スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
久し振りに
明日から東京遠征、いや出張です。(笑)
いよいよ解散・選挙っぽいですね。
また忙しくなりそう・・・。


スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
海況上向き
ようやく日中でもナブラプレイが楽しめるようになりました。
四捨五入してフクラギサイズですが(笑)
右手首が痛いです。
明日あたり筋肉痛が発症しそう。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ロッド
ロッドは「釣り味」

ラインとのバランスがどーとかってよく言うよね。
確かにそれもある。
でも、
ガチガチロッドにPEでもいいじゃない。
ペナペナロッドにナイロンラインでもいいじゃない。
サーフや河口で6ftでもいいじゃない。
ボートで長尺ロッドでもいいじゃない。

「効率」や「水揚げ」だけを求めるなら別だけど。

「趣味」なんですからいろんな楽しみ方があっていいと思う。

「専用ロッド」じゃなくても魚は釣れます。

ロッドは「釣り味」

最近SW系のロッドも結構細分化されてきました。
それはそれですっごく良い事だと思う。
コンセプトが明確なロッドっていいよね。

そういう意味で「バスロッド」って選びやすい。
こんな場所でこんな風に釣りたい、とか「こんなヤリトリがしたい」とか・・。
すごく選びやすいね。

その点ソルト系ロッドは昔ながらの海釣り竿の流れをくんでるのか知らんが「魚種別」にカテゴライズされてんのがチト痛い。
なかには「ロックフィッシュ専用ロッド」で対象魚が「メバル・カサゴ」って(爆)

ま、ロッドはいろいろ試してみるべし。













↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
タックルの基点 ~ライン~
ラインって重要だよね。
俺の場合、ラインが「タックルの基点」になってる場合が多いかも。

まずは「ターゲット」との距離。
そして「ストラクチャ」
最後に「楽しさ」

この3要素によってまずライン、そしてロッド・・・・。

基本的にターゲットとの距離が長ければ「PE系」だね、いろんな意味で。
選択理由としては
1.飛距離
  ターゲットとの距離があれば当然「飛距離」は重要な要素。
また、ショアからポイントを広く探るにも「PE」は有効だね。で、
2.感度
  ラインを通して伝わる情報はいろいろあるけど、ボートと違い、「魚探」の無い状況ではボトムやカケ上がりなど「低伸度」のPEの方が情報量は多い。
また、「バイトを感じる」事により「バイトの事実」を把握する事はできるよね。

PE系が最も有利なフィールドとしてはサーフや河口、そしてディープ。

じゃ、「PE最強?」

んなこたーない。

「PEの有効性」を逆に読み替えると決して「PE有利」とはいえない。
「飛距離」が必要なければ。
「フィールドの状況」が把握できていれば。
「魚」が見えていれば・・・・。

それに加えて、

「ライン特性を利用したルアーアクションが必要な時」
「ストラクチャをタイトに攻めたい時」

「モノフィラ」って選択もあるよね。

そんな感じですね。ラインぎめは。

て、ことで明日は「ロッドのココロだぁ~」(爆)


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
タックルの基点
タックル選びって楽しいよね。
すっごく難しいけど「楽しい」。
お金がたくさんあればいろんなパーツを揃える事ができるけど、所詮魚とヤリトリするのは「一式」のタックル。
一度に複数のルアーを投げる事できないからね(笑)

いつも車の中に数本のロッドを積んでる。
いつもボートに数本のロッドを持ち込んでる。
いろいろ考えていくつかのシステムをセットしてる。
でも一度にキャストできるのは一本。当たり前だけど。

いろいろ考えるよね。
場合によっては一つのポイントの為に複数のシステムをセットする事もあれば、その日RUN&GUNするポイントの数によってタックルをセットする事も。

時間や場所、対象魚を考えながらタックルをセットする。

思い通りの「答え」が出れば最高なんだけどなかなか思い通りにはいかない。
けど、自分の中で仮説を立てることによって見えてくる事は多い。
「正解」までの道は遠いけど。

ということで「明日に続く・・・」



↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ボートフィッシング
自分にとっての「ボート」、それはタックルの一部。
そう、ラインやリールやロッドと同じ。

ボートフィッシングをはじめてから「ハンマーってどう?」とか「どんなボートがいい?」ってよく尋ねられる事がある。
答えるのが難しいよね。
何故なら「ナイロンとPEどっちがいい?」とか「ただ巻きとジャークどっちがいい?」見たいな感じで。
そのフィールドでどんな釣り方がしたいか、あるいはどんな釣りが「楽しいか」
それって、人それぞれだから。
自分が「ボート」をタックルとして選んだ理由、またその中で「ハンマー」を選んだ理由なら明確に答える事ができるし、自分にとってソレが「楽しい」って事は間違いない。

けど、それは押しつけるものでもないし、全てのアングラー、またはボーターにとって最適な「選択」であるとは限らない。

ま、そんな感じですね(笑)


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
風が・・・
最近なぜか週末になると天候が・・・・・。
昨晩は雨、そして今日は「強風」・・・。
週末の為に生きてる俺としてはすごく辛いね。

で、とりあえず出航してみた。ええ、この風の中出航しましたとも。
なんせせっかくの週末ですから。
多分釣りにはならんだろうと思いつつロッド3本積んで・・・。

爽快でした。
いや~、「ボートフィッシング」っていいよね。
なんてったって「ボート」と「フィッシング」なんですから。
「フィッシング」が駄目でも「ボート」で憂さ晴らしできるとこが最高です。

南西の風9M。
颯爽と出航し北東へ(笑)
先週とはうって変わり加速感をしばし堪能。
おぉ、GPS読みで54.7km/h。もちろんスロットルは垂直。
数分スピード感を満喫し、ふと後ろを振り返ってみると・・・。

3倍くらいの時間をかけて帰港しました。

あ~楽しかった。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
サイトフィッシング
先日、ある釣番組での某有名アングラーの言葉。
彼はしみじみと
「いや~ナイトシーバスはストレスが無くていいよね。」
だと。
どうも彼の趣旨は日中はシーバスがわんさかといるのになかなか釣れない、一方同じ状況でも夜はソレが見えないので漫然と投げ続ける事ができる・・・。

確かに魚が見えてたらのんびり投げ続ける事はできないかも知れないですよね。

最近自分も日中のゲームが多くなり、それはそれで今まで夜のゲームではわからなかった事も「見える」事によって「幅」が広がったのも事実です。

ただね・・・・。

夜のゲーム、あるいはオカッパリのゲームが日中の「サイトフィッシング」に劣っているわけではないし、増してや「ストレス」が無いワケではない。

「見えない」からこそ「感じる事」ができ、「想像することの楽しさ」を与えてくれるからだ。
また、日中のプレイはややをもすると「見える事」にとらわれすぎ、自ずとその事実の前にアングラーの「選択肢」を放棄してしまうことになってしいがちになるかもしれない。

それぞれに「辛さと楽しさ」があるんだよね、きっと。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
連日の好調で・・・・
先週末からシーバス好調だった為、HGのマリーナへ係留してたんですが、
今日はなんか変・・・。
いつもならプレーニングする回転数でプレーニングしないし最高速も
何か物足りない。
もしや、と思い上げてみてびっくり!!
トレーラーにもぐり込みびちゃびちゃに濡れながらブラシかけました。
とりあえず見た目ツルツルの肌触りになりました。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。