは大事な事です。



でも、

その気持ちを今後の練習にぶつけてください。












↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
富山県学童スキー選手権
いよいよRUKIの今シーズンのメインイベントのひとつでもある『学童選手権』


さて、今シーズンここまでの戦績ですが、

①富山市民スキー大会(5・6年の部) 優勝
②OHYAMASC大会(5・6年の部)2位
③野沢ゴールドウインコンビ(K1) 4位
④夢の平GSL(小学生の部) 3位
⑤富山県チルドレン (K1) DNF 


前日の転倒で少し動揺してるかな、と心配してたのですが、本人は気合十分なようでした。
昨日レース後、何故転倒したか本人も十分理解していたようだし午後のフリートレーニングでは内肩が下がらないように自分で工夫しながらトレーニングしていたようです。


ただ、オレ的にはちょっと心配してる事がありました。
それは板の長さの事です。


前にも書いた事があるかもしれませんが、今シーズンはレースの結果を求めず基本トレーニング中心のシーズンにしようと思っておりました。
従って敢えて長い板を新調せず昨年履いていた151cmのジュニアGSで練習させていたのです。
身長140cmに満たないチビッコ選手には十分だろうと。


ところが、シーズンが始まってみると周りの同学年選手達が155~160cmの板を履いてるのを見て、

『やっぱりRUKIも長い板で滑りたい』


と、言い出し勝手にRIRIが6年生の時に使っていた167cmの板を使いたいと。


さすがにちょっと長すぎだろうと思ったのですが、本人が言う事を聞かないので
『朝イチのフリー滑走限定』
で許可しました。
中緩斜面が多いあわすので朝イチの人の少ない時間帯なら大きなターンで滑らせるのも練習になるかな、と。


ところが以来彼女は
『長板の方がスピード出る!!
と言ってこれまでのレースはほとんどこれで出場してきた。

幸い、今までの大会はセットが緩かったこともあり、結果的には好成績につながったのかもしれません。
しかし、前日の滑りを見る限り、明らかにムリしてターンしようとして腰が回ったり内肩が下がったり・・・・。


で、
前日の夜にRUKIとミーティング。


オレ『明日板どうする?』
RUKI『そんなん長い板にキマットルし
オレ『でも、板、たわんでなかったよ。』
RUKI『でも、あわすのだし長板じゃないとスピード出んし
オレ『そ、そーですか。わかりました。』



そして、当日の朝。


一応念のため、こっそりと短い板も積んで出発したのでした。



スナップショット 3 (2011-03-02 20-57)


2月27日、朝6時40分。
剣岳から朝日が昇ろうとしておりました。




その2へ続く。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
2011富山県チルドレンGSL大会 RUKI編

え~、
ちょっといろいろあり、更新ができませんでした。
このハナシはまた今度。


さて、2011富山県チルドレンGSL大会ですが、今年はRUKIも5年生となりK1クラスへ出場。
翌日は同コースにて富山県学童選手権もあるので RUKIにとっては前哨戦でもある。




いつもここ、あわすのスキー場で練習しているOHYAMA SCのメンバー。
今回はマッチコーチが時間をかけてじっくりインスペクションでアドバイス。


コース前半の緩斜面へのつなぎの片斜面。
スナップショット 1 (2011-02-28 20-03) 

コーチの手に注目ください。
しっかりと注意点を説明されてます。
一見真剣に聞いているようにみえるゼッケン64番のRUKI選手。

スナップショット 2 (2011-02-28 20-06) 

で、いよいよスタートです。

スナップショット 4 (2011-02-28 20-09)
 


しっかり漕いで元気良くスタートしていきました。

スナップショット 5 (2011-02-28 20-10) 


が、
3旗門目。

な~んか、内肩が下がってます。
 
スナップショット 6 (2011-02-28 20-11) 



5旗門目。
やっぱり内肩下がりで気持ち良~く滑ってます。

スナップショット 7 (2011-02-28 20-12) 

ええ。
いやな予感。


そして左下がりの微妙な片斜面の7旗門目。


いやな予感、

的中。

こうなって・・・・
スナップショット 8 (2011-02-28 20-13) 

からの~

スナップショット 1 (2011-03-02 20-23) 

消えました。


スナップショット 2 (2011-03-02 20-24) 


はい。
DNFでございます。


この日は朝も冷え込み、前日硫安を入れていただいたおかげで結構雪は落ち着いていました。
K1女子クラス、たった1名のDNF。



オレは次にRIRIがスタートするのでずっと上に居たんですが、RUKIもすぐにスタート地点へ戻ってきました。

オレのところへ走ってきて一言。

「く、くやしい~~せめて明日のために最後まで滑りたかった・・・・・。」


ま、

明日がんばりましょう。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。