スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ガマンは大事だ(笑)
ちょっと前のブログで「今年はアタフタせずじっくりと・・・・」と書いてたオレですが、ここ最近、携帯にオープン情報やらゲレンデ写真がバンバン入ってくる。
目に毒ですね。

ええ。
我が家はかなり浮き足立っておりますあせ

ブログでは偉そうな事を書いておりますが、特にオレが浮き足立っております(爆)

今日は軽井沢がオープンしたようですね。
明日からは奥美濃エリアも続々オープンするようです。


例年のオレなら「せっかく雪あるんだし我慢せずに行っちゃうか!」となるんですが、今年のオレはちょっと違う(笑)


想定済みでございます。


ええ、こんな事もあろうかと思い、ショップに子供の板を預けてあります。
これなら行きたくても行けません。


と、言うわけで我が家は今、かなり悶々としております。


で、


あまりにも可哀想なので、とりあえずブーツで我慢しております。

今シーズンのニューブーツ。

20091026_195503-800.jpg
モデルは亀仙人です(笑)
20091026_195624-1080.jpg



今年は21.5cmになりました。
ええ、まだチルドレン規格ですアップロードファイル
憧れのブースターは今年ももオアズケです。






20091031_201329-1080.jpg




目標の300kmまであと77km。



ガンバロウ。













スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
第2次ロードマップ
子供達がアルペン競技を始めて3シーズンが終了した。

ええ。

第1次中期計画の終了でございます。
子供達と共に楽しませていただいたアルペンスキー。
スキー技術は元より、いろいろな面で子供達は成長させていただきました。

不安と期待の初年度。
勝ちに拘った2年目。
いろんな疑問がでてきた3年目。



そして今年、新たなシーズンがはじまる。



3年間を一つの区切りとすれば、これからの3年間を親としてどのように子供達と関わり、そして育てていけばいいのだろう・・・・。

と、いう事で、現在「第2次ロードマップ」を策定中(笑)


RUKIは4年生~6年生。
RIRIは中1~中3。


いずれも重要な時期ですね。


いろいろと考えている事はあるし、昨年までと違い二人の子供達の環境が変わってくるので手段・手法は異なってくるかもしれない。


しかし、次の3年間。
つまり、「第2次中期計画」のオレの最大のテーマは


「継続」


これはRIRI・RUKI共通のテーマであり、オレの最重要課題だ。



3年後・・・・・・・・。

RIRIは中3
RUKIは小6


二人とも元気にスキーを続けてくれてれば・・・。
それが最大テーマです。


で、


オレはその時、子供達とどんな距離で、どんなポジションで子供達と関わっているのだろうか・・・・。


まずはRUKI。
この3年間を振り返ると彼女にとっては最高の3年間だったのではないだろうか。
「勝つ喜び」を経験する事ができた。
そして、「自信」につながった。

だが、これからの3年間はどうだろう。
確かに今まではいろんな面でアドバンテージがあり、それが勝利に結びついた。
本人も勝つことによってスキーがますます好きになった。

しかし・・・・。


恐らく成長盛りの高学年、技術の差はどんどん詰まっていくだろう。
また、体格の差もレースに影響してくるだろう。

一生懸命頑張ってもなかなか結果に結びつかない時期になるかもしれない。
勝つ喜びを知り、勝つことによってどんどんスキーが好きになった彼女にとって、恐らく辛い3年間になるのではないだろうか。

そんな事を想定している。

RUKIに対してのオレのこれから3年間のテーマは

「楽しく」「続ける」


勝ち負けだけではなく、スキーを通していろんな事を経験させてやりたい。




次にRIRIですが・・・・・・・。


う~ん・・・・。


彼女は勝つとか負けるとかとは別の次元でスキーを楽しんでいる。
ま、それはそれでRIRIらしくていいのかもしれない。

が、

次の3年間では新たな経験をさせてやりたいと思っている。

「楽しさ」の質を変えてやりたい。



ま、計画は所詮計画。
思った通りにはいかないんだよなぁ(笑)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
シロートなりに「アルペンスキーを考える」②
さて、こないだの続きでございます。

