スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
未来のアルペンなでしこ(笑)
単身赴任で普段は子供達となかなかコミュニケーションが取れないオレ。


え?
金沢-富山だからいつでも帰れるでしょって?

そういうツッコミはナシの方向で(汗)



今朝、会社に行ったら富山から通勤している職場の仲間から

「RIRIRUKIパパ、今朝の新聞に娘さん出てましたよ。」

と、わざわざ富山の地方紙、「北日本新聞」をオレに渡してくれた。


無題_convert_20130515231313



確かに、学校名・名前・年齢と「1行のインタービュー」が載っていた。


前にも書いた事があるかもしれませんが、一昨年の彼女が6年生の夏、急に
「ワタシはサッカー選手になりたい」
と、突然言い出した。

なでしこの影響である事はすぐにわかったが、自分の意思でいろんなスポーツや趣味に挑戦する事はとても良いことだと思い、

「1週間でリフティング20回できたらいいよ。」

と言い、彼女に安い4号球を買って渡した。




そして、1週間後の日曜日。


彼女はオレの前で3回の試技をした。

結果、「最高7回」だった。


実はオレが彼女に課題を出したあと、彼女の様子を奥方様に聞いていた。


「あのこ、本当に毎日家の前で一生懸命練習しとるよ。」
「20回なんか無理だわ、ちょっと可哀想じゃない?」




もちろん、そんな事はハナからわかっている。
でも、
彼女がオレにコミットしたのでしょうがない。




3回目の試技が終わり、結局、オレと約束した「リフティング20回」を彼女は達成する事はできなかった。




うなだれてる彼女にオレは言った。

「サッカーなめるな」




『娘』っつーのはムズカシイ。

母親と娘ってのは見ててもお互い『体当たり』って感じで羨ましく思える時もある。



ま、
どーでもいーけど、

『何でも一生懸命やればいい』

と思っている。





あれから2年が経とうとしている。


昨年のスキーは惨憺たる成績だった。
中学のサッカー部も辞め、女子フットサルチームに入れてもらうも、いまだに『お客様』らしい。

たまに本人と話をすると
「ワタシは一生懸命がんばってます」
と、ヌルイ言葉が返ってくる・・・・・。





因みにこないだ彼女、

『今年はスキー絶対頑張る。その為には夏も一生懸命サッカー頑張る!!』

と、オレに宣言しました。




『そうですか。がんばりなさい』
と、とりあえず言いましたが




鬼コーチ募集中です(笑)






スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの道  その7
小学1年からアルペン競技を始めたRUKI。


思えばほとんどほったらかしだった6年間。


振り返ってみると、彼女はいつも
「ワタシを見て光線」
をずっとオレに対し発し続けていたのだと思う。


小さな彼女の精一杯の気持ちを結果的にオレは無視し続けてきたのかもしれない。


この6年間、彼女の成績は素晴らしいものだった。
それは決して「持って生まれたもの」ではなく、彼女なりに精一杯努力した結果だった。

小さな末っ子はきっと
「パパに褒められたくて」
一生懸命頑張ってきたのだろう。



オレはそんな彼女に対し、もっと褒めてやるべきだった。
もちろん、「結果」ではなく、彼女の努力に対し。





昨シーズン前半、彼女はもがき苦しんでいた。

序盤のチルドレン大会も惨憺たる成績だった。
しかし、オレはそんな事を全く気にしていなかった。
気にしていないどころか、当日役員をしながら携帯でRIRIの全中の速報ばかりを気にしていた。



学童選手権にいたっては前日にワックスもろくにかけず、酒盛り。
当日も、サポーターとしてクラブの選手達のスタートワックス係をしていたので、彼女の滑りも見ていない。

あとから聞いた話だが、曇ったままのゴーグルでスタートを待つRUKIを見かねてKANSUKEコーチが自分のゴーグルを貸してくれたそうだ。
次の日、朝早い仕事があったので、ろくにお祝いもせずに金沢へ帰った。


