スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
チーム
今更言うまでもないですが「アルペン競技」は個人競技ですよね。
陸上も駅伝・リレーを除いた多くの競技も個人競技ですね。


スタートラインについたらゴールまでたった一人。誰の力も借りずに・・・・。


でも・・・・、

一人ではスタートラインに立つことはできない。


いろんな人達の協力・サポートや、多くの仲間があって、はじめて「スタートラインに立てる」


チームっていいよな。


そんな当たり前の事を、やまスポさんの活動に参加させていただき、改めて思いました。


時には競い合い、励ましあい、そしてキラキラと輝くまなざしで一生懸命汗を流す子供達の姿に感動を覚えました。

とても
「良いチーム」そして「強いチーム」と、感じました。


監督・コーチだけが懸命に大声を出してるチームじゃない。
一部のトップ選手のためだけのチームでもない。


そこでは監督・コーチ・トップ選手はもちろん、参加してる一人一人全てのメンバーがそれぞれのレベルで「目の前の背中」をキラキラした眼で追いかけ続けていた。



一ヶ月間、3回という僅かな時間でしたが、「やまスポ」という素晴らしいチームに合流させていただき、子供達もオレも凄い刺激になりました。


ありがとうございました。





やまスポのみなさんは明日マラソン大会だそうです。


競技には必ず結果があります。
結果はとても重要です。結果を求めてトレーニングしてるのですから当然ですね。

でも・・・・。

結果は全てではありません。


成長過程のひとつの「測定値」であり、更なる成長へのステップなのです。



きっと、最後まであきらめず、一生懸命走ってくれることでしょう。



 がんばれ!やまスポ!! 











スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
子供のマテリアル考
最近急に冷え込んできましたね。
今朝の地元新聞では立山室堂では50cmの積雪があったとか。
北海道平野部でも初雪、横手山や万座でも少し降ったみたいですね。


さて、


今日の話題は、スキーの道具について。



スキーのカタログを見るのって楽しいですよね。
雪が降るまでの半年間、来シーズンの事を考えながらスキーのカタログを見るのがとっても楽しいです(笑)

ま、オレは自分の道具を買えないのでもっぱらジュニア用のマテリアルをアレコレ楽しみながら悩んでます(笑)

で、

「オレ的子供達のスキー道具考」


と言ってもオレにそんな知識があるワケでもなくどれがいいのかさっぱりわからない。
なので、オレの道具に関する考え方は・・・・。


子供達に選ばせること


それだけだ(笑)


子供達が「自分で考え、自分で選ぶこと」
それを最も重要視している。

たとえその選択根拠が
「デザイン」や「憧れの先輩・選手」や「見栄」であったとしても(笑)



ただし、
「自分で選んだ以上、必ず乗りこなしてもらう事」
だけがが条件だ。


なので、子供達が欲しいといった道具に対して、とりあえず1回は「反対」する事にしている。
もちろん、その反対意見には全く根拠はないのだが、
「オマエにはまだ早い」
とか
「今のオマエには乗りこなせるわけがない」
とか・・・(笑)

で、決まって子供達は
「絶対乗りこなしてみせる!この板じゃないとダメ!!」
となる。

オレの役割はここまで。
あとは自分たちが納得して選んだ道具を“自分のモノ”にしてくれればそれでいい。



ここまで書くととってもかっこよく聞こえるのだが、何よりも最も重要なのは「サイフの中味」である事は言うまでもない(笑)
子供達を店に連れて行く前に、お店の方と綿密な打合せを実施している。
当日は子供達の勝手な意見を聞きながらもオレの顔色をチェックするお店の方が一番大変なのは言うまでもない(爆)



もうじき我が家に子供達の今シーズンのマテリアルがやってくる。
二人とも昨シーズンまでのATOMICからマテリアルチェンジした。

それぞれの想いがあるようだが、きっと思ったより上手くいかないだろうし、最初は苦労し悩むだろう。
でも、自分で選んだ板だから最後まで諦めず、乗りこなして欲しいと思う。



ヒヨコレーサーのお前らの勝手な意見をちゃんと聞いてオレを説得してくれたお店の方に感謝し、もちろんお金を払ったオレにはもっと感謝してください(笑)


そして、その感謝の気持ちを迫力ある滑りで表現してください。






いよいよ08-09シーズン秒読みですね。





rossihead_convert_20081028001630.jpg
※写真はイメージ画像です。本文とは全く関係ありません(笑)






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
初滑り ~迷ってます(笑)~
またまた買ってしまいました、スキー雑誌(笑)

img1.jpg

ええ、

付録の「木村公宣 チルドレン&ジュニアレーサーのトレーニングマニュアル」にまんまと釣られてしまいました汗とか


家に帰って早速子供達と付録のDVDの昨シーズンのアトミックカップ決勝の映像を見たんですが、知ってる選手が出てたこともあって、もう興奮上アゲアゲ状態上(爆)


DVDの中で、アトミックカップの主旨を木村キミノブさんが語ってらっしゃったんですが、これってオレ先日のブログで言いたかった事と一緒じゃん(笑)
と、思わず思ってしまいました。

トップの選手は「更なる上を目指して」
でも、それだけではなくウチのRIRIやRUKIみたいなボトム層の「選手」もそんなトップを目指す選手の姿を見ながら、少しでも上を目指してくれたらなと思いますし、そのような環境をつくる事でボトム層も広がり、結果として強い選手も生まれていく・・・。
そんなサイクルでアルペン業界も盛り上がっていってくれたらな、と思います。


で、

初滑りですが・・・・・。



いつにしようかな~~



上の映像は昨年の初滑りのASAMA2000
初日の午前中はコケまくっていたが、ちょっと慣れてくると縦横無尽に滑りまくってました。
でも、周りのスキーヤーの皆様にとってはかなりの迷惑だったかも汗とか

