スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
杉の原ナスター

さて、前回の続きですが・・・

結局自分の板は犠牲にして奥方様のMIDスキーを積んで一路杉の原へ向かう事にしました。
杉の原の天候は、雨雨
しかもホワイトアウトしそうな濃い霧。

スタート地点は辛うじて雲の上なんですが、コースはほとんど真っ白。
が、予定通りレース開始。今回のレースは2本の合計タイムです。


まずは1・2年女子の部。
なんかみんなと頭ひとつ違うんですが・・・。




スタートは元気良くフルアタックしていきました。

で、一瞬で霧の中へ・・・・
がんばれRUKI

続いておねえちゃんです。
今回はかなり気合が入ってました。



本人的にはジャンプスタートらしいです。

速報アナウンスでは、RUKIが1分38秒、RIRIが1分25秒。
ずっとスタート地点に居たんですが、二人ともなかなかのタイム。
もしかしてこれは・・・と、思ってたところに二人がスタート地点に戻ってきた。
二人とも、口を揃えて
「旗門不通過してしまった・・・次の旗門が全然見えないんだもんムカッ
「前にスタートした子達もみんなコースアウトしとったよビックリ
「ポールに激突した子もいたよZZZ…

う~ん、コースは惨憺たる状況だったようです。

案の定2本目は中止。
ま、残念でしたが怪我しなかっただけでもよかったかなと。

慌しく大会が終わり、一息ついた時に「アノ事」を思い出してしまった。
そうそう、オレの大事な板。
今シーズンは、まだ合宿もあるし、志賀の大会もエントリーしたし、自分の板を買う予定なんてない。

で、とりあえず置き忘れた極楽坂スキー場へ電話したんですが・・・・つながらない。
自宅や奥方様の携帯へ電話しても・・・全くつながらない。

何故に???


杉の原って電波状況悪いのかな、と思ったんですがアンテナはきちんと3本立ってる。
ますます????

もう完全に諦めムードで、
次の板は何しようかな~、などとプラス思考へ。

こないだSHOPで薦めてもらったHEADあたりを思い切って買っちゃおうかな~、と思ってたところへ奥方様から電話。
奥「みんな大丈夫だった?」
オレ「いや~それが土砂降りとひどい霧で・・」
奥「何言ってんの!こっち凄い地震あったんだよ!」
オレ「え・・・・」
ようやく電話がつながらなかった意味が理解できた。
奥「それと・・・・悲しいお知らせがあります。」
オレ「ま、まさか・・・家が・・・・」
奥「地震の被害はなかったんだけど・・・」
奥「スキー場に電話したんだけど板の落し物のお届けは無いって。一応無駄だと思うけどスキー場行って探してみたら?」
奥「あ、わかってると思うけど新しい板なんて絶対ダメだからね」
オレ「・・・・・・・・・・」

そんなわけで悲しみに打ちひしがれて帰路。
でも念の為極楽坂スキー場へ行ってみました。

置き忘れた駐車場を見て回ってもやっぱりない。
センター前の板置き場にも・・・・無い。
でもせっかく来たんだから
最後にセンターのおばちゃんに尋ねたところ・・・・。
オバ「アンタの忘れていった板ってコレの事?」
オレ「・・・・・・・・・・・・・・・そ、それです!ビックリ
一瞬オバちゃんが女神に見えてしまったのは多分熱のせいです。
オバ「さっきも女の人から電話で問合せがあったんだけど、そのあとでお客さんが「朝から駐車場にずーっと置きぱなしの板がある」って届けてくれたのよ」

そんな訳で無事、板も戻ってきました。

最近は、ゲレンデで板が盗まれる話も良く聞く中、わざわざ届けてくださった方が居るとは。
どこのどなたかはわかりませんが、この場を借りてお礼申し上げます。



さて、今週末は子供達はまたまた野辺山合宿です。


スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
波乱万丈な週末・・・。

日曜は杉ノ原スキー競技会へ参加。
サクっと2本計測して来週の野辺山合宿に向け、課題を抽出しようと思ってたんですが・・・。

歯車が狂い始めたのは昨日のらいちょうでの練習から。
なんか調子がおかしいんですよ。
いや、子供達は相変わらずなんですが・・・。

そう、オレなんですよ、オカシイのは。
頭がボーっとして、腰や背中の辺りがゾクゾク・・・。

ヤバ・・・・、多分風邪だな、と思い、家に帰って熱を計ってみると、
38.6℃ガーン

非常にまずいです。
子供達、明日の大会を楽しみにしてたので・・・・・。

で、速攻で近所の内科を受診。やっぱ風邪みたい。
とりあえず、薬を飲んで水分をとってベッドへ・・・。

翌朝、体温を計ると36.8℃。
ヨシ!やっぱ風邪は気合です。

子供達を起こし、荷物を車に詰め込みいざ出発・・・・・。


あれ・・・・・


何か足りない・・・・・・。



昨日、練習から帰ってきて積みっぱなしだったはずの
オレのスキー板無い

時間は朝6時をまわってる。
1.今からスキー場へ探しに行ったらまず間違いなく大会には間に合わない。
2.スキー場に行ったからといっていたが見つかる保証は無い。
3.板はあきらめて子供達を大会へ連れて行くとなると、オレの使用する板は・・・
 3-1.物置にある十数年前のロシの7S(サビサビ)
 3-2.同上保管場所にあるニシザワボロン「カズキ」モデル
 3-3.奥方様用のMIDスキー(ゼビオで購入)
 3-4.現地でレンタルスキー


どうする!? オレ・・・・・・・・。



てか、今、家が揺れたんですが・・・・・。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
かたしなジュニアカップ



前回の大会の様子ですが、旗門数は16、メインゲレンデの中斜面を利用したコースでした。
斜度はきつくないのですが、旗門が左右に振ってあり、ターンを失敗すると一気にタイムが落ちてしまうコースでした。



大会を終えて二人に今後の課題を聞いたところ、
RIRI
「重心をもっと低くする」
「クローチング」
RUKI
「ターンの時にもっと体を倒す」
「手を前に出す」

次回は25日の杉ノ原ナスターレースです。
恐らく今シーズン、残り少ない大会となるので、納得できる滑りをしてほしいものです。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
かたしな高原スキー場 チャイルドロッジ

かたしな高原スキー場についてちょっと紹介。

今回我々家族が宿泊したのはゲレンデ中腹にある「チャイルドロッジ」
ゲレンデ下部からは↓こんなのや
 

↓こんなのに乗ってあがります。


因みにオレらが乗ったのは↑スノーモービルタイプだったんですが、コレ、結構スピード早くって楽しいんです。
っーか、転倒するんじゃないかと思って実は恐かったりして汗
子供たちはキャーキャー言って喜んでましたが。

で、ロッジはこんな感じ。

(↑これは2家族用ですが、1家族用もありました。)

一見普通のコテージなんですが、中に入ってびっくり。
カーテン、ベッド、風呂、トイレ、スリッパ・・・・。
全てが「ミッフィー」なんです。ビックリ

実はここへ来る前、子供たちに「ミッフィーのスキー場だよ、」って言ったら、
「え~、赤ちゃんぽい」
「スティッチ?のほうがいい」
等とあまり評価が高くなかったんですが、
部屋に入るなり超感動アップ

で、部屋は1階がリビング、中2階が子供たちのベッドルーム。
そして2階(屋根裏)がパパママの寝室。


↑ミッフィーのベッドではしゃぎまくってました。

清掃も行き届いてたし、暖房もばっちり効いてたし、何よりも独立タイプなので少々騒いでも平気。
宿については文句なし。


↑玄関を出たらすぐにゲレンデ。

食事は歩いて30秒のレストランで2食(夕・朝)ともバイキング。


↑チーズフォンデュをほおばるRUKI

肉、魚、野菜料理はもちろん、
デザートやケーキ、たこ焼きなどもあり、子供たちは大満足だったみたい。

今回は翌日大会で9:00からインスペクションだった為、朝食後すぐにチェックアウトしたんですが、できれば朝はもう少しのんびりしていたかったです。
どうせなら連泊がよかったですね。

とりあえずは奥方様や子供たちが喜んでくれて良かったです。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
かたしな家族スキー&レース

先週末(3/17-18)久しぶりに家族で1泊2日のスキー旅行へ行ってまいりました。
今シーズンは子供達がレースをやり始めたので週末はほとんど3人(オレ・RIRI・RUKI)で行動。
奥方様はスキーがほとんどできないので留守番に徹していただいておりました。
が、最近少し寂しそうだったので、奥方様のバースデイのお祝いを兼ねて連れて行ってあげたのです。

場所は群馬県の「かたしな高原スキー場」
何故に群馬県、何故にかたしな・・・って感じなんですが、熟考×2を重ねた結果こうなったのです。ガーン

今回の目的の一つは子供達のレース。
別にナスターレースにこだわってる訳じゃないんですが、下の娘(RUKI)が前回の学童で転倒し、ポイントがつかず、
「ポイントのレースがしたいムカッ
とあまりにもうるさかったので汗

で、片道4時間かけて行って来た訳です。
エントリーした時(3月初旬)は富山はどのスキー場も壊滅状態、エントリーしてたレースもことごとく中止だったので、「ま、片品でもいっか」と思ってたんですが、先週の降雪で近くのスキー場も復活。
「わざわざそんな遠くに行かなくても」と、少し複雑な気分で出発。

で、旅行記は気が向いた時においおい書くとして、レースの結果は・・・・。

RIRI 3・4年女子の部 13位/43名 TIME00:37.06 NST-P45.62
RUKI 1・2年の部    17位/48名 TIME00:40.53 NST-P59.25

う~ん、ちょっぴり残念でした。
と、言うのも前日の二人の滑りは今までとちょっと違ってたので。
RIRIは合宿で学んだ事が多かったのか、フォールラインを意識した滑りになってた。

が、いざスタートすると・・・・
滑りがバラバラ・・・・・。
右ターンで内傾の悪い癖出て、切替が遅れ、左ターンで落ちる。
緩斜面のクローチングでまさかのブレーキ。
思い通り滑れなかった事がかなり悔しかったみたいです。



RUKIの方はと言うと、そこそこ元気に滑れてたと思うんですが、本人は納得できなかったみたい。
ゼッケンを返した後、すぐにリフトに乗って一人フリーしてました。



シーズンも終盤ですが、オレから見て二人とも初めてのレースと比べればすごく上手くなってると思う。
何よりも嬉しいのは二人とも「もっと上手くなりたい」と思ってくれてること。

だからいつも「悔しい」んだろうな。

「悔しい」けど「楽しい」




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
合宿終了!

先程娘達が2泊3日の「RC野辺山合宿」から帰ってきました。
予定より1時間遅れての立山ICへ到着でした。

娘達の顔を見て、すごく充実した合宿だったんだな、ってすぐにわかった。
今まで見たことも無い、とても印象的な顔をしてました。

それはオレの予想とはるかに違ってました。
もっと充実した顔をして帰ってくると思ってた。


が、しかし、


バスから降りてきた子供達はどの子も疲れ果てた表情。
いつものはしゃいだ雰囲気のかけらもない、
「精も根も尽き果てた」って顔。

その顔を見て、

「ああ、オレ、一緒について行かなくて良かった」
と、思った。

肉体的にも、精神的にも一生懸命頑張った顔でした。


良い経験をさせていただいた関係者の皆さんに感謝です。


きっと多分、この2泊3日の合宿で飛躍的に早くなったり、技術が向上したりする事はないと思う。

でも、

きっと、

多くの事を学んできてくれたのでしょう。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
週末の予定

久しぶりのすじ雲です。
メインスキー場がクローズしてからの雪ってのもどうかと思うんですが汗

さて、今週末から子供たちは「強化合宿」へ行くらしいです。
2泊3日スキー三昧だそうです。
月曜日は学校も休むらしいです。

一応漢検合格を合宿参加の条件としてたんですが二人とも何とか合格。
しっかり練習してきてください。

という訳で今現在手元にある週末予定カードは・・・・

1.久しぶりにヒトリストスキー
2.たまにはボートでルアチヌ
3.夫婦水入らずで温泉

今シーズン、毎週スキー場へは行ってるものの自分自身としてはまともにスキーしてないんですよね。
どうせ早朝子供たちを近くのインターチェンジまで送って行くので、その足で白馬あたりに行くってのもアリですね。
また、天候と水温次第ですがボートも魅力的なんですが、
「毎週自分の好きな事ばっかり」と奥方様からクレーム来そうで恐い。

う~ん、そう考えると今、奥方様のメンテも兼ねて「温泉」てのも選択肢としてはアリ。
ここでポイントゲットしとけば春以降釣りにも行き易いかも。

どうする!?オレ




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ビデオで検証

子供たちと先日の大会のビデオを見ながら滑りをチェック。
RUKIが自分の滑りを見ながら
「右ターンの時、どうしてもナイケーするんだよね」と自分の滑りを分析。

あなたいつの間に「内傾」という言葉を覚えたんですか。

因みに意味を尋ねると、
「頭がポールに近づくこと」だそうです。

正解です。

普段の練習でコーチから
・ないけーにならない。
・ぜんけーにする。
・きりかえを早く。
・体は下(フォールライン)へ。
と、教えてもらってるようです。

確かにビデオを見てみると右ターンと左ターンでは明らかに違う。

左ターン時は



と、まあまあよい感じなんですが、

右ターンになると、

左手が遅れて

無理やり左手を前に出そうとして内傾に

内足にのったまま体ごと回転・・・


ま、本人も「ソトアシで踏めてない」と気づいてるみたいなので、アレコレ言う必要もないんですが・・・。
元気よく滑ってくれればそれで良いんですが、どうしてもこっち(親)の方が欲が出ちゃって言いたくなっちゃうんです。

でも、考えてみると「スキー」って意外と単純なスポーツなんですよね。
1年生の子供と「技術論」を語り合えるんですから。(笑)

ただ、わかっていても、なかなかカラダで表現できず、難しく考えてしまう。
で、自分の中で、スキーを「難しいスポーツ」にしちゃってるのかもしれませんね。

イカンイカン。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
富山テレビ杯 リザルト

昨日はBBT富山テレビ杯スキー大会でした。
土曜日のコースオープン時にプログラムを貰ったのですが、小学生女子組は14名。
富山県からも数名の選手が出てました。

当日のコンディションは、「春スキーも終盤」って感じで、みるみる雪が・・・ガーン

RIRIは13番、RUKIは14番スタートでした。
因みにゼッケン1番、2番は富山県の5年生の選手。先日の学童選手権のタイムはちょうどRIRIが真ん中だったのでとりあえずベンチマークに。

で、10:10から競技開始。
1番が56秒台、2番が1分01秒台だったのでなんとか1分をきってくれれば、と思ってたんですが、結果は1分01秒93。



結構いい感じでのスピードで緩斜面から中斜面へ入ってきたんですが・・・


切替せずクローチングに入ってしまい落ちて・・・。


次のターンで超減速・・・・。

また、クローチングも中途半端。


↑RIRI
↓2位の選手


結果5位でした。

たまたま各組6位まで入賞だったので、初めて「賞状」を貰いましたが、本人は嬉しい反面ちょっと複雑な表情でした。




RUKIの方は今回はいつもの迫力が無く1分18秒。
本人に感想を聞くと
「ちょっとびびった」
だって。
1年生でもびびる事があるらしいです。
前回の大会で転倒したので今回は安全運転にならざるを得なかったらしいのですが、得意のクローチングも見せなかったし今回はほめるトコ無しです。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
BBT富山テレビ杯スキー大会

明日は急遽エントリーしたBBT富山テレビ杯スキー大会です。
で、今日コースオープンだったため、練習を休んで糸魚川シーサイドバレーへ行ってきました。


ですね~晴れ





でも、大会関係者の努力のおかげでなんとか開催されそうです。
ホントに関係者の皆様に感謝です。




ウチのチビ達は小学生女子の部に出場します。

で、今回の目標は・・・・・・・


ズバリ 抽選会(笑)
海外旅行他豪華景品があたるそうです。


無心でがんばれ娘達!!




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
3月の予定

3月になりました。

もう3月になったのですね。



春ですね汗


雪が無いのとRUKIのリベンジレースのことで頭が痛いHIRO@富山です。

さて、3月の予定ですが・・・・・・。

今週末土曜日はクラブの練習でたいら。
ただし日曜日の平大回転はエントリーしてないので、とりあえず練習がてらシーサイドバレーの富山テレビ杯にエントリー。

で、翌週はクラブの合宿。

また学校休むんですね。
卒業式の練習とか大丈夫なんでしょうか。

で、後半は・・・・

RUKIはまだナスターポイントをとってないので3月後半でナスターレースにエントリーしてやりたいのですが、今のところ候補は、
3/18の
かたしなジュニアカップ
nomugiシリーズ戦第3戦
3/25の
杉ノ沢スキー競技会第2戦
くらいですね。

ところが・・・・・。
今日野麦のHPを確認したら定員オーバーで受付終了汗

ってことは「かたしなジュニアカップ」!?


って何気に遠いんですけど・・・汗

ETCの深夜割引使っても片道4,750円×2=9,500円

で、申込締切が3/4。
エントリー費がリフト券込みで@3,500円×2=7,000円

そもそもそれまで雪があるんだろうか・・・。
ちなみに現在の積雪量が140cm。
標高はボトム950m、トップ1,250m。

う~ん、悩みます。
悩みますがモタモタしてるとまた受付終了って事に・・・・汗




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。