「超鋭角のピラミッド構造」
「しかも底辺も狭い」



スキーと他のスポーツとの決定的な違いは「オンシーズンが短いこと」
が挙げられる。


成長期の子供達にとって「滑走量」の差は目先の成績に大きく影響があることも事実だ。

現にウチの子供達も昨シーズン、一昨シーズンも11月中旬からほぼ毎週末雪上トレーニングをしてきたわけだが、確かにシーズン前半はよい成績を上げていた。


ならば、夏休みや秋に海外遠征をして滑走量を増やせばもっと目先の成績は上がるかもしれない。

確かに経験値の少ない小中学生のジュニア世代にとって、滑走量を増やす事は上達のスピードアップにつながる事は間違いない。


決してオレは小中学生が夏休みに海外遠征に行く事を否定しているワケではないし、冬休み前に北海道や中国へ遠征に行く事を否定しているワケではない。
むしろ、我が家に金銭的な余裕があればガンガン行かせているような気がする。いや、絶対に行かせているだろう(笑)


そう考えるとやっぱり
「スキーってお金をかけて上手くなるスポーツ」なのだろうか。

うん、
そういった側面もある事は否めない。


でも、


最近
「それだけじゃないだろう」
と、考えている。


特に小中学生にとっては体格的にも体力的にも精神的にもどんどん成長していく時期。
慌てずに少しずつ、しっかりと土台を作ることも重要なのではないかと。


来月に入ると近県のスキー場も続々とオープンする。
きっと子供達は浮き足立つだろう。
いや、それ以上にオレが浮き足立つに違いない(笑)





せっかく「スキー大好き」な子供達。
目先の成績だけを追わせて子供達の大事な気持ちをすり減らさないようにしてやりたい、と思っている。






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
富山市リレーカーニバル
ついにWC開幕しましたね。
お隣の岐阜県ではスキー場もオープンしたようです。

WCの方は昨日の女子GSでは星選手が出場したものの残念ながら途中棄権だったようです。
現在のところ、オリンピック出場枠は男女合わせて3名。
つまり、女子が出場するには前半のレースで上位に食い込み自ら出場枠を獲得しなければならない非常に厳しい状況だ。
とは言うものの、オーストリアなんかは第1シードの選手も五輪出場に向けしのぎを削ってるらしい。

厳しいけどがんばるしかないのだ。


次回のレヴィでは事前にタイムレースを行い出場選手を決めるそうですが、是非頑張ってほしいと思います。




さて、
冬も、もうすぐそこまでって感じですが我が家は地道にまだしばらくはオフトレを続けようと思っています。


RUKIは昨日、やまスポのメンバーとして富山市リレーカーニバルへ出場してきました。



1種目目は100m走。
STILL0053_20091025061345.jpg
一生懸命走りましたがタイムは伸びませんでした。
家に帰ってビデオを見ながら
「膝が内側に入ってる」
「手のフリが甘い」
「スタートの瞬間、膝が沈んでワンテンポ遅れている」
と、自己分析をしてました。


そして、午後からはリレー。
やまスポは女子は何とか4名集まり初の参加。

STILL0054_20091025061345.jpg
レース前のトレーニングを終え、IWASAKIコーチからアドバイスを受ける選手達。

STILL0055_20091025061345.jpg
レース前の点呼ではリラックスした表情でした。


さて、今回のメンバーですが・・・

STILL0067_20091025062453.jpg
第1走者RUKI(4年)
フライングが得意なだけにちょっと心配。

STILL0056_20091025061344.jpg
第2走者YU-KO(4年)


STILL0057_20091025061344.jpg
第3走者EMIRI(6年)


STILL0058_20091025061344.jpg
第4走者MIKU(5年)


殆どのチームが6年生を主体のメンバーで構成するリレーですが、やまスポは今回初出場。しかも4年生2名、5年生1名、6年生1名の構成だ。
勝負は厳しいかもしれませんが、何とか「心を一つにして」バトンをつなげてくれれば、と。