今年は更にスピードも上がってるだろうし、とりあえずつまらん事故だけは起こさないように注意していきたいと思います。


いっそのこと、県内のスキー場がオープンするまで我慢させて陸トレを強化するってのもアリだな。


でも、多分・・・・



オレが我慢できないと思う(爆)


















↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
初滑り
週末日曜日、久しぶりにあわすのへ草刈へ行ってきました。
10月は何だかんだとイベントが続きなかなか参加できなかったのですが、草刈最終日となる本日、久しぶりに参加させていただきました。


さて、


いよいよ、来週から11月ですね。


近県のスキー場もいよいよOPENするようです。


最近、家に帰ると毎日のように子供たちが
「ねえ、ウチの初スベリっていつ??」
と、聞いてくる。

「○○ちゃんちは11月1日に■△スキー場へいくらしいし、△◎ちゃんちは・・・・(以下略)」

子供たちの間でもメールでそんなヤリトリをしてるらしい(笑)


で、

まだいつ行くとも決めてないのにワンピを引っ張り出してきてたりします汗

P1000274.jpg

RUKIは一昨年「サンタさん」にもらったワンピが今年もジャストサイズ(笑)
まる子ちゃん帽がちょっと意味不明だ(爆)

一方RIRIは順調すぎるほど背が大きくなって2年前にコーチに用意していただいた「伝説のワンピ」がとうとう小さくて着れなくなってしまった。



で、今シーズンの勝負服は・・・・・

P1000275.jpg


「new伝説のワンピ」
しかもFIS冠つき(笑)

ホントは新しいワンピを買ってやろうと思い、いろいろ提案してあげたのだが、何故か彼女はワンピに関しては「新品」が嫌らしい。

なので今回も由緒正しい「伝説のワンピ」で勝負する事になった。

少々オーバーサイズだが今シーズンはこれでがんばってくれい。













↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
オフトレへの想い
今シーズンのオフトレは昨年のインラインに加え、ランニングやSAQトレーニングなども取り入れてみました。
また、飯島庸一さんのセミナーをはじめとした各種講習会へも積極的に参加したり、陸上トレーニングでやまスポさんへ参加したりもしました。
更に野球やサッカーなどの他スポーツのトレーニングやジュニア期のトレーニングについても暇があれば本屋で立ち読みして知識を蓄えました(笑)


自分にとっても充実したオフトレシーズンだったように思います。



オレが今年『オフトレ』にこだわった理由・・・・。



もちろんひとつには、6年生のRIRIにとって、今シーズン、より良い成績を残せるように、との思いも当然あるわけです。

が、

実はそれ以上に『来シーズン以降の事を考えて・・・』
って思いもあったのです。

以前からこのブログでも書いている通り、子供達には少しでも長く競技スキーを楽しんでほしい、と思っているしそれは今でも変わらない。



でも一方で、中学生になると競技人口が一気に激減するという現実もある。
実は昨年までそれが不思議でならなかった。

中学生の父兄の方々やコーチからいろいろ教えていただき、今年になってようやく
『中学生レーサーの厳しい現実』
が少しずつ理解できてきました。

中学生レーサーを取り巻く環境は小学生とはいろんな意味でガラリと変わるのでいろいろな理由はあるのでしょうが、大きな理由の一つとして全中の予選でもある「県中学校スキー選手権」の日程が1月初旬に組まれている事が上げられるのではないだろうか。
もちろんSAJのいろんな大会日程などからどうしてもこのような日程にならざるを得ない事は理解できる。

ところが、ここ近年の温暖化の影響もあり、富山県の各スキー場のオープンが12月の中旬から下旬。
つまり大会まで雪上トレーニングできる期間は1ヶ月も無い、ということなのだ。

全中に出場する、或いは全中で上位を狙う選手達は12月になると北海道などへ長期遠征して雪上トレーニングするわけだが、そのためには当然それ相当の費用もかかるワケだしそもそも県強化選手にならなきゃいけない。




そこで来年中学生になるRIRIの事ですが・・・。

アルペン競技を始めて2年目の昨シーズン、確かに本人的には成長したと思うけど成績は「中の上」ってトコだろうか。
もちろん強化指定選手にもピックアップされてない。


で、

オレは考えました。


たとえ北海道へ行けなくても、
「がっぷり四つ」とまではいかなくとも、

オフトレを充実させる事によってせめて「土俵に上げてやる」事ができないだろうかと。


ま、オレにもうちょっと甲斐性があればティーニュでも北海道でも行かせてやれるのかもしれないが、残念ながらそこまでできる経済的余裕もないし、たとえあったとしても自分の為に使うだろう(笑)


だから、せめてオフトレだけでもできる事をしてやりたい・・・。
そんな思いを持ちながら今年のオフトレを子供達とやってきました。



今オフシーズンは「質」「量」よりも「続ける事」だけに重点を置いてオフトレをやってきた。

おそらくやっただけの結果は出ると思うし、同時にやっただけの結果しか出ないでしょう。


今シーズンは、オフトレによる成果や手ごたえと同時次へ向けての「質」「量」の不足感を感じてもらえればいいかな、と思ってます。


いよいよウインターシーズンまであと1ヶ月あまり。
とりあえずは、今までやってきたことを多少ネジを巻いて仕上げ、あとは今シーズンの滑りを見ながら効果を確認したいと思います。

P1000224.jpg





今後も我が家のオフトレ奮闘記は我が子達を実験台にして随時このブログにアップしていきたいと思っています。
失敗も含め、もし参考にできるところがあれば是非参考にしてくださいませ。
また、「それは違うよ」とか「こんな方法もあるよ」とか、アドバイスがあれば是非お願いいたします。













↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
陸トレ
最近、インラインネタが多くなってますが、陸トレもちょこちょことやっております。
先週のやまスポ参加以来、子供達も少しずつエンジンがかかってきたらしく、週末土曜日はみっちり陸トレを2時間。。。

