スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ルーキーズ
今週末もぐずついた天気でしたね。

RIRIは土日陸上の「市体」で五福競技場へ。
(このハナシはまた後日・・・)

奥方様も本日は朝から仕事で今日は久しぶりの

RUKIと二人の休日でした。


晴れてたらどこかでインラインでも、と思ってたんですが、生憎の雨。


で、

二人で映画へ行ってまいりました。


ハイ、

「ルーキーズ」でございます。


え~・・・・・。
実はオレ、映画ってホント久しぶり。
確か、前回は多分「忍者ハットリくん」だったと思うあせ

いやね、別に映画嫌いじゃないんです。
でも、何故か「ハットリくん」以来行ってませんでした。


朝8時に出発しファボーレへ。

P1000365.jpg


ええ、まだ開いてませんでしたあせ

20分ほど待っていざ数年ぶりの映画館。

P1000367.jpg


定番のポップコーンとコーラを買って二人でウキウキでした(笑)


さて、映画の内容はというと、もうベッタベタのスポ根モノ
わかりきったストーリーなんですが・・・・・。

ええ、わかっちゃいるんですが不覚にも涙腺が・・・・・あせ


思い出しました。

確か前回のハットリくんの時も涙腺が・・・・。
そう、
あの時、
もう子供達と映画は行かない事にしよう、
と、
心に誓った事を思い出してしまいました。



久しぶりのRUKIと二人でデート。

楽しかったです。






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ruki's
昨シーズンのブログを振り返ってみると結構RIRIネタばっかりだったんですねあせ

確かに昨シーズンはRIRIが6年生ということもあり、オレもそれなりにRIRIの事を考えたシーズンでした。

が、しかし・・・。

ちゃんとRUKIの事もしっかり見てました。


と、言うわけで親バカ満載のRUKIの08-09PVを作ってしまいました(汗)
決して最近週末が雨だったから暇すぎて・・・・ってワケではありません。


ま、とりあえずよろしければ見てやってください。






昨シーズンのビデオを編集してて気付いた事があった。
偶然撮ったRUKIのゴールシーン。

ラストレースとなったシャルマンiceteeカップの2連戦。

uvs090525-001.jpg

uvs090525-002.jpg




思いっきり手を伸ばしてゴールしてた。



昨シーズンのRUKIは2位が多かった。
中には100分の数秒という僅差のレースも何度かあった。


そしてシーズン最終の2連戦。


結果は2戦とも2位でシーズンを終えた。


必死に手を伸ばして・・・・・・

勝ちたかったんだろうな。


2位でも十分立派な成績です。
でも、
きっと彼女は、例え僅差でも優勝と2位の大きな違いを感じていたのでしょう。


だから必死に手を伸ばしてゴール・・・・・。


その気持ち

きっといつかいいこともあるでしょう。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
親子インライン教室
本日、太閤山ランドで「親子インライン教室」へ講師キラキラとして参加させていただきました。



前日夜に
「明日の予約は1組3名の親子です。」
と連絡をいただき、

オシッ

と、気合を入れ、海野さんのDVDを見て当日に臨みました。


が、

当日会場で準備をしてると、何と10名の親子があせ

20090524_095621.jpg


更に講習中も続々と増え、最終的に8家族18名が・・・・。


完全にオレのキャパをオーバーしてますが、嬉しく楽しく過ごさせていただきました。


こう見えても実は前日、結構アレコレ考えました。
「技術を教える」
ならばオレよりも上手い人達はたくさんいる。

そんな中、せっかく来ていただいた方々にオレが何を伝えられるのだろうか・・・・。




で、当日です。



緊張した親子と緊張したコーチ(笑)のご対面。


いや~、いろいろやりました。
「立つ、座る」から「歩く、滑る」「止まる」「曲がる」・・・・。
子供達を飽きさせないよう次から次へと・・・・・。

もちろん、たった2時間の講習でいろんな事ができるわけではない。

でも、
出来ても出来なくても、「褒めながら」次から次へメニューをこなした。


今回の教室でオレが最大のテーマとして伝えたかったのは、
子供達が

「また、パパ(ママ)と一緒にインラインで遊びたい」

と、思ってもらえたらなと。


オレなりには一生懸命やったつもりなんですが、参加された皆さんはどうだったんだろ。




今、こうやってオレが講師をしてること自体、3年前に子供達とインラインをはじめた時には想像すらできなかった。
でも、今こうやって「伝える立場」で講習させていただける感謝の気持ちと楽しさが少しでも伝わればなと。


インストラクターとしてはまだまだです。
「教える」技術も「導く」こともできませんが、

何かが伝わってくれればと。






この日の最後のメニューの

「リレー」

初心者の親子教室のメニューとしてはちょっと無謀かな、と思いつつもやっちゃいました。


初めて会ったはずの親子達、一丸となりました。
遅れても最後まで頑張った子に拍手や応援の声。




次回はもっと工夫してがんばろっと。



PS.
KINちゃんお疲れ様でした、そしてありがとう。
次回も楽しみながら頑張りましょう。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
招待状
今週末の土曜日は小学校の運動会だそうです。
昨年はRIRIの小学校最後の運動会、ということもあり
奥方様の助言で観に行ってきたわけですが・・・・・・。



それまでは全く興味が無く、行った事が無かったんですよ。
ま、昨年はたまたまです。




で、

今年も運動会のシーズンがやってきました。


RUKIが
「はいコレ」
と言って渡してくれたのは運動会のプログラム。


IMG_20090522010359.jpg



う~ん・・・・。



ちょっとだけ


観に行こうかな(笑)









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
お知らせ ~親子インライン教室~
いや~あせ
仕事が劇的に忙しいですあせあせ

年ですね。
疲れが取れません。


さて、


今週末の日曜日

親子インライン教室

が、開催されます。

この教室は初心者向けの体験教室で、初めての方でも安心して参加できるようです。
道具の貸し出しもあるそうです。
因みにワタクシもスタッフとして参加します。

興味のある方はお気軽にご参加下さい。



午後からは、常願寺公園で先週雨のため延期になったteamYONEの練習会も開催されます。
こちらはインラインスケートを利用したスキーのオフトレの練習会です。
新規会員も随時募集中です。多分。



以上、お知らせでした。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
09インライン初め
さとと-青い傘ですね。

今日はteam yoneのインライン初滑り会の予定だったんですが順延に・・・・・涙




ま、こうなる事はある程度予測してたので昨日の午前中、久しぶりに3人でインライン。
RIRIも復帰し今シーズン初のインライントレーニングでした。

さて、
昨年はスキーのターン要素を分解したトレーニングを行ってきたわけですが、十分に効果があったかな、と思っています。
2シーズン目ということもあり、雪上トレーニングへもすんなりとは入れたし。

ただ、課題もありました。
インラインの場合、外足一本でのターンってかなり難しい。
スキーなら外足と内側の肩の軸でしっかりと外足荷重させるトレーニングとして内足を上げてクロスさせる練習をよくさせますが、インラインだとできないんですよね。


昨日、RIRIのインラインでの滑りを見てて感じたのが、
・内足の股関節や足首の関節が殆ど稼動していない。
・内足が前に出ている。
特に右ターンにおいて顕著。

《RIRIの8の字クロススケーティング》
STILL0069_20090517172914.jpg STILL0070_20090517172920.jpg STILL0071.jpg

《RUKIの8の字クロススケーティング》
STILL0074_20090517172945.jpg STILL0072_20090517172933.jpg STILL0073_20090517172939.jpg 

この時は外腰・肩がかなり開いていたので腕を前に出しての8の字クロスをしていたのですが、内側の股関節・膝・足首の稼動領域が狭く棒立ち状態。変な汗


このことはスキーでも全く同じで右ターンがひどかった。

インラインの癖が原因なのか、元々スキーでできないからインラインでもこうなっってしまうのかはわからないが来シーズンまでに少しでも何とかしたい大きな課題の一つだ。


そこで、今シーズンのインラインですが・・・・。

あまり、見た目のスキーに近い動きにとらわれず、股関節を中心に各部の関節を連続した運動の中で自由に動かせるようなトレーニングをして行こうかな、と思っております。


おそらく平地中心になると思いますが、ホッケーやスラロームなど、遊び要素を入れながら楽しくできればいいかなと。




と、




来シーズンに向けてアレコレと考えてるのはオレだけ 涙








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
根性合宿を終えて・・・
素晴らしい天候に恵まれ、1泊2日の「根性合宿」は誰一人怪我人や脱落者を出すことなく無事に終了した。
夕方、立山駅で解散した時にはみんな自信に満ちあふれた表情で、なんだかひとまわり大きくなったような気がした。


今回もお誘いいただき、合宿を企画・サポートしていただいた天狗平山荘の賢輔さん、スタッフの皆さん、そして合宿に参加した素晴らしい仲間達に心から感謝申し上げます。


ホントにあっという間の2日間でした。


以前も書いたが昨シーズンのRUKIはどことなくこじんまりした滑りだったように思う。
シーズンの滑走は約40日。
そのほとんどがポール練習だったりレースだったり。
本人はいつも一生懸命滑っていた。

オレもいつのまにか「レースに勝つことを目標に」スキーをさせていた。

「手を前に」「モモを立てて」「板を横にするな」
1本1本出される指示に懸命に応えようと頑張っていた。

そう言えば昨シーズン、コーチから
「今日、RUKIなんか元気ないですね」
と、何回か言われた事をふと思い出した。






立山で過ごした2日間、RUKIは別人のようだった。
手は下がってたし腰も落ちてたけど
本当にイキイキと滑っていた。

何より、ものすごく楽しそうだった。

「原点」

なのかな。



立山での最後の1本
「これで冬までしばらく滑れんから自由に滑ってこい」と、声をかけた。



彼女は一回大きく息を吸い込んで、
急斜面を思いっきり蹴ってフォールラインに向かってクローチングを組んだ。

STILL0051_20090513000053.jpg


ありがとう、立山。















↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
根性合宿 2日目 ~点になったRUKI~
【合宿2日目(最終日)】

ひどい二日酔いで目覚めました。
ええ、あまりにも泡盛がおいしくてあせ


6時半の朝食にギリギリ間に合うものの全く食欲なし。
呑み過ぎました。

宴の後半の記憶が定かではない。
が、時間と共にところどころ記憶が蘇えってきた。

しまったbikkuri01絵文字名を入力してください




そうなんです。
昨晩の宴で盛り上がり、
「明日は国見岳へチャレンジしよう!!」
となったのでした。
しかも、言いだしっぺはオレだったかも。




AM8:00山荘を出発しスタート地点の室堂ターミナルへ。
ターミナルの階段を上り外に出るんですが、階段を上る時点で既に足が鉛のように重い。
外に出ると太陽が眩しすぎて二日酔いが更に強烈に・・・・・。



さて、本日登る国見岳(2,621m)
遥か遠くに見える。

STILL0035_20090512233020.jpg
遥か遠くに登山者が。写真じゃ見えませんね。

STILL0036_20090512233107.jpg
拡大するとこんな感じで登ってます。




室堂から国見岳のふもとまではなるべく高度を下げないようにトラバース。
行けるところまでスキーで行って、いざアタック開始。
STILL0038_20090512233416.jpg



最初は緩いのですが徐々に急斜面に・・・。
後半は多少緩くなってるようなので登っても登っても全然山頂が見えない。

段々と隊列もバラけてくる。

STILL0039_20090512233458.jpg


この日も快晴で気温が高くすぐに汗が吹き出てきた。
おかげで二日酔いも吹っ飛びました。


案の定、RUKIとSATORUが遅れだした。

いつまで続くかわからない急斜面に心が折れそうになっているのがわかる。


10歩ほど進んでは休憩。
どんどん休憩時間が長くなる。

STILL0040_20090512233551.jpg

STILL0053_20090513000105.jpg

上を見ても真っ青な空しか見えない。


何度か、
「もう限界かな」
「助け舟を出そうかな」
とも思った。


あと5分待ってもペースが戻らなかったら、ほかのみんなにも迷惑がかかるしリタイヤさせようかな、と。



後続のパーティが追い抜いていく。
大の大人達もフーフー言いながら登っていく。

追い抜き際に子供達に声をかけてくれた。

「こんな所まで登ってくるなんてスゲーな。あとちょっとだよ。ガンバレ。」

そんな声に励まされたのか、少しずつだがまた上り始めた。

手を貸してやりたい、そんな思いをぐっとこらえ最後尾から二人を見守った。

ようやく山頂が見えた。

みんなが手を振ってくれている。

STILL0041_20090512233732.jpg



そして遂に登頂成功。

何とか一人の脱落者も出さずに全員が自分の力で国見岳を制した。
天狗山とはちょっとしか離れてないのにまた違った景色。

STILL0043_20090512234016.jpg
下を見ると続々と登ってくる雪男たち

STILL0066_20090512234626.jpg
遥か下には室堂ターミナル

STILL0067_20090512234633.jpg
正面には剱岳

STILL0068_20090512234639.jpg
右に雄山

STILL0044_20090512234210.jpg
左には昨日登った天狗山


「最高」

RUKIはとにかく感動してたようだ。

「パパお疲れ」
そう言ってオレにジュースを渡してくれた。
STILL0042_20090512235014.jpg

「途中で心が折れそうになっただろ?」
「うん・・・。でも、あれは折れ折れ詐欺だよ照れ笑い



「せっかく苦労して登ったから、なんか滑るのもったいない」

RUKIがポツリと一言つぶやいた。


やがて、頂上付近は混雑しだしいよいよ滑走開始。

STILL0045_20090512234221.jpg
STILL0046_20090512234233.jpg
STILL0048_20090512234245.jpg
STILL0047_20090512234239.jpg



立山の大自然に吸い込まれ、あっという間にになった。






根性合宿の巻・・・・・(完)





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
【根性合宿 初日】
【根性合宿 初日】
5月9日AM8:00に立山駅を出発、今回の合宿でお世話になる天狗平山荘へ向かう。
小一時間で標高約2,300mの天狗平へ到着。
天候は快晴。
自然と子供達もはしゃぎだす。

STILL0054_20090511231504.jpg STILL0052_20090511231602.jpg



しかし、さすが立山、空気が薄い。

今回はいきなり山荘のバックにドーンと構える天狗山(2,520m)へアタック。
今回は全員が自分の道具を担いで自分の力で上った。
肩に担ぐ物、両手で抱える者、片手に1本ずつ持って登る者、そしてリュックに装着して登る者、様々な方法で登る。

STILL0038_20090511231721.jpg STILL0012_20090511231816.jpg




RUKIは相変わらずの持久力の無さからすぐにみんなから置いていかれる。
しかし、本人も天狗山は3回目。
時折水分を取りながらゆっくりゆっくり自分のペースを守って上った。

STILL0013_20090511231906.jpg



登山開始後約40分。
ようやく山頂が見えてきた。

気持ちが焦る。
そこへ
「競争じゃないよ!」
と、声が飛んだ。

STILL0056_20090511232121.jpg



最後は二人仲良く「せーのーで!」で登頂。

山頂では恒例のジュース(大人は泡の出る)で乾杯。
そして、しばし立山の大パノラマを楽しんだ。


STILL0016_20090511232240.jpg
正面には剱岳

STILL0015_20090511232410.jpg
立山カルデラと立山連峰





ふと見下ろすとちょっと室堂側に広大な斜面を発見。
「あそこを滑るにはどこを登ればいいんですか」
「あれは国見岳。天狗山より時間がかかるよ」
「へえ~。」
話はそれで終わった。
でも、ちょっと気になっていた。



天狗山からは急斜面を大滑降し、林の中をすり抜け、最後はストップスノーを楽しんで美松へ。
バスで戻ったらちょうどお昼。

STILL0020_20090511232614.jpg



午後からは天狗平~美松間をスキーバスを利用して滑る。
この時期にしては程よく雪も締まっていて結構快適。

STILL0049_20090511232947.jpg

STILL0022_20090511233036.jpg



時折汚れでスキーが滑らない場所もあるが、子供達も織り込み済みで誰も文句を言う者はいない。
滑らなければ自分でブラシをかける、なのだ。



午後からは結構効率よく、4本滑った。
そして、最後のバス。

「ちょっと室堂までいってみっけ?」
ここにきて3回目となるが、実は天狗平より上を滑ったことが無い。
大人達は大賛成。

しかし、子供達は
「え~、ヤダ」
「のぼりあるならヤダ」
と反対多数。

しかし、そこは大人達の熱意で押し切った(笑)

バスで雪の大谷を通り、室堂へ。

STILL0023_20090511233152.jpg STILL0058_20090511233537.jpg

 



雪の大谷、なぜかここから急に雪の壁が高くなる。
今年は例年より少ないそうだが、それでも10m以上あるらしい。



本日の最終は室堂ターミナル(2,450m)から天狗平まで、滑ったり、スキーで歩いたり、時にはハの字や横歩きで登ったり・・・・。

STILL0025_20090511233732.jpg
室堂ターミナルにて

STILL0026_20090511233753.jpg
天狗平に向けて出発

STILL0027_20090511233815.jpg
途中でガケあり。どうする?

STILL0028_20090511233845.jpg
思い切って行けー!

STILL0029_20090511233959.jpg
キッカーを作って遊んでる人達もいました。

STILL0030_20090511234031.jpg
ブーブー言いながらも登る。滑るだけがスキーじゃない。

STILL0031_20090511234056.jpg
登ったらまた滑れる。

STILL0032_20090511234115.jpg
人の滑った後はよく滑る。通称アシアト泥棒(笑)


STILL0033_20090511234944.jpg




景色を楽しみながら夕方いっぱい春の立山を楽しませていただきました。

大人達は宿に入ると、まずはビールで乾杯。
夜の宴へのアップを開始した(笑)

子供達はまだまだ元気いっぱいで、コントレで雪の大谷まで行ってきたらしい。


そして夜。



宴は延々と続いたのでした。

泡盛サイコーでした。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
09-10初イベント 「立山根性合宿」
RIRIはシーズン早々離脱してしまったわけですが、我が家の09-10シーズンは始ったばかり。
この週末は恒例の

絵文字名を入力してください立山yukiyama01 根性合宿』

に参加してきました。


今シーズンで3回目の参加。
今回もお誘いいただきありがとうございます。

思えば一昨年の初体験
http://saltsnow.blog119.fc2.com/blog-entry-30.html
軽~い気持ちで参加したものの、親子で天狗山の洗礼を受けました。
携帯も落っことしたし(笑)

そして2年目
http://saltsnow.blog119.fc2.com/blog-entry-443.html
この年は「点の記」の撮影隊と遭遇。
監督や仲村トオルさんと記念撮影させていただきました。


そして、今年は3シーズン目。
残念ながら一番楽しみにしていたRIRIはウチでお留守番。

が、幸い天候にも恵まれ、今回はRUKIと二人で十分過ぎるほど春の立山を満喫させていただきました。



なんだ、まだスキーやってんの?
と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、スキーだけが目的ではないのです。

スキーだけなら、あるいはスキー技術を磨くだけなら別に立山じゃなくてもいいんです。
むしろ、子供達にとってはリフトやスキーセンター等の環境が整ったスキー場の方がいいのかもしれません。
そういう意味では立山はリフトも無ければ圧雪車もありません。
あるのは大自然だけ。

滑りたければ自分で登らなければいけないのです。

当たり前の事なんですが、子供達は普段そんな当たり前の事すらわかってないのです。
別に子供達が悪いわけじゃなく、至れり尽くせりにしてしまってる親のオレが悪いのですが。



昨シーズン、子供達はちょっと調子が悪いと、
「コースが荒れとった」
「道具が云々」
「パパのワックスが合わんかった」
「視界が悪かった」
挙句の果てには
「寒かった」

などなど・・・・・。

そんな言葉を聞いていて、怒り、と言うよりはかわいそうだな、と。




アルペン競技を始めて3年。
確かにRIRIもRUKIも技術的には進歩しました。
ポールをくぐるのも少しずつですが上手になってきました。

でも、
何か大事な部分が欠けてるような・・・・・。


その「何か」を子供達自身がこの合宿での経験を通して自らが感じてくれたら、と。


そういう意味では今回の「根性合宿」は今まで以上に充実した合宿となった。
ええ、今まで以上に結構ハードでした。
でも、その分の感動を味わえました。



と、言うわけで次回から合宿の模様を書いていきたいと思います。


STILL0050_20090510225224.jpg












↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
完成(笑)
先日、このブログでDVDプレゼントなどとふざけた記事をアップしたところ、思ったより反響が大きく・・・・あせあせ


で、せっかくなのでジャケットも作ってしまいました(笑)

じゃ~んbikkuri01

20090506_233934.jpg
20090506_234013.jpg



しかも豪華2枚組(爆)

20090506_234122.jpg

因みに2枚目のDVDは

富山県中学校スキー選手権大会
富山市民スキー大会
OHYAMA SCジュニアスキー大会
たいら大回転
ラスキーナイターレース第2戦
アトミックカップ 鹿島槍大会
アベトーネ予選会
アトミックカップ本州決勝大会


の中からテキトーに4~5レース収録したオマケDVDだ。
どれが入ってるかは届いてからのお楽しみ、ということで(笑)



残り僅かです(爆)









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
初めてのケガ 《後編》
《前回のつづき》


しばらくして、サイレンを鳴らしながらスノーモービルに乗ったパトロールスタッフが現場到着。

左足首が痛いと言うのでとりあえずブーツを脱がせた。

自分は骨折の経験もあるし、学生時代何回か骨折シーンを目撃した事がある。
骨折してるとかなり腫れてるイメージがある。

RIRIは元々奥方様に似て足首が太い。
それを差っ引いても腫れてるのがわかる。
でも、骨折ほどではないような、と素人目に思った。


が、パトロールの方は
「結構腫れてますね。添え木しましょう。」

「とりあえず、ゴンドラ山頂駅まで降ろしましょう。バーンが荒れてますのでスノーモービルで降ろすのは困難です。今からスノーボートを呼びますのでしばらく待っててください。」


何やらおおごとになってきた。
とても「お母さんに似て元々足首が太い子なんです。」とは言える状況ではなくなってきた。

結局、アキヤとスノーモービルを乗り継ぎゴンドラ山頂駅へ。

この時点でAM8時。

誰も居ないゴンドラ山頂駅から二人で下りた。

STILL0005_20090506201418.jpg
(ゴンドラではパイプイスが用意されてました)

応急処置とは言え、結構大げさな添え木だ。

ゴンドラ長坂駅ではパトロールの方が待ち構えていてくれて、RIRIは松葉杖をつきながら駅構内を・・・。
構内ではゴンドラを待つ乗客の方々の注目の的だった(笑)

付き添われて用意されてた車で地元の野沢医院へ。

STILL0006_20090506201441.jpg


すぐにレントゲンを撮ってもらったが、幸い骨には異常は無く、捻挫で全治2週間との診断。


そして、5月6日朝。
F先生に診ていただいた。
お休みのところありがとうございました。



今回の反省・・・・・・。

欲が出てしまい、急遽2日連続の早朝日帰り日程を組んでしまったのですが、体調管理が万全ではなかった。また、十分な準備運動をさせず慌しくトレーニングに入らせたのも怪我につながった要因だ。
今回は大事に至らず不幸中の幸いだったわけだが、RIRIにはちょっとかわいそうな事をしてしまいました。



診察後、DAIGOコーチのお見舞いに行ったんですが、DAIGOコーチから
DA「大体、普段から腰が低いから云々・・・・」とお説教。
RI「だってコース荒れとったし云々・・・・」
DA「コース荒れてれるのはレースでは当たり前。オレが全中出た時は120番スタートで腰まで掘れとって云々・・・・」
RI「・・・・・・・」 
DA「そもそもオマエは腰が低いから云々・・・」
以下ループ。

と、延々とお説教タイム(笑)

そのうち、RIRIも憮然とした顔をしてると

DA「なんよ?まだ納得できんがか?」

と、またまたお説教(爆)


ウチに帰ってきてからRIRIが
「コーチだってスキーで怪我したくせに・・・」
とブツブツ独り言を言ってたのは言うまでも無い(笑)










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
初めての ケガ 《前偏》
前回も書きましたが、とうとうシーズン最後にやっちゃいました。

う~ん、

反省です。


この日の前日(5/3)、志賀高原の早朝バーンが思いのほか最高だったんです。
で、帰ってきてから子供達に
「明日、どうする?行く?」
と。

RUKIは早々に
「早起きするくらいなら行かん怒

今から思えば正しい選択でした。

一方RIRIは、
「行くとしたらドコ?」
と、食いついてきた。

オレも欲が出ちゃって
オ 「志賀高原なら早朝フリー、野沢は早朝GS、シャルマンでSLもやってるらしいぞ。」
RI 「う~ん・・・じゃ野沢」

で、二人で富山をAM3時に出発し、一路野沢へ。

ポール練習は6~9時。
昨日の志賀高原よりも雪質はかなりソフト。

早い時間に少しでも多く・・・そんな焦りもあったのかもしれない。
準備運動もソコソコにトレーニングに入った。

STILL0008_20090506201757.jpg

STILL0010_20090506201833.jpg

そして3本目。

コースも結構緩み、波々になってきた。

3旗門目で片反

STILL0002_20090506201300.jpg

STILL0003_20090506201335.jpg

STILL0004_20090506201358.jpg


今シーズン、RIRIはよく転倒している。
オレも
ああ、またか・・・。
てナ感じだった。

いつもならケロッとして練習に復帰するんですが、今回はコース脇に移動してそのまま動かない。

STILL0007_20090506201736.jpg

聞くと、
「体重かけると左足が痛い・・・・イタタタタ」

げっ。

因みにRIRIはスキー以外でもほとんど怪我をした事がない。
なので、本人も自分がどのような状態なのかわからないらしい。

「捻挫ってこれくらいの痛みかな・・・・???」

これくらい?って言われてもオレもどのくらいなのかわからない(笑)


しばらく休んで、なんとか下りれそうだと言うので、下りてリフト乗車。
山頂でリフトを降りて少し滑るも

「やっぱり痛い、ムリ。」



リフト係の方にお願いしてパトロールを呼ぶことになった・・・・。



つづく・・・・・・。




※5月4日の回想録です。ケガはたいした事ありませんでした。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
GW最終日
ゴールデンウィーク最終日。
午後から雨になっちゃいましたね。

生憎の雨、というか恵みの雨というか・・・。

今日は朝イチから済生会病院へ行ってきました。
ええ。
前十字断裂プレイで入院中のDAIGOコーチのお見舞いへ子供達と。

ホントは別の用事もあり・・・で。
F先生、朝早くからありがとうございました。

で、

DAIGOコーチですが、

一部の部位を除いてとても元気そうでした。
今月一杯は入院生活だそうです。

結構暇そうだったので、皆さんお見舞いに行ってあげましょう。


さて、

午後からRUKIを連れてインラインでも、と思ってたのですが生憎の雨。
明日からの仕事に備えてカラダを休めろってことでしょうか。


ノンビリ過ごさせていただきました。
気分的にも安心できたし。。。。。ホっ




そうなんです。
昨日もちょっぴり書きましたが、実はRIRI、先日の野沢でクラッシュ青矢印

STILL0001_20090506195310.jpg

あまり不確かな状況でブログに書いて、ご心配をおかけするわけにもいかず控えておりましたが、今朝Dr.Fの診察で大した事が無かった事が判明したのでご報告させていただきます。




というわけで、次回詳報を(笑)。






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
GWもあと1日です。
ゴールデンウィークも残すところあと1日になりました。
今年はいつもの年より少なく5日間。
暦通りのGWでした。


09-10シーズンのスタートということで、雪上トレーニングやインラインなどの陸上トレーニングも織り交ぜながらの有意義な休みを過ごせたと思っている。

ま、若干のアクシデントもありましたがあせ

本日までの休日の内容ですが・・・


5月2日 AM家の掃除  PM常願寺でインライン
久々のインラインで仔鹿状態のオレとは裏腹に軽快なRUKI。
うらやましいです。

uvs090505-001.jpg


5月3日 AM焼額早朝トレ  PM八尾水辺でインライン
志賀高原もこの時期はかなり雪が減ってましたが、バーンコンディションは最高。
朝6:30~8:00までの1時間半、集中して雪上トレーニングができました。




5月4日 AM野沢早朝トレ  PM八尾水辺でインライン&・・・
この日はRIRIと二人で野沢。
AM5:30に長坂ゴンドラに乗り込み練習開始。
が、直後にアクシデント変な汗
午前中一杯トレーニングする予定が、何故か8:30には長坂ゴンドラ駅に・・・。
一般のスキーヤーがゴンドラ待ちしてる大注目の中下山。

雄山高校スキー部もゴンドラ待ちしてたのでRocken君にバレてしまいました涙

そして本日、5月5日はRUKIとインライン。
常願寺では皆さんから
「あれ?今日RIRIちゃんは????」

ええ、彼女は自宅待機です(笑)


そうなんです。
09-10シーズン早々、早くもRIRIは離脱してしまいました。



このハナシはまた後日・・・・・。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
09-10始動
5月に入り、いよいよ我が家の09-10シーズンが始動した。
と、言っても別にいつもと変わらないのだが(笑)
とりあえず、ゴールデンウィークはノンビリ過ごそうと思ってたのですが、何故か忙しかった4月よりも寝不足気味(笑)


やっぱこうなっちゃいましたか。



さて、09-10始動にあたり、まず最初にやらなくちゃいけないのが子供達の

「ターゲットプラン」

そう言えば昨シーズンもやりました。
(こちら)


せっかくの休みなので、今回はじっくりと一人ずつ面談しようかな、と思っております(笑)


まずは昨年立てた目標と、それを達成する為のプロセスについての自己評価を聞き上手に徹してじっくりと聞いてあげたいと思う。

決してお説教モードにならないように注意しなくては、だ。

そして、今シーズンも有意義なシーズンとなるよう、導いてあげれればと。


とりわけRIRIについては、与えられた環境の中で最後まで諦めずにもがいてくれればと思っています。
特に今年から中学生になったワケだから、本人の自主性を重んじ、たとえ自分の立てた目標や計画がユルユルだろうが、はたまた無理な計画だろうが、

あまり余計な口を挟まず見届けてやりたい ←今シーズンのオレの目標その1(笑)



次にRUKIですが・・・・。

彼女の場合は、きっと昨シーズンの滑り同様、優等生的な計画を立ててくれることでしょう。
普段の生活でもそうなのですが、天真爛漫なフリをしてしっかりと親の顔色を見ている。
イタズラや失敗はいろいろするけど、オレの逆鱗に触れるボーダーをしっかりわかっていて、決してその一線を超えない。

要領がいいというか末っ子らしいというか・・・。


なので、今年はそんなRUKIの優等生らしさをぶっ壊してやろうかと(笑)

ちょっとギャンブルですが、こじんまりとしたイイ子にはなってほしくない。

かと言ってRIRIみたいに不良一直線(笑)も困るが。




今シーズンも楽しいシーズンになりそうです(爆)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RIRIの部活
競技スキーをはじめて3シーズンが過ぎた。
早いものでRIRIは中学生に。

RIRIはスキー部に入部したらしい。
スキー部といっても冬期間だけの特設部。
もちろん部員はRIRIだけだ(笑)
中体連の大会の引率はしてもらえるらしいが、とりあえず冬までは全く活動がない。


で、心配だったのは夏の間の活動。
陸上部が無い、というふうに聞いてたんですがどうも今年から新設されたらしい。
当然オレは陸上部を勧めたのですが本人は断固拒否。


オレとしては、ホントにアルペンを続ける気があるのならオフシーズンもしっかりトレーニングをしてほしいと。
別に運動部ならなんでもいいんですが、団体競技となると冬の間参加する事ができない。
その競技を真剣にやってる仲間に迷惑をかけることもあるだろう。
なので、個人競技で、しかもしっかり足腰を鍛える事ができる陸上部がいいんではないかと。
こう思ったわけです。

一方RIRIは・・・。
はっきり言って鈍足。
小学校6年間では運動会で目立った事が無い。
本人も走るのは大の苦手。
本人からすると「何で私が陸上部????」



ま、気持ちはわからんでもないが・・・・。



結局、話し合いは平行線・・・・・・・・・・・・。

ま、嫌なものを無理してさせてもしょうがないので半ば諦めつつもRIRIの主張を認めるわけにもいかず、放っておいたのですが、先日奥方様に聞いたら本人はいろいろ考えた挙句、結局陸上部に入部したらしい。


しかも結構楽しいらしい。


結果的にはちょっと肩透かしを喰らった感じだが、ま、結果オーライかな。
発足直後で前途多難な陸上部らしいが影ながら応援してやりたいと思う。


STILL0028_20081012205026.jpg
(写真は昨年のほたるいかマラソン)




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
08-09を振り返って RUKI編
さて、今シーズンのRUKIですが・・・・・・・。


実は彼女に関しては、いつも安心して見てました。
イヤ、実はあんまり見てなかったかもあせ

普段の練習でもいつも一生懸命やってるし、大会に出ても十分な成績。
ただ・・・・。

振り返ってみるとあんまり褒めてやらなかったような気がする。

例えばある大会で2位だったりすると、

オレ「う~ん、ちょっと残念だったね。次はもっとがんばれよ」
RUKI「・・・・・・。わかった、今度はがんばる・・・・。」

てな会話が多かったような。


今、考えてみるとオレの何気ないひとことが彼女にプレッシャーを与えてたのかもしれない。
そしてそれが優等生のような滑りにしちゃったのかもしれない。

STILL0012_20090211232609.jpg


本人はいつも一生懸命頑張っていた。
多分、小学3年生の彼女の場合は自分の為にと言うよりは、親に褒められたい、とか親が喜んでくれるから、と言う気持ちが強いように思う。

マズローの欲求で言うと3段階目くらいかな。


本人は失敗しないように一生懸命滑って、多くの大会で表彰台に乗った。
しかも相手がどのくらい速いのかわからない県外の大会で。




シーズン最終のシャルマン2連戦。
初日、2位。
1位はチームメイトで大の仲良しのRYU。
実は初日のレース、ゴールで仮タイムのアナウンスを聞いてRUKIは泣きました。
で、一生懸命で顔を拭いてました。

そして翌日の最終戦。
1番スタートで果敢に攻めるも1本目3位。
因みに前日優勝したRYUは2位。

そして2本目。

気温も上がりバーンコンディションも悪化。
荒れたバーンが苦手なRUKIにはちょっと厳しいかな、と思いつつゴールで二人の滑りを見守った。

結果、二人とも1本目トップの選手をまくり、前日に引き続きワンツーフィニッシュで今シーズンの幕を閉じた。

STILL0091.jpg



あとで聞いた話ですが、二人で来シーズンの学童の目標を誓い合ったそうだ。


来シーズン、ふたりの活躍が楽しみです。


STILL0090.jpg











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。