そして、いよいよスタート。

STILL0068_20091025062453.jpg


何とか無事にスタートしてくれました。


STILL0059_20091025061535.jpg
実際にはかなり遅れているとは思うが6レーンだったのでそこそこ善戦しているように見えました(笑)

STILL0060_20091025061535.jpg
そしてバトンはRUKIからYU-KOへ。
しっかり繋ぐ事ができました。


STILL0061_20091025061535.jpg
バックストレートでグングン加速し第3走者のEMIRIへ。


STILL0062_20091025061534.jpg
仲間を信じて懸命ダッシュのEMIRI。一瞬ヒヤッとしたが絶妙のタイミングでバトンが渡った。


STILL0063_20091025061534.jpg
3コーナーから最終コーナーにかけて前の選手を追い上げてくれました。

そして、アンカーのMIKUへ。
STILL0064_20091025061534.jpg
STILL0065_20091025061628.jpg
アンカーへバトンが渡りましたbikkuri01


そして、怒涛の激走bikkuri01bikkuri01


STILL0066_20091025061628.jpg

ホームストレートで一人かわしましたbikkuri01bikkuri01bikkuri01bikkuri01


いや~。
感動しましたうるうる涙


惜しくも決勝へは進めませんでしたが、4人とも本当によく頑張りました。
今回のリレーのタイムは   1分06秒56。

因みに午前中に行われた100m走の4人の合計タイムは  1分08秒50。


素晴らしい!


STILL0069_20091025062453.jpg


みんなの心が一つになったね。 





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
シロートなりに「アルペンスキーを考える」①
いよいよ今週末からワールドカップが始まりますね。
今年はオリンピックイヤー。
日本選手にも是非頑張ってほしいところです。

娘二人の親としては特に女子には頑張ってほしいですね。
ランク30位以内がオリンピック出場の条件となっているそうなので、結構高いハードルなのかも知れないですが。

でも、ナショナルチームの選手達のブログを拝見してると悪天候に悩まされながらも高いモチベーションを維持してトレーニングに励んでいるようだし、プライベートで目標に向かってトレーニングを積んでる清澤選手も頑張っておられるようだし、なんとか夢を掴みとってほしいと願っております。




さて、


本日はシロートのオレなりに「アルペンスキー」を考えてみたいと思う。

ええ、酔っ払いのたわ言です(笑)
軽~く読み流していただければと。




アルペン競技に限らず、どんなスポーツでもそのスポーツを発展させる為には

「突き抜けたトップ選手の存在」

「ボトム層の拡充・強化」

の両軸が重要であると思っている。



で、


どうなのよ、女子アルペン業界。

「突き抜けたトップ選手」
については客観的に見て同じ冬スポーツの中でフィギアスケートやモーグルなら、一般の人でも「浅田真央選手」や「上村愛子選手」などの名前がすぐに思い浮かぶでしょうが、アルペン女子の名前を問われると・・・・。
今でこそオレでもいろんな名前が出てくるが、3年前だったら「川端絵美さん」くらいしか知らなかったかも。

いろんな意味で注目されるチャンスが「オリンピック」
なんとかシーズン前半のWCで成績を出し、オリンピックでもガーっと盛り上がりたいですね。



次に
「ボトム層の拡充・強化」
我が家の子供達もその中の選手達。

親としては
「自分の子供が強くなってほしい」
ってのは偽らざる正直な気持ちだ。

でも、
ちょっと矛盾してるかもしれないが、
もっともっとアルペンスキーを楽しむ子供達が増えてくれたらいいのに、とも強く思う。


が、残念ながら年齢が上がる毎にアルペン人口が急激に減っているのも現実。
富山県においては現時点でSAJへ選手登録している女子はたったの36名。
(もちろん学連は除く)
因みに
中学生  24名(内1年生が12名)
高校生   8名
社会人   4名