翌日、奥方様へ電話したところ、
「朝、早起きして新聞とりに行って記事探しとったよ。でも、小さく名前だけ載ってて本人ちょっと寂しそうだった。」


翌週のアトミックカップではまさかの転倒。
ジャパンカップは惨敗。
ジュニアオリンピックはキャンセル・・・・・・。

以降、彼女は板を履かなかった。
当然強化練習や東海チルドレンも不参加。



今年、無事に卒業式を終え中学へ入学。

なかなか部活が決まらなかった。
敢えて何もアドバイスをしなかった。

悩みに悩んだ挙句、彼女はひとつの結論を出した。


「アタシ、サッカー部入るから。」





きっと多分、RUKIが初めて自分の意思をオレに伝えた瞬間だった。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの道   その6
あれから6年の歳月が流れた。
うだつの上がらん姉ちゃんといつもそこそこの成績を出すチビ。


いつも困るのはレース後の帰り道。

いつも賞状と賞品をゲットしてくるチビ。
一方で、もらった参加賞をオレに渡し、何事も無かったように必死に平静を装うとする痛々しい姉ちゃん。

帰りの車の中はいつも静まり返っていた(笑)


チビも姉ちゃんも、そしてオレも、
いろんな事を学んだ帰り道の車の中。



オレの中で、新たなルールが加わった。

それは、

「平等に誉める」



ですが、これに関しては正直上手くできなかった。
どうしても「できないこ」に気持ちがいってしまった。

正確には、「結果」を基準にして子供達に対応してしまった。と言うのが事実だろう。


RUKIは「できるこ」だから良い成績だったのではなく、彼女は彼女なりに頑張ったのだ。
RIRIは「できないこ」だから悪い成績だったのではなく、彼女には甘えがあった。

それを踏まえ、「平等に誉める」べきだったな、と今になって反省している。








子供達と離れて暮らすようになり、もうじき3年になる。



近くで叱ってやる事ができないので、子供達はいろんな失敗、いや「経験」をしているようだ。



そして、

とりあえず今の自分達が考える「道」を模索しているようだ。





すっごい回り道になるのかも知れないが、

「それぞれの道」



自分で探しながら歩いていってほしいと思う。




















↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの道   その4
RIRIが小学4年生の冬。
彼女は「OHYAMAスポーツクラブ」へ入会した。

いや、
彼女だけではない。

姉ちゃんのやる事を何でも真似したがる妹のRUKI。
そう。
昨年の富山県学童チャンプの彼女は当時小学1年生。


彼女との出会いは今から約13年前。


RIRIが生まれた病院よりも更に数ランク上の豪華な病院だった(笑)
確か、エントランスには自動演奏するグランドピアノがあったような気がする。



平成11年4月18日
RUKI誕生。

さすがに3人目ということもあり、奥方様はかなりの余裕。
でも、
オレは相変わらず緊張。

お願いだから元気に生まれてくれ、できれば夜中ではなく日中に。

そんな期待に見事に応え、夕方に産声を上げてくれた。


森三中の黒沢似の看護師さんが、
「ダイジなモン、ついとらんかったよ。」
と、ニヤニヤしながら教えてくれたのをはっきり覚えている(笑)






赤ちゃんの頃はとにかくよく泣きました。
3人の子供の中で、一番立つのは早かった。
でも、3人の子供の中では一番オムツの取れるのが遅かったな。
明らかにウンチをして臭いのに「してない」と言ってはしゃぎまわってたよな。


RIRIが「逆上がり」ができなくてオレが一生懸命教えてる横で
「こうでしょ。」
と言いながら普通に逆上がりしてたのは3歳くらいだったか。


それ以来、2度とRIRIは逆上がりの練習をしなくなった。
きっと今も逆上がりができないに違いない(笑)


他にもエピソードがある。
忘れもしない「自転車事件」

これは、またの機会にしておこう(笑)