まずはファンダメンタルポジションをチェックして・・・
STILL0035_20081021011929.jpg
姉らしくRUKIにも指導して・・・
STILL0036_20081021011941.jpg

いざ開始したのですが、
STILL0037_20081021011953.jpg
STILL0038_20081021012012.jpg


わずか30分で・・・・
STILL0034_20081021011859.jpg
早くも挫折・・・(笑)

それでも休憩を挟みながら、平地や斜面を利用してトレーニングしました。

それにしても、今年はいいトレーニングを教えていただきました。
ポジションやバランス、クセがすぐにわかります。

STILL0040_20081021012038.jpg

子供達も1本1本ビデオでチェックするようになってきたので、あまり細かく教えなくてもいいし(笑)



では、RIRIの恥ずかしい映像をドウゾ(笑)






ま、・・・・・・




しないよりはマシか(笑)







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
2008 JAPAN SC FINAL in 津南
先日もお伝えしたとおり、10月19日(日)子供達と2008インラインスキーシリーズカップの最終戦である「津南」へ行ってきました。

いや~遠かったです(笑)
これからのスキーシーズンの事を考え、無駄使いはできないので日帰りで行ってきたわけですが、結構疲れました。

朝?3:45に子供達を無理矢理拉致し、4:10出発。
上越ICからは下道で約1時間強。

思ったより早く到着し、まだ月が出てました(笑)
STILL0053_20081020223511.jpg


実は今回の参加については、
「とりあえずRIRIに有終の美を飾ってもらおう」
という想いがありました。

ちょっとでも自信をつけてこれからのシーズンの励みにしてもらおうかなと。

と、言うのも前回の北陸大会、
アルペンの部GSではSYUNTAに0.47秒差で惜しくも1位を逃し、
技術選の部では点数は同点でありながら「申し込み順」により2位に・・・・。


で、今回の津南戦ですが・・・・。


ジュニアの参加者は・・・・3名。

ちょっと寂しいですが、テーマは「自分との戦い」です。


来年からは「女子エリートの部」となり優勝なんて当面ムリでしょうから、小学生最後の大会である今回は思いっきり滑ってくれればいいかなと。


レース前に運営の方からスタート地点についての確認がありました。
急斜面の為、ジュニアのスタート地点を下げようか、との事でしたが子供達はナマイキにも
「それじゃあ、わざわざ津南に来た意味が無い」
などとぬかしやがるもんで、大人と一緒のスタートとなりました。




え~・・・
とりあえず、「金トロフィー 初優勝 金トロフィー拍手

最初の急斜面で若干落とされましたが、後半は早めに切替え山回りでポールに当たってくれました。
果敢に攻めてくれたと思います。


さて・・・・


実はオレにはもうひとつのRIRIへのプレゼントがありました。

そうです、

今年度から始ったシリーズ戦のタイトル。

前回の北陸大会まで、RIRIは2戦に出場し125ptで4位。
この時点でTOPは220点。
つまり今回の優勝で100ptゲットすれば225ptとなりシリーズチャンピオンの可能性も。

ところが今回の大会は既に150pt持ってるMEGUMIちゃんも出場。
もし彼女が2位に入れば80pt加算されて230ptに・・・・。

そこで、RUKIですよ(笑)
RUKIが今回2位になってくれると必然的にMEGUMIちゃんは3位となり70ptで220pt。
つまりRIRIがシーズンタイトルを獲得するにはRUKIの2位が絶対条件なのです。


で、見事RUKIが2位に差し込んでくれました。



と、言うわけで、父の綿密な計算どおり、RIRIは津南戦の初優勝に加え、なんと、栄えある第1回目のインラインスキーSCのシリーズチャンピオンに!拍手拍手(爆)


はぁ・・・ホントに親バカです。



表彰式が終わり、恒例の賞品抽選会。

いつもだったら悩んだ挙句オレにアドバイスを求めてくるんですが、今回は全く迷うことなく賞品を選んだ。

彼女が選んだ賞品は・・・・・。

20081019_164101.jpg



なんと、魚沼産コシヒカリ10kbikkuri01

周りのギャラリーからは
「家族思いのいいコね~」
との声も聞かれたが、それは違います。

彼女は無類のゴハン好き(笑)
自分だけの為に賞品を選んだことは言うまでも無い(爆)


RUKIもMEGUMIちゃんと仲良くなれてよかったです。
3年生同士これからもお互い刺激しあって頑張りましょう。

STILL0058_20081021000542.jpg




以上で、今シーズンのインラインはとりあえずひと段落しました。
我々親子にとってはとても充実したシーズンだったように思います。






実は今回の大会を通し、他にもいろいろ書きたい事がありますが、また機会があれば・・・・。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
最終戦
なんだかんだと今月も週末はイベント続きで10月に入ってからあわすの草刈に参加できておりませんあせ

そろそろ草なくなっちゃうんじゃないか・・・。

今週末は「百間のナメ遊歩道」の完成記念で、あわすのソバも振舞われるそうです。



さて、




性懲りも無くまたまたイベントでございます。
そうです。
子供達がインラインスキーのジャパンシリーズカップ2008最終戦である
「第12回津南インラインスキー選手権」
への出場が決定しました!


オレが勝手に決めたのですが(笑)


実は今年の夏、グレステンの帰りに会場を見に行ってきたのですが・・・・

20080814_095541.jpg
下から見たコース

20080814_095108.jpg
対面のゲレンデから見たコース


ご覧の通り、かなりの急斜面。


もちろんオレはサポーターに徹します(笑)


RIRIは最近少しずつ自信をつけてきてるようだし、何とか最後に有終の美を飾ってもらいたいものです。



と、言うわけで今週も草刈参加できずデス。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
刺激
子供達ってホント親の言葉を聞かないんですよね。
いくら子供たちのことを思い、アドバイスしても、子供達にとってみれば

たださせられているだけ・・・・。

なんですよね。アップロードファイル

これからスキーシーズンに入るまでの僅かな時間でどやってオフトレのモチベーションを上げるか。
どうすれば自分の立てた目標を達成する為に自ら主体的に意識を高めてトレーニングできるようになるのだろうか・・・。

そんな事をここ最近考えていました。

「目標」とそれを達成するための「日々の積み重ね」がちゃんと紐付けされてないのでいくら言葉で言ってもなかなか理解できないのでしょう。

これって失敗とか悔しさとか後悔を経験しないとわからないのでしょうね。
多分、冬のレースのスタート地点に立って、初めて「ちゃんと練習しとけば良かった」と思うのでしょう。
ま、そうやって経験して次へつなげてくれればそれはそれでいいのでしょうが・・・。


でも、

やっぱり親としてはついつい欲が出てしまいます。(笑)

で、

言葉ではなくいろんなことを見たり体験させ、いろんな刺激を与えてみよう、と考えました。

名づけて

「スポーツの秋 意識改革大作戦(笑)」

で、先週末から作戦を実行したわけです。

その1「ジュニアオリンピックの見学」
県内のトップジュニアアスリートの姿を見学し、自分も目標に向かってがんばろう!という意欲を引き出す。

その2「ほたるいかマラソンへの参加」
今までのトレーニングの成果を測定し、「現状」を再確認する。

詳細は過去記事のとおりです。



そして昨日、
その3「本格的な陸上クラブ「やまスポ」さんへの体験入部」

場所は富山県陸上競技場。

P1000269.jpg P1000270.jpg

練習前から子供達は興奮気味。
先週見学したジュニアオリンピックの感動が蘇ったのだろう。
「ここって陸上の選手達が大会するとこだよね、スッゴーイ上。」
RUKIは早くもモチベーションアゲアゲ状態(笑)
一方RIRIは
「こんなすごいところでスゴい選手たちと一緒に練習なんてムリ・・・おちこみ
早くも気分ドヨヨ~ん状態(爆)

そんな対照的な二人だったが早速練習は始まった。



練習中のみんなの姿をピッチの外から見学してたんですが、とても感動しました。

ひとりひとりの練習に取り組む姿勢や、コーチの説明を真剣に聞く姿、礼儀正しさ。
また、上級生が下級生をリードする姿。
2,400m走では自分に負けずに最後まで一生懸命走る姿・・・・。


やまスポのみんな、キラキラきらきらキラキラと輝いてました。



また、みんなとは別メニューで黙々とメニューをこなすRIRIの先輩の姿もあった。
誰かに指示されなくても、ただ自分の目標に向かってひたむきに取り組む姿。


ウマく表現できませんが、強さと美しさを感じました。
目標をしっかり捉え、見つめる眼差しの「強さ」
たった一人、ひたむきに地道なトレーニングをする姿の「美しさ」


RIRIも強くそのことを感じたみたいです。
先週の大会で見た「速さ」や「跳躍力」は決して素質・才能だけではなく、

日々の努力の積み重ね

に裏づけされている、ということを。



練習終了後、帰りの車の中の二人はかなり興奮アゲアゲ状態だった(笑)

「すっごく楽しかった!」
「あんな練習を続ければ絶対足が速くなれそうな気がする!」
「今度はもっとがんばって走りたい!」

予想以上に彼女達は刺激を受けたようだ。
だが、問題は、このあと「行動が変わるか」だ。(笑)







因みに今日は自主的に常願寺へランニングへ行ってきたらしい。
とりあえず、今回の作戦は成功だったかもしれない。



やまスポの監督・コーチ・選手の皆さん、昨日は本当にありがとうございました。
ウチの子供たちだけじゃなく、私も皆さんの元気を分けてもらったような気がします。

また、今回誘っていただいたTAISEIパパ、ありがとうございました。
本当に素晴らしい体験をさせていただき感謝です。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ブレードテスト 初ジャッジ
先日の「RIRIのツリス」に続き、13日はオレの「講師&検定員」を経験させていただきました。


後厄なのに初モノ続きでいいのかな。(笑)


この日はINSA北陸の今シーズンの最後のイベントであるブレードテストが行われました。
一応、スタッフとして事前ワンポイントレッスンの補助として参加したつもりだったのですが、当日になっていきなりの「講師」に・・・・あせ


ええ、記念すべき講師デビューでございます。

担当は、「生まれて初めてのインライン」の大人1名、子供1名。
緊張しましたあせあせ

が、

多分、受講生はきっとオレ以上に緊張しているハズ。

まず、オレ自身がリラックスする事、そしてオレ自身が楽しく過ごす事で少しでもこの時間を楽しく過ごしてもらう事ができたなら・・・・。
そう思いながらのあっという間の2時間でした。
終了時に
「楽しかった?」
と聞いたら
「すごく楽しかった!またやりたい!」
と言ってもらえたのでちょっと“ほっ”としました。


勉強になりました、ホントに!



で、


午後からはブレードテスト。

直前になってSAKAMOTOさんから

「じゃ先生(笑)、次はジャッジと前走をお願いします。」


え゛~~!!


お、オレですか??

「当然です。First Instructorですから。そのために資格取ったんでしょ(笑)」


つ~ワケで、初検定員デビューもさせていただきましたあせあせ

今回はBLADE PRO(事前講習者)・BLADE1・BLADE2の8名が受験されました。
オレはBLADE1・2の6名の検定を担当。
自分自身にとっても本当にいい勉強になりました。




今回の検定で最も印象的だったのは、
合否発表直前の時の受験者の方々の表情。

とりあえず「終わってホっとした」ってのと「あの種目失敗した~、もうちょっと練習しとけばよかった」ってのが入り混じったなんとも言えないある意味充実した表情。

思えばオレもつい最近のインストラクター検定を受験した時も期待と不安でいろんな事が頭を駆け巡ったっけ。

振り返ってみると「その時」の思いって結構正しかったりする。
でも、合格しちゃうと「その時」の気持ちを忘れがちなんですよね。


今回、検定員という機会(チャンス)をいただいた事で改めてあの時に思ったことを蘇らさせていただきました。
ありがとうございます。



今回受験された皆様、
テストには「結果」がでます。
でも、結果であると同時に目標に向けた「中間測定値」でもあるわけです。
合格したからそれで終わり、でもありませんし、もちろん不合格だったからダメなわけでもありません。
合否の関わらず「次なる課題」を認識できる「測定値」なのだと思います。
これからも楽しくがんばって行きましょう!!

今年の雪シーズン、皆さんにとって素晴らしいシーズンになりますように。


20081013_150917.jpg



あ、

テストと言えば中高生アスリートの皆さんはもうじき「中間テスト」ですね(笑)
決してテストの結果が全てではありませんが・・・・

とりあえず、

ガンバレ!(笑) 









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
初ツリス
マラソン大会の後、午後から常願寺へ行ってきました。

以前ブログでも書いたかもしれませんが、オークションでゲットしたツリスを試しに(笑)

ええ、もちろん試すのはオレではありません。

コヤツです(笑)

STILL0030_20081012225636.jpg


YU-SUKE先生の指導の元、メキメキ上達してくれました。

最初は平地でのスケーティングもままならず、
こりゃスケーティングだけで1ヶ月かかっちゃうかな、と思ってたんですが、すぐにコツをつかみ坂までやっちゃいました。

これも、「インライン効果」だろう。


【本日の練習】
・平地での片足
・コーンを使ったスケーティング
・8の字
・坂でのスイズル2
・スイズル2~パラレルの展開
・コーンを使ったパラレル大・小






ウィンターシーズンまであとちょっと。
少しずつ技術的なトレーニングも増やしていこうかな。



※ツリスを履かせてもらえなかったRUKIは少々ご機嫌ナナメでしたがYU-SUKEパパに『人力ペアリフト』をやってもらい大喜びでした(笑)

STILL0033.jpg







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
滑川ほたるいかマラソン
本日親子で「第12回滑川ほたるいかマラソン」に出場してまいりました。

本来ならRIRIと「親子対決」をする予定だったのですが、残念ながら昨日の段階でRIRIは5分/kmを切る事ができず、今日はペースメーカーに徹しさせていただきました。

今回のマラソンは、今シーズン彼女達がまがいなりにも続けてきたランニングの言わば「中間測定」。

思えば走り始めた6月、RIRIは4km走で1キロ平均6分を大きく上回っていた。


とりあえず、「続ける事」だけをテーマにどんなにゆっくり走ろうが、どんなにフォームがバラバラだろうが、とりあえず約4ヶ月間やってきた。

昨日、ジュニアオリンピック観戦後、久しぶりに一緒に走ってやった。
苦手な中盤でちょっとリードしてやり、最後のスパートでは翌日の大会で気持ちよく走らせてやろうと思い、あえて追いつかなかった。

結果3km 15分16秒だった。

できれば、今大会で1km4分台突入してくれれば・・・・と思い、今回はサポートに徹する事に。


さて、本日の大会は絶好の秋紅葉晴れ!

ゲストに元オリンピックマラソンランナーの弘山晴美さんを迎え、盛大に行われた。
STILL0026_20081012212212.jpg
開会式では花火とともに鳩が飛び立ちました。

STILL0027_20081012205012.jpg

オレ達が参加した【3kmの部】は総勢440名が一斉スタート。
スタート時には大混雑し、こける子や靴が脱げる子もいて、結構凄惨な状態だった。(笑)

オレはとりあえずRIRIの後方100mを追走。
因みに【3kmの部】のコースはほぼ直線で1.5kmの折り返し。
前半の1kmを過ぎたあたりから折り返した先頭集団とすれ違う。
とりあえずすれ違う選手達を数える。
RIRIは約80番手。

STILL0028_20081012205026.jpg


オレも折り返し、RIRIを先導してやろうと思いペース上げる。

しばらくして腰を押さえながら瀕死状態(笑)で走るのRUKIとすれ違う。
RIRIはいいペースで走ってたので後半はRUKIと伴走。

STILL0029_20081012205037.jpg


結果

RIRIは59人中27位 タイム15分33秒拍手拍手
RUKIは283人中115位 タイム18分35秒拍手拍手


残念ながら、オレが密かに目標としていたRIRIの1キロ4分台突入は今回は逃した。
が、
ようやく4分台が見えてきたことは、まがいなりにもこの数ヶ月続けてきた成果であり、素直に褒めてやりました。

RUKIも普段は2kmしか走ってなかったので後半の1kmをきってからはかなりバテてました。
でも、最後まで歩くことなく走りきれた事は素晴らしかったと思います。

走ったキョリ
滑った本数
飛んだ回数
投げた回数
打った回数
蹴った回数・・・・


どんな競技でも、子供達はやればやっただけ成長していくんですね。

昨日と今日では違いは見えないかもしれない。
でも、
続けてれば昨年と今年では見違えるほど変わる。



焦っちゃいけないんですね。
ちゃんとやらせないで運動オンチだと決めつけちゃいけないんですね。
人と比べちゃいけないんですね。


そんな当たり前の事をようやく気づかせてもらったような気がします。



子供達よ、ありがとう。


20081012_102256.jpg





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
「感動」そして「挑戦」(笑)
こないだ、新聞を見てたら載ってましたね、こないだのインラインスキーCUPの結果。
残念ながらオレの名前はありませんでしたが(笑)

先月から検定や大会など、週末はイベントが続き最近ちょっとお疲れモードのHIRO@富山です。

実は昨日、我が家の風呂のボイラーが壊れてしまいました。
確か昨年も調子が悪くなり修理をしたんですが今回は「修理不能」とのこと。
で、昨日から銭湯通いです。
灯油も高いし、いっそ深夜電気温水器にしようかな、とも思うのですがイニシャルコストが・・・・。

う~ん、迷ってマス。



さて、今日は午前中、五福の陸上競技場へジュニアオリンピックの見学に行ってきました。

ええ、来年の為の偵察です(笑)

もちろん、ウソですあせ


いつも子供たちが仲良くさせていただいてる選手達の応援です。
実はオレ自身、陸上の大会ってのはナマで見た事が無く、今年になってみんなの活躍をいろいろ聞いていたので一度見に行こうかと。

って事で多分「連合運動会」以来だから約30年ぶりに陸上競技場へ足を運んだワケですが・・・・。


感動しました!


素晴らしかったです。

実は、選手達の邪魔をしちゃいけないと思い、子供達は連れて行かなかったんですが、この感動を是非子供達に見せてやりたいと思い、一旦家に帰り午後から子供達と一緒に観戦させていただきました。


子供達は何かを感じてくれただろうか・・・・。


感じてくれたと信じたい(笑)



夕方からはいつもの常願寺でランニング&ちょびっとインライン。


そうです。


明日は「ほたるいかマラソン」へ子供達と参加してきます。

RIRIは小学生女子の部、RUKIとオレはジョギングの部、共に3kmです。


と、言いつつこんな時間までブログ書いてるし(笑)


しかもロング缶3本目に突入してるし(爆)


ああ、また新たな課題が増えそうだ・・・・・あせ






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
フィナーレ ~団体戦~
北陸インラインスキーCUPの最終種目は

「団体戦」

インラインスキーCUP初の試みらしい。

最初この種目があると聞いた時には参加チームがあるのだろうか・・と、正直思った。


そもそもスキーって個人スポーツじゃないですか。
特にこの時期にインラインでオフトレやってる連中って「基礎スキー」だったり「アルペン競技」だったり個人が上手くなるためのトレーニングが主な目的。
団体で参加する競技ってなんか違和感があるんじゃないかって、
そう思ってた。


でも・・・・。

確かにスキーはスタートからゴールまでは誰の力も借りずたった一人で滑りきらなきゃならない。
しかし、その「スタートライン」にたどり着くまでには、決して一人の力だけではなく、多くの仲間がいて初めてそのスタートラインにつけるのだ。

オレたち親子なんてまさしくそう。

あわすのへ行っても常願寺へ行ってもいつも素晴らしい仲間がいる。
時には競い合い、時には励ましあい、それが何よりも楽しい。
だから、こうやって続けていられるのだ。

多分、ここに集まってるみんなもきっとそうなのだろう。


団体戦当日、参加チームは17チームにものぼった。


我がteam YONEからも
スペシャルメンバーの「team YONE S-LTD」を筆頭に
STILL0019_20081007213720.jpg

平均年齢50歳以上の「team YONE-GoldenStagea」(オレも参加)
STILL0018_20081007213219.jpg

いつも常願寺で練習してる「team常願寺」
STILL0024_20081007223150.jpg

「teamYonexile」
STILL0025_20081007223200.jpg

そして平均年齢9.3歳の子供達で参加した「teamYONE-Jr」の4チームが参加

他にも大学生のチームや
STILL0022_20081007223119.jpg STILL0023_20081007223140.jpg

シリーズ戦を通して知り合った即席チームなども参加し大いに盛り上がった。
STILL0021_20081007223713.jpg


なんか、すごく「原点」を感じました。

ジャッジに関しても、技術だけではなくおそらく年齢・工夫・楽しさ・感動・笑顔・そしてアピールなど、いろんな点が加味された採点で大会を一層盛り上げました。

「仲間と一緒に楽しみながら滑る」

そんな事を感じさせてくれた素晴らしい大会となりました。


そんな大会の最終演技チームとなったのがKANATA・RUKI・RIRIで構成された「teamYONE-Jr」
前日の夕方ちょこちょこっと合わせただけの即席チーム。



スタートラインには君達以外はもう誰もいない。


いつもならアドバイスしてくれる親も今日はゴールでキミ達のスベリを固唾をのんで待っている。

さあ、自分達だけの力で滑って来い。
力を合わせて滑って来い。




KANATAへ。
先頭滑走者としてスタート直前までフォーメーション確認してましたね。
先頭は一番緊張するのに思いっきり滑れましたね。
何より今年始めたばっかりなのに本当に上手になりました。

RIRIへ。
ターン弧やスピードが違うチビッコ達にしっかり合わせられましたね。
最初は恥ずかしがってたけど影でちゃんとみんなを引っ張ってくれました。

RUKIへ。
演技中、大きな声で掛け声をかけ続けてましたね。
最後のアドリブはRUKIらしさがとってもでてましたよ。


初めて見ました、オール99(笑)
参加者の皆様、子供たちの一生懸命の演技に免じて許してやってくださいませ。




以上、数日間に渡って今大会の模様を独断とかなりの偏見でお送りしました。





最後に・・・・。


現役選手でありながらわざわざ時間を作っていつも練習を見てくださっている米丘さん、今回も素晴らしい企画をありがとうございました。
技術だけではなく、スキーの楽しさの原点を今回改めて教えていただいたような気がします。

忙しい中、大会ジャッジ・前走・MCと大会を盛り上げていただいた谷川デモ、沖山デモ、本当にありがとうございました。

今大会の準備から大会の運営までの実務全般を文句ひとつ言わずにこなしていただいたSAKAMOTOさん、KINちゃん、貴方達の苦労はみんなが知ってます、本当にありがとう。

それからオレの憧れのN沢先生、団戦のためにわざわざ来ていただいたA社長をはじめteam YONEのみなさん、そして遠方から今大会に参加された選手のみなさん、2日間に渡って素晴らしいDJで大会を盛り上げていただいた今井隆信さん、今大会の為に会場を貸してくださった大山観光開発さん、

そして・・・

残念ながら当日は仕事の関係でお会いできなかったNAOKINGこと村上さん。
特訓のおかげで子供達も練習の成果を発揮する事ができました。


本当にありがとうございました。







勝って嬉しかった人も、実力を出し切れずに悔しい思いをした人も、



明日へ向かって・・・・・



ready~~   ギョオ!!  










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
北陸インラインカップ 技術選の部
さて、

初日午後に行われた技術選の結果ですが・・・・


RIRI
ロングターン  250点(2位)
ショートターン 248点(3位)
総合成績   498点 2位 拍手拍手

RUKI
ロングターン  251点(1位)
ショートターン 245点(6位)
総合成績   496点 3位 拍手拍手

滑りをまったく見てないのでわかりませんが、二人ともよくがんばりました。

RIRIは特に大回り系が劇的に良くなったと思います。
練習をほとんどしなかった小回りは点数が伸びませんでした。

練習がいかに大事か、ってことを今回の大会を通じて学んでくれれば、と思うのですが、本人は
「とりあえず、姉としての面目が保てた」
ことにホッとしてるようです(笑)


RUKIは・・・・
見てないので全くわかりませんがいつも点数が出ないロングターンで1位とは意外でした。
ただ、今回はとても緊張したらしいです。
おそらくショートターンではターンが細かくなりすぎてきちんと弧を描けなかったのでしょう。


STILL0015_20081007211236.jpg


一方オレは・・・
ロングターン  255点(17位)
ショートターン 252点(20位)
総合滑降   256点(14位)

初日を終えて現在総合16位。
翌日の最終種目《ショートターン規制》でなんと15位以内を目指したのですが・・・・。

前回の白馬大会同様、気持ちが空回りしてしまい、

ショートターン規制  250点(21位)

総合成績 1,013点(18位)

前日から順位を2つ下げ終了しましたがっくり

うちに帰って、子供たちから
「棒立ち」
「スタンスが狭い」
「暴走ぎみ」
「ターンになってない」

などなど、愛情たっぷりの指摘をいただきました。

来年に向けて更なる精進をしたいと思います(笑)



あ、・・・・


そうです、今年はもう1種目「団体戦」が技術選終了後行われました。


この話は次回また。。

















↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
あがってる・・・・オレのバッテリー
初日の午後はいよいよ技術選。

オレもお恥ずかしながら選手として参加させていただきました。

ま、

そのハナシはとりあえずおいといて・・・・。



ジュニアの部は大回りと小回りの2種目。

まずは大回り種目ですが、
RUKIがいきなり251点の高得点をマークし1位。
更に驚いたのがRIRI。
RUKIに次いで250点で2位。




で、みんながオレんトコにやってきて途中経過を教えてくれるんですが、「選手のオレ」はそれどころじゃありません(笑)
「はあ、そうですか・・」って感じで全く上の空で自分のことで精一杯(笑)

ま、今回は奥方様がバッチリビデオを撮ってくれてるハズだから帰ってからゆっくり見ればいいかな、と。

子供達のロングターン種目が終わり、そろそろアップしようかなと思ってたところに奥方様がやってきて

「バッテリーがなくなってRUKIの撮れんかった・・涙


普通は液晶ディスプレイにバッテリー残量表示されてるのでそれ見ながら注意して撮影するだろ、と思いつつも
「そんなん、事前にちゃんと説明してくれんとわからんし!」
と、逆に怒られそうなのでもちろん口には出しませんでした。


因みにオレの車にはなぜか100Vコンセントがあるので充電できるのだ。
もちろん、準備万端なオレはこんなこともあるだろ、とACアダプタを持ってきてたので、早速車で充電しようと思い、エンジンをかけた。

「キュル・・・キュルきゅる・・・カチ・・カチ・・・・・・・・」

がーん

「キュル・・・キュル・・・・きゅる・・・カチ・・・・・・・」


バッテリーが・・・・ご臨終・・・・がーん


朝からルームランプ全点灯のまま後部ドアを開けっ放しにしてたためバッテリーが逝ってしまいました。


奥方様激怒、オレ、大パニック(笑)


そんな状況下でオレの大回りがスタートしました。


結局、運良くTさんがブースターケーブルを持ってたのでレスキューしてもらいましたが、カメラの充電が完了した時にはオレの総合滑降を残すのみとなってました(涙)

で、せめてオレの総合滑降だけでも撮ってもらおうと奥方様にカメラを渡しこの日の最終演技に臨んだのでありました。

演技終了後、オレにとってこの日最高の256点のスベリを確認しようと思い、奥方様のところへ行ったのですが・・・

「今度は《SDメモリがいっぱいです》って表示が出て撮れんかった」


はぁ・・・・・。


そんなワケで慌しく初日が終了したのでございました。




※今回は写真なしです。どなたか娘たちの映像をビデオに収めてらっしゃる方がいらっしゃればコピーさせてください m(_ _)m









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
北陸インラインスキーCUP ジュニアアルペン競技
週末、二日間に渡り熱いバトルが繰り広げられた「北陸インラインスキーCUP」
今週はその話題を中心にお届けします(笑)


さて、初日4日(土)の最初の種目はアルペン競技。
GS・SLを各1本滑り、合計の「順位」でアルペン競技の順位が決まる。
RIRIとRUKIは「ジュニアの部」に出場。
ジュニアの部の参加者は15名で、おそらくシリーズの中では最も参加者が多い大会だ。

1種目目のGSは旗門数12。

RIRIはLAPと0.47秒差の22.8秒で2位につけた。
RUKIも健闘しLAP差1.77秒差の24.13秒で3位。

思えば昨年この大会にはじめて出た時はRIRIは最下位だった。
それから比べると大躍進だ(笑)
技術的にも前回の村上特訓でポジションやストックワークもよくなってきたので自信につなげてくれればいいな、と。