超鋭角なピラミッド構造だ。

それほど過酷なスポーツなのだろうか。



少々酔いがまわってきたので次回へ続く(笑)。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
スキーが大好き
朝晩結構冷え込むようになってきましたね。
ここ最近の週末は何かとイベントがありホームゲレンデの草刈になかなか参加できなかったのですが、週末の日曜日に久しぶりに草刈してきました。

P1000398_convert_20091019210240.jpg

P1000397_convert_20091019210105.jpg


ゲレンデの草刈も間もなく終了ですね。

最近何となく、冬のニオイを感じます。



今年は一体どんなドラマティックなシーズンになるんだろうか。

期待と期待と期待と・・・とてつもない不安が(笑)



96年生まれのRIRIは今年から中学生。
99年生まれのRUKIは4年生。
あっという間の3シーズンでした・・・・。


そして、


間もなく始まる09-10シーズン。
子供達は負けても負けても今年もやる気マンマンのようです(笑)


「来週から○○スキー場がオープンするらしいよ」(RUKI)
「パパ、中国のペイタイ子ってどんな人?」(RUKI)
「で、初滑りはいつなん?」(RIRI)
等々・・・
いろんなところからいろんな情報が入ってくるらしく、
既に子供達は臨戦体制(笑)


でも、こうやって子供達と会話をしてると、上手い下手は別として本当に二人ともスキーが大好きなんだな、って思う。


子供達がここまでスキーが好きになれたのは、この3年間に出会った全ての皆さんのおかげです。


 「スキーが大好き」 

こればっかりは教えようと思っても教えられない。

上手い下手、あるいは勝ったり負けたり。
いろいろあるけど「スキー大好き」の気持ちは最も重要な原点であると思う。


シーズンインを目前にして
「○○さんはスキーやめたらしいよ」
と言った話もチラホラ聞こえてくる。



ウチの子供達、来年も再来年も

 「スキーが大好き」 

と、言ってくれるだろうか。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
体育の日
昨日は「体育の日絵文字名を入力してください」だったそうですね。

オレの記憶では体育の日って確か10月10日だったような気もするが、変わったんですかね。


オレはRUKIと
「富山県ダッシュ王選手権」
へ参加してきました。

RUKIが日頃お世話になってるやまスポのみんなと1日楽しく過ごさせていただきました。





場所は県総。
3万人収容の県内最大の陸上競技場です。
大型のLED表示装置にはスタートリストやリザルト、競技中の映像まで映し出され、気分は世界陸上でした。

と、言っても決して競技者だけの敷居の高い陸上競技ではなく、下は2歳から上は60歳代まで、誰でも気軽に参加できるとても楽しいイベントでした。



「ヨーイ!」
STILL0046_20091012235217.jpg
50mダッシュはスタートが肝心。
緊張の一瞬。


STILL0047_20091012235216.jpg
ピストルの合図が待ちきれず勝手にスタートしてしまったRUKIあせ
ええ、フライングです。


STILL0048_20091012235216.jpg
今回のルールではフライングした選手は「30cm」スタート位置を下げられる(笑)



で、気を取り直してスタート!銃(リボルバー)SW 60

STILL0049_20091012235215.jpg
スタートの反応は良く最初の10歩くらいは最高だったんですが・・・・


STILL0050_20091012235214.jpg
みるみる差を広げられ・・・・・。



STILL0051_20091012235214.jpg

でも、ゴール後、やまスポの同級生で仲良しのYU-KOちゃんと笑顔のゴールでした。
因みにこの二人、同い年なんですが身長差やく20cm。



実は参加する前は
「50m走2本で1日拘束かぁ・・・」
と、内心引き気味だったんですが、とても楽しい大会で大満足でした。

いえ、決して抽選会でエナメルバッグが当たったからではありません(笑)




え~と。


このブログでRIRIの動向を楽しみにしてらっしゃる方が何名かいらっしゃるようなので、一応報告ですが・・・・・。




中間テスト間近な為、1日自宅で軟禁されてたようです(爆)







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
威風堂々(笑)
昨年に引き続き、本日は
「第13回ほたるいかマラソン」
へ子供達が参加してきました。

ええ、

本人達はドン引きでしたが(笑)

以前も書いたとおり、今回は高橋尚子さんがスペシャルゲスト。
STILL0033_20091011200553.jpg

子供達とはウラハラにオレだけテンション絵文字名を入力してくださいでした。


3km(小学4~6年女子)の部に出場したRUKI。
スタート直後、押されて危うくコケそうになりながらも元気にスタート。
STILL0034_20091011200553.jpg

ラスト100mではスパートも見せてくれました。
STILL0035_20091011200552.jpg


一方RIRIですが。
今回もどんな言い訳をしてくれるのか毎回楽しみになってきたオレ(笑)


で、
5km(中学生・一般)の部スタート。
STILL0036_20091011200552.jpg
当然この中にはいない。



オレはRUKIの時と同様、「ラスト100m」で待ってたんですが。
殆どの選手が通過した後、余裕の表情で走って来られました。


ビデオを向けてるオレも結構恥ずかしかったんですが、
思わず
「ラスト!ガンバ!」
と声をかけてしまいました。

ええ、

人目もはばからず。



そしたら彼女、

STILL0045_20091011202148.jpg

にっこり笑って
「ムリ!」
と、ひと言。


軽やかにゴールされました。

ええ、
威風堂々としたゴールでした。

さすがです。


多分、ゴール直後の心拍数の低さは他の選手を圧倒していたに違いない(爆)


ホントは中間テストも近いので、午後はフリーにしようと思ってたんですが、きっと彼女は午後のトレーニングの為に体力を温存していたのだろう。


そう感じたオレは午後からツリスを履かせて坂を何度も登らせたのは言うまでも無い(笑)

STILL0043_20091011201231.jpg
STILL0044_20091011201231.jpg


それでも彼女はニコニコしてました・・・・・涙












↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
サッパリ!
台風一過。
カラっと晴れるかな、と思ってたんですが、生憎のサッパリしない天気の連休初日でした。

気分だけでも、と思い朝7時から久しぶりに「越の湯」で朝ブロ。
そして、散髪に行ってきました。

ええ、
気分はサッパリです。

子供達は
「パパ、また猫ヒロシにしたん?」

変な汗

そんなに猫ヒロシですかね?


さて、


今日は久しぶりにゆっくりさせていただきました。


ホントは先日の「北陸インラインCUP」のPVを作る予定だったのですが、まだ素材が集まってなくて、またまたRIRIのPVを作ってしまいました。


いや~涙


決してRIRIは速くなってないんですが、オレの映像編集技術だけがどんどん上達していってる様な気がしますあせ






さて、

明日は「第13回 ほたるいかマラソン」です。
今回は、なんと3,000名近くのランナー達が集結するようです。

恐るべし、マラソン人口。

それもそのはず。
今回のゲストはあの「高橋尚子さん」



一応、RIRIとRUKIが参加する予定ですが・・・・・・。
ま、今回は二人とも全く準備をしていないし、させてもいません。
おまけにRIRIは今日まで風邪気味でダウンしてました。

とりあえずは踏み潰されないように走ってくれればと。











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
フィナーレ 大爆笑の団体戦!
さて、北陸大会の名物となりつつあるのが

「団体戦」

技術選種目が終了し、最終日の午後に実施されました。

以前から練習を積んできたチームもあれば、その日戦ったメンバーと即興で構成されるチームもあり、大変に盛り上がった。

特に今回は学生チームの参加も多く、活躍が素晴らしかったです。
なんか、「部活!」「青春!」って感じでした。
彼らのおかげで更に盛り上がりましたね。
地元の富大、県立大をはじめ、新潟大、信州大の基礎スキー部のみなさん、本当にありがとうございました。



え?
全然わからない?
ではちょっとだけダイジェストを。



前回の大会で
「点数上げてぇ~bikkuri01ハート
で、見事優勝したRUKI達teamYONEジュニア。
今回は多くのチームがその傾向と対策をしっかり押さえ、ゴール後パフォーマンスを披露してくれた。
中にはジャッジの嗜好とかけ離れたパフォーマンスで最低点を叩き出したチームもありましたが(笑)


RUKI達teamYONEジュニアは今回初参加のYUKAちゃんがわざわざこの団体戦の為だけに京都から駆けつけてくれました。
ほとんどぶっつけ本番だったけど、よくまとまっていました。

ジュニア点、京都からはるばる点が加算され、3位入賞。

20091004_140850-640.jpg


こうして、大爆笑の渦の中「第4回北陸インラインスキーCUP」は閉幕した。







え?
RIRIのハナシはどうなったかって?


ほんっとに我が娘ながらダラにもダラにも・・・・・涙

前回の「敵前逃亡」ですが、手首のプロテクターを着け忘れ、取りに戻ったようです。
で、本来なら完全ブッギリのMIHOが女子エリートの部のオオトリを務めるはずだったのが、女子の最終滑走者に・・・・・・涙


結果・・・・・。
最終種目も何とか種目2位となる点数を出し、総合4位。

STILL0030_20091006204319.jpg

何故か本人は満面の笑みでした変な汗











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
て・・・敵前逃亡????
え~涙
やっと最終種目まできました。


最終種目は「総合滑降」


この種目は前日の順位の下位からのスタートとなる。
RIRIの滑走順は7番目。

果たしてこの種目で意地を見せてくれるのでしょうか。
そんな淡い期待を抱きながら下の方でビデオを構えてました。



そして、いよいよRIRIがスタート位置に着いた。

STILL0024_20091004224953.jpg

が、何やら様子がヘン・・・・。
実はこの日、我が家の奥方様がスタート係のお手伝いをしていたんですが、何やら揉めている。


で、


STILL0025_20091004224949.jpg


スタート直前で何と逃げ出しやがったえぇ

下からは一体何が起こったのか、さっぱりわかりません。

え?
もしかして・・・・

ドタキャン???

まさか、


敵前逃亡?????



全く状況が掴めぬまま、何事も無かったかのように競技は進行して行ったのでした・・・・・。



つづく(笑)







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
尻に火・・・・
さて、
初日に転倒し大きく順位を落としたRIRI。

その日の晩御飯は、順位を落とした事よりも数少ないジャージを破いた事に対し、奥方様が激怒していた(笑)

表彰台まで8点差。
翌日も2種目。

正直厳しい点数差。

でも、ちょっとは意地を見せろと。

言わなかったが(笑)


そして迎えた翌日、最終日。


快晴です太陽2
STILL0018_20091004224529.jpg

珍しく、会場へ着くなりRIRIはそそくさと準備し、この日最初の種目となる「小回り規制」の練習を開始し始めた(笑)
多分、かなりの本数を滑り込んでたようだ。

やっと尻に火がついたらしいがーん

時折アドバイスを求めてきたので、とりあえず

「メリハリ」

とだけ伝えておいた。

そして競技開始。

STILL0019_20091004224528.jpg
STILL0020_20091004224528.jpg
STILL0021_20091004224527.jpg
STILL0022_20091004224527.jpg

STILL0023_20091004224527.jpg

若干ジャッジの点数にバラツキはあったが264点bikkuri01
この種目2位となる高得点をゲット。

そして、技術選最終種目の「総合滑降」へ臨んだのでした。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
よいクスリ(笑)
や、やばいです。
顔が涙

アスファルトに焼けて焦げコゲです涙
かなり、ヤバい風貌になってしまいました。
え?
元々?


さて、

本日は『北陸インラインスキーカップ 第2日目』

の、前に初日午後に行われたRIRIの技術選の模様をお伝えします。



さて、今年から中学生になったRIRIは女子エリート(一般)の部へ出場。

初日は、
・大回り
・小回り
の2種目。

そして翌日は
・小回り規制
・総合滑降
の4種目の合計点数で争われる。

そして、昨日は初日の2種目が行われた訳だが・・・・・・。
1種目目の大回りは4位。

uvs091004-001.jpg
uvs091004-002.jpg
uvs091004-003.jpg



ま、相変わらずの頑張ってるのか流してるのか解らない滑り変な汗


そして迎えたこの日2種目目の小回り。

uvs091004-004.jpg
ギャラリーの見守る中、余裕の表情。
多分、自分のポジションを決めていたのでしょう。

uvs091004-005.jpg
uvs091004-006.jpg
無難な滑りだった。
ある意味、何の緊張感も無い練習通りの滑りだったのかも知れない。


そして・・・

uvs091004-007.jpg

この画像の直後、ゴールラインの2m手前・・・・。
まさかの転倒。

ハイ。
またまたやってくれました。

幸いジャージを破いたのとアゴを擦り剥いた程度で済みましたが。

結果、大きく順位を落とし2種目終わって8位。
表彰台には程遠い点差となってしまった。


良いクスリですね。


そして、翌日の技術選後半戦へと続く。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
アルペンの部 RIRI
さて、
RIRIは本日AMアルペン競技、そして午後から技術選の初日種目(大回り・小回り)を行った。

通常なら県内の中学生陸上部は「富山県中学生駅伝」のはずなのだが・・・・あせ


で、アルペン競技ですが・・・・。
タイムはともかく、結構課題を意識して滑っていたようです。

ええ、
タイムはともかく・・・・・涙


STILL0005_20091003223235.jpg
STILL0006_20091003223235.jpg
STILL0007_20091003223234.jpg

強いて言えば・・・・
ヤッパやめておこう。


続いて行われたSLもまあまあか。
STILL0015_20091003223634.jpg
STILL0016_20091003223633.jpg

強いて言えば・・・・
ヤッパやめておこう(笑)

先週の優勝に続き、今回も表彰台ゲット。
STILL0017_20091003224519.jpg


オレ的には、この嬉しそうな顔が憎い(爆)









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RUKIのジュニア戦
さて、本日の第一種目はアルペン競技。
GSL1本、SL1本の合計の順位にて争われた。

まずはジュニアの部。

先週の野沢カップでは見事2日目優勝をキメたRUKIですが、今回は小学生男女混合。
しかも今回はトータルSPやNAOKING師匠率いる石川の河内ジュニアなど強豪が揃い、RUKIは惜しくも、
GSL 7位
SL 6位
総合7位という結果に終わった。

多分RUKI的には、今年はRIRIやSHUNTAがエリートクラスへ移行した為当然自分が上位に入ると思っていただろう。

ところが1本目のGSLでは本人まさかの7位涙

決して失敗したわけではない。

STILL0001_20091003214628.jpg
STILL0003_20091003214627.jpg
STILL0004_20091003214627.jpg


で、多分本人は焦ったんだろうね。


起死回生を狙ったSLでは結構気合が入っていた。
STILL0008_20091003215711.jpg

STILL0012_20091003215710.jpg
ポールをなぎ倒しながら攻めたんですが、


勢いあまって

まさかのブレーキ(笑)
STILL0010_20091003215710.jpg



表彰式では名前を呼ばれること無く、体育座り。

STILL0013_20091003220242.jpg

さすがに表彰選手を拍手する余裕は無かったようだ(笑)


午後からの技術選では何とか4位をゲットするものの、本人的にはかなり不満だったようだ。

STILL0014_20091003221831.jpg

でも、米丘さんに「おめでと」と祝福され、ちょっと笑顔に。

そして、

表彰式終了後、ちゃっかり2006トリノ五輪代表の生田選手とツーショット。

20091003_163037_convert_20091003221247.jpg


今回はRUKI的には悔しいジュニア戦となったが、その悔しさはきっとこれからの2ヶ月間を考えると、良いスタートになったのではないだろうか。



と、言う事で次回はRIRI。

今回も、しっかりヤッテくれました(笑)











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
第4回 北陸インラインスキーCUP  初日
ヤバいです。
ええ、オレの髪の毛。
今週末も散髪に行けそうもありませんがーん

ま、そんな事はどーでもいーですが、本日は
「第4回 北陸インラインスキーCUP 」
でございました。


午前中はアルペン競技。
RUKIはジュニアの部(小学生男女混合)
RIRIは女子の部(中学生~一般)


とりあえず、子供達の結果ですが、
RUKI 順位不明(入賞できず 顔
RIRI 3位 アップロードファイル


いやいや・・・・・。


思わぬトコロで「刺激のタイミング」が ニヤニヤ


これからの彼女達の2ヶ月間にとって、

最高のスタートとなったかもしれない。




詳細は後報を待て。

STILL0002_20091003202401.jpg














↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
10月です
いよいよ10月突入しましたbikkuri01

5月のGWにシーズン終了した時は、
「あー。これから長~いオフシーズンかぁ・・・」
と思ったものですが、気がつくともうすぐ冬ですね。

と言ってもあと2ヶ月はあるからちょっと気が早すぎか(笑)


そう言えば昨年の今頃は何してたんだろ?と思い、昨年10月のブログを読み返してみた。


オフトレのことも書いてありました。
(その時の記事はコチラ)


そうなんだよな。

昨年のオフトレは2年後、つまり09-10シーズンの事を考えて試行錯誤しながらアレコレやってたんだよな。

そういう意味では今オフトレはまだまだ準備不足。


確かに1日でも早く雪上に立てば「滑走量」は増える。
当然「滑走量」の分だけ上手くなるだろう。

じゃ、「滑走量勝負」なのか?

確かに滑走量を稼げばその分だけは上手くなるだろう。
だが、オレは決してそれだけではないと思っている。






子供達が競技スキーを始めて今年が4シーズン目。

例年は11月初旬から、なんだかんだとスキーに行っている。
おかげで確かにシーズン前半はアドバンテージがあることは確か。

が、・・・・・・・・・。



今年はどうしようか・・・・、と考えている。




とりわけRIRIに関しては今年から中学生。
全中予選は1月初旬。


例年通り、早めに雪上トレに入り滑走量を稼ぐってのも手だが、所詮は週末くもの糸のような人工雪で滑らせるのが我が家の精一杯。

一方、強化選手達は12月に入ると約1ヶ月間北海道でのトレーニングに入る。


「滑走量」だけでは勝負にならない。


ま、
そんな事を考え、この2シーズンあれこれオフトレをやってきたんですがね。



これからの2ヶ月間・・・・・。


黙って見守って行きたいと思っている。

全ては彼女次第。


かな。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
今週末は「第4回 北陸インラインスキーCUP」
先週の野沢温泉カップの興奮がいまだにおさまらないオレですが、今週末も地元富山で行われる
「第4回 北陸インラインスキーCUP」へ子供達が参加です。

え?
オレですか?

実は今大会は40歳以上の「シニアの部」が新設されたので挑戦しようかな、と思っていたのですが、腰の調子が悪く、断腸の思いで今回は断念する事にしたあせ

今年で第4回を迎えるこの大会ですが、ウワサによるとすごいゲストが来るとか来ないとか。


楽しみです。



子供達はアルペン競技・技術選・団体戦にそれぞれのカテゴリーで出場する。



北陸大会の素晴らしいところは、参加選手の年齢層が幅広いこと。
小学生の参加もとても多いし、還暦を過ぎた超ベテランの先生方の参加も多い。


これって、なかなかできないことですよ。


いろんなレベル、そして幅広い年齢層のスキーヤー達が楽しめる大会だ。



そして、もう一つの特長が「団体戦」


練習を積んできた来たチーム、当日の参加者で作った即興チームなど約20チームが演技を繰り広げる。


因みに昨年の団体戦、RIRIとRUKIとKANATAの3名で前日構成された「teamYONE Jr.」の演技がこれだ。



今年はRIRIが脱退し、新たに京都のYUKAちゃんが新メンバーとして加わるらしい。




晴れたらいいな。





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。