RUKIは、毎年冬になるとオレとRIRIがスキーに行くのが悔しくてならなかったようだ。

いつも玄関で、まるでマンガのように手足をバタバタさせて、

「RUKIもいくー!」

と暴れていたのが懐かしい。



そんなRUKIも小学1年生になり、
とりあえず、19cmのかわいいブーツを買ってやった。


オレのスキーに連れて行く基準は「自分のことは自分でできること」
それだけだ。


家の中で一生懸命ウエアとブーツの着脱の練習をしていた。
RIRIにあれこれ指導を受けながら(笑)




2007年1月2日
RIRIとRUKIを連れていつもより30分早く家を出た。

ええ。
「慌てさせない、怒らない」
を実践する為には、親がアクシデントを想定して余裕を持って行動すればいいのだと言うことをRIRIとの3年間で学んだからだ(笑)




そして、
前回でも書いた通りひげのコーチとの出会いになるのだった。


ファミリーゲレンデでフリースキーをする娘達を見てひげのコーチが一言。



「チビ、バランスいいですね」




やっぱりそうなりますか。
そうですよね。
オレもそう思います。



2007年1月2日 瑠季奈(小1) OHYAMAスポーツクラブ入会。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの道  その3
運動オンチのRIRIに

「何かスポーツを」

と思い、1年生の冬から始めたスキー。

と言っても、県内のスキー場がオープンしている期間、RIRIを連れての週末フリースキー。

ドンくさい娘だということは重々承知。
RIRIをスキーに連れて行くのにあたり、オレは自分の中で3つの約束事を決めた。

1.慌てさせない
2.怒らない
3.自分のことは自分でさせる。


準備に時間がかかり、リフト券売り場に着くと長蛇の列でイライラしたこともあった。
同じ事を何回やってもできず、怒鳴りそうになることもあった。

そんな時も心の中で「慌てない、怒らない・・・」と呪文のように唱え・・・・・(笑)






当時、走るのが苦手の彼女にとって、きっとそれは夢のスポーツだったに違いない。

走らなくても味わえる「スピード感」「爽快感」は他のスポーツではありえない。
冬のほぼ毎週末、RIRIをスキーに連れて行った。
いや、ゲレンデレストランで食べるピザやアイスクリームがお目当てだってたのかもしれない。



ある時、二人でリフトに乗っていると、下の方で怒鳴り声が聞こえた。
「何回言えばわかるがよ!ええい! 足を「谷」にして、○×■※!!?!・・・」
ストックで子供のブーツをビシビシ叩きながら荒れ狂うお父さんらしき人。

その光景をリフトから見ていたRIRI、
「あの子かわいそー。せっかく「遊び」に来てるのに・・・。」








それから3年の月日が流れた。

ほぼ富山県内の全てのスキー場の全てのコースを滑った。
そして、ほぼ全てのゲレンデレストランでメシを食った(笑)

そんなある日、立山山麓で最奥のこじんまりした「あわすのスキー場」へ訪れた。




そこで、オレとRIRIは衝撃的な光景を目にしたのだった。




多分、RIRIと同い年くらいの小学生達が物凄いスピードでポール練習をしていた。

そしてゴール付近では赤いポンチョにハンチング、そして囗元にヒゲをたくわえた怪しげなコーチらしき人物が子供達に身振り手振り何やら指導していたのを今でも鮮明に覚えている。



その日の夜、RIRIはオレに言った。

「アタシもやってみたい」

もうじき小学4年生になろうという、シーズン終盤のある日の事だった。










翌年(RIRI小4)の1月2日の朝。
オレはRIRIとあわすのスキー場の「ミレット」の前で、ある人物を待った。

ほどなく彼はオレ達の前に姿を現した。


そう。
あの時の
赤いポンチョにハンチング、そして口元にヒゲをたくわえた男。


「ねえちゃん、スキー好きか?楽しいよな。」

男はRIRIにそう言うとにこっと笑った。
RIRI、若干引き攣りながらも小さな声で

「楽しいです・・・。」





多分、そんなぶっきらぼうで愛のある言葉が「出会い」だったのだと思う。


2007年1月2日 梨々香(小4)OHYAMAスポーツクラブ入会。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの道   その2
そう言えば、ここ3年、RIRIの誕生祝いをしていない。