STILL0006_20081006223438.jpg

一方RUKIも今回は斜度が結構あり、体重の少ないRUKIにとってはかなり不利。
マテリアルも76mm4輪の樹脂製フレームなのでもうちょっと差が開くかな、と思ってたんですが、クロススケーティングで果敢に攻めてくれました。
上出来でした。


STILL0007_20081006223540.jpg


で、


続いての種目のSLですが・・・・。

二人ともまさかの大ブレーキ(笑)
今回のセットはかなりテクニカル。
スピードが出そうなところで大きく振ってあったり、ストレートの間隔も微妙に
狭く、加速のポイントが難しい。

案の定、インスペクションではRIRIはコースアウト連発(笑)
RUKIも安全運転モード。


因みにオレは旗門員として参加。
RIRIは84mm5輪を履いてたのでフレームを4輪に交換してやろうかな、
とも一瞬思ったんですが、普段からほとんど小回りの練習をしてないRIRIに
はいいクスリになるかな、と思い、敢えて5輪のままレースへ・・・。


RIRIは途中何度もバランスを崩し、ボロボロ・・・。
何とか完走はしたもののLAP差6秒以上つけられ9位

STILL0012_20081006223817.jpg

RUKIも
何故か精彩を欠き10位。

STILL0011_20081006224011.jpg


結局、総合で、
RIRIは6位
RUKIは7位
という結果だった。


今回のアルペンの部では、それぞれ「自信」と「悔しさ」を味わう事ができたと思う。


ヨカッタヨカッタ。




今回の大会では奥方様がビデオ係を自らかってくださいました。(笑)
普通、ビデオを撮る時って自分の声をなるべく入れないように気をつけるんですが、彼女の場合は「実況つき」(笑)

でも、オレと違って母の気持ちがよく現れてました。
では奥方様とRUKIの会話つきでお楽しみ下さい(笑)








え~・・・・


ここまで初日の午前中です。


午後から技術選。

技術選には子供達に加えてオレも「選手」として出場する事になるワケですが、


アクシデントの連続でした、  ハイ。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
北陸インラインスキーCUP第1日目
本日、秋晴れの中「第3回北陸インラインスキーCUP」が開催されました。

今回も涙あり、笑いあり、ドラマあり・・・の素晴らしい大会でした。(明日もありますが)

で、本日の結果も含めいろいろと書きたい事もあるが、詳細はまた後日にアップさせていただきたいと思います。


あ、
昨日の記事でRUKIの発熱の事を書きましたが、幸い熱も下がり、今日は「親バカ勝負服」で元気に滑走してくれました。




大会に「選手」そして「選手の保護者」と参加して、改めて大会主催者の皆さんや日頃の練習でオレや子供達を温かく見守って下さっている皆さんに、本当に感謝したいと思います。

いつもなら、週末はあまりブログを書かないんですよね、オレ。
ましてや明日も1種目残してるし(笑)


でも、今回はちょっとだけ書かせてもらいます。
いや、感謝の気持ちを書かせてください。



昨年春に初めて俺たち親子が常願寺でインラインを始めた時に気さくに声をかけてくださり、それがきっかけでteamYONEに入会することができた。

いつ常願寺に行っても必ずいらっしゃって、しかも誰よりも熱心に練習をされ、そして時には子供たちの遊び相手になっていただいたり、時にはするどいアドバイスをいただいたり・・・。

今大会においても裏方として運営のサポートや選手達のサポートを一生懸命していただいております。

そう、

彼の名は・・・・


STILL0001_20081004223857.jpg


彼の名は・・・・・・

「スナイパー“T”」としておこう。
※決して、「狙撃手」でも「戦場カメラマン」でもありません。


本当にいつもありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
アクシデント・・・・
いよいよ明日は「北陸インラインスキーCUP」です。

が、ここにきて我が家のエース(笑)にアクシデントが・・・。

今日、学校で熱を出して早退してきたらしいです。がっくり
本人も凄く楽しみにしてたみたいですが、とりあえず明日朝体温を計ってみてからですね。


因みにオレとRIRIは準備万端です(笑)

特にオレは髪の毛も切って若干の軽量化を図り気合は充分。(爆)

とりあえず、2日間がんばってきますので、お暇な方は是非応援に来てくださいね。



P1000263_20081003220107.jpg










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
欽ちゃんスベリ(笑)
今日から10月です!!

先週、北海道では初冠雪があり、週末は立山も雪が降ったようですね。
そろそろ冬の準備ですね(笑)

我が家もそろそろ来月のティーニュ、そして再来月の韓国遠征に向けそろそろ旅行の準備をしなくてはいけないので今月は何かと忙しくなりそうだ・・・・。




と、今夜もイイ感じに酔っ払いながら、軽~い妄想にふけっております(笑)




さて、

いよいよ今週末は
「第3回 北陸インラインスキーCUP」が極楽坂スキー場駐車場にて開催されます。
4日(土)は
午前 アルペンの部(GS・SL各1本)
午後 技術選(ロングターン・ショートターン)
そしてジュニアの部表彰式が行われます。

5日(日)は
午前 技術選(総合滑降・小回り規制)
午後 団体戦
そして表彰式・閉会式

2日間に渡ってアツいバトルが繰り広げられます。


というわけで先週日曜日は最終調整してきたわけですが・・・・・。
RUKIは相変わらず自由奔放に滑っております。
最近はKANATAくんという新たな仲間が増え、滑る事よりも坂を競争して登ったり、サッカーやキャッチボールをしてる方が楽しいみたいです。
ま、そっちの方が自然とトレーニングになってるような気もします。


一方RIRIは、ようやく尻に火がついてきたのか村上コーチ指導の元、いつになく熱心に練習してました。
いろいろとバリエーショントレーニングをしてたんですが、中でも「欽ちゃんスベリ」が功を奏したらしく、ようやく少し見れるようになってきた。








いよいよ今週末、またあのドキドキ感が味わえる。






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。