彼女は、
中1「車山」
中2「志賀高原」
中3「菅平高原」
にて誕生日を迎えている。

こんな風に書くと、随分合宿に行っているのかと誤解されるかもしれないが、彼女の中学3年間は、基本冬休みの1週間程度の合宿にしか行かせていない。

いろんな意見があるのでしょうが、少なくともオレとしては
「RIRIにはそれで十分」
だと思ってそうしていたし、今でもそれで良かったと思っている。




そんな、この3年間のクリスマスイブ。



この3年間の我が家のクリスマスは「ふつうの晩御飯」なのだ。
主人公のRIRIがいないクリスマス。

今思うと、お留守番のRUKIはちょっとかわいそうだったかも。




さて、


そもそも子供達とアルペンスキーにハマったきっかけについて。


あれは、忘れもしないRIRIが小学校1年生の運動会。

当時、オレは自分の趣味に忙しく全く子供達に興味が無かった。
保育園のイベントにも殆ど顔を出した事が無かった。


そんなある日、きっと先生から「お父さんに渡すように」とでも言われたのだろう。
RIRIはニコニコしながら「運動会のプログラム」をオレに渡してくれた。

全く興味も無かったが、運動会前日の夜に奥方様から
「あなたが来るのを楽しみにしてるから見に行ってあげれば。」
と、言われたことを思い出し、学校のグランドに足を運んだ。


ちょうど、RIRI達1年生の徒競走が始まるところだった。

他のお父さんやお母さんがカメラを構えてひしめき合うのを横目に見ながら、ちょっと離れたところでRIRIの姿を追った。


ピストルの音で走り出すRIRI。

その姿を見て愕然とした。

他の子供達が一生懸命走る中、ひとりニコニコしながらマイペースで走る我が娘。
しかも、
右手と右足が同調しとるし・・・。


ええ。

ニコニコしながら「なんば走り」してダントツビリでゴールした娘の姿がそこにあった。


正直、
「やばい」
と、思った。



確かに奥方様から
「あの子は運動が苦手だから」
とは聞いていたが、まさかここまでひどいとは。

衝撃的な瞬間だった。



そんな彼女に対し、

「何か運動を」

と思い、始めたのが「スキー」だったのである。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの道 その1
平成8年12月24日。

今から約16年前のクリスマスイブ。
産気づいた奥方様を病院まで送った。

産後はフルコースのフランス料理が振舞われるらしい某レディースクリニック。

二人目ということもあり、奥方様は結構余裕な表情なのですが、こんな時男って何もできないな、とつくづく感じた瞬間でもあった。

病院ではちょっぴり友近風の看護師から「まだまだ時間かかりそうだから一旦帰られ。」と言われ、病院を後にした。


せっかくのクリスマスイブ。
帰る途中、息子とコンビニへ寄った。
投売りされていたクリスマスケーキを買うのもなんだか悲しくて、テキトーにお菓子を選ばせて息子と家に帰った。

初めて息子と二人っきりのクリスマスイブを過ごした。

今思うと、オレは息子にはかなり厳しかった。
きっと多分、彼にとっては最悪のクリスマスイブだったに違いない。

二人っきりの気まずいクリスマスイブの夜も更け、いつも間にかオレも眠りについた。






ふと気づくと電話が鳴り捲っていた。


何となくイヤな予感がしつつもとりあえず電話に出ると、電話口からオレの母親から怒りの声が・・・。


「何回電話しても出んし!!!! 生まれたから直ぐ来て!!!!!!」




嗚呼。



大失敗。

急いで病院へ行き、奥方様の病室へ入った。



「最悪・・・。どこで飲んどったん?」



長女RIRIを出産しての第一声だった。




平成8年12月25日。
長女RIRIの誕生の瞬間・・・・。
残念ながらオレは立ち会う事ができなかった。






そして、
16年経った今でも奥方様から「あの日」の事を責められるオレなのであった。




今年ももうじき「あの日」がやってくる。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
帰ってきますか?
今週末も怒涛の1週間でした。
本当に「あっ」という間に1週間が過ぎました。


この間、娘達から何回かメールが来たが、返信する余裕すらないほど。




さっきもRUKIから


「帰ってきますか?」


とのメール。



振返れば彼女が5年生の時からこの状態が続いている。




「帰ってきますか?」



それは、
「帰ってきてほしい」でもなく「帰ってきてほしくない」でもない。


親として、その言葉に秘められた彼女の「想い」を思いやってやらなければならない、と思っている。


週末の3連休。



あいにくの仕事となるが、できればちょっとだけでも帰ってやりたいと思う。




まだ返信はしてませんが(笑)








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RUKI、スポ少入団の巻
RIRIの件でいろいろご心配いただきありがとうございます。
できればこのまま勉学に専念してくれればと思っておりますが、順調に回復しているようです。


さて、
最近のRUKIですが・・・・・・・


6年生も残すところ半年をきりました。


親父としては彼女には本当に楽しませていただきました。

十分満足しております。


が、

彼女、この期に及んでまだまだ予測不能の行動をとっておられます。


6年生が引退するこの時期のスポーツ少年団。
ええ、


本人の強い希望により入団されました


スナップショット 1 (2011-10-14 0-00)




実は、彼女がサッカーをしたいと言い出したのは夏休みに入る頃でした。

ま、ニワカなでしこカブレかなと。
最初はそう思っておりました。


小中高とサッカーをやってきたオレとしては、正直言って

『サッカーをナメるな』

と、思っておりました。



なので、当然最初は反対しました。


それでも頑なに『サッカーしたい』と言うのでとりあえずサッカーボールを1個与え、同時にリフティングの課題を与えました。


無理な課題を与えました。
どうせあきらめるだろ、と。


で、1ヶ月様子を見ました。


当然課題はクリアできていませんでしたが、あきらめずに続けていました。


また、スポ少の方でも受け入れてくださるとの事で入団させていただきました。


6年生が引退し、5年生を中心に新チームとして活動を始める大事な時期。
しかも女子はいません。

そんな事もありオレとしてはご迷惑をかけるのではないかと躊躇しておりましたが、快く引き受けてくださいました。





先日、初めて練習を見に行きました。

スナップショット 2 (2011-10-14 0-02)






まだまだ『お客さん』ですね。





ちょっと『ネジ』巻いてやっかな(笑)






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

悪夢の授業参観
土曜日のRUKIの陸上大会でちょっぴり気分が良くなったオレですが、翌日日曜日は

『悪夢のRIRIの授業参観』

いつもなら奥方様が対応しているのですが、今回はいろいろと事情がありオレが参観してきました。



気分が重いです。


ええ。

いやな予感的中。



スナップショット 14 (2011-06-28 23-34)


でかいくせに何故か一番前の真ん中に鎮座して授業を受けておられました。

『特等席』

ですね


そして、あろうことか当てられて発表しておられました。

スナップショット 15 (2011-06-28 23-34)


『だからぁ~、斜面に対して垂直に・・・・』

などとワケのわからないことを発言していたのかどうかはわかりませんが、先生は聞こえないフリをして次の生徒を当てておられました。



本当に彼女は受験生なのだろうか・・・・・・。





一寸先は闇でございます。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
今後の予定
今日も遅くまでお仕事ご苦労様です。

と、

自分で自分に言ってみる(笑)



さて、


今週末からシルバーウィークですね。
まあオレ的にははっきり言って全く必要ない休みです(笑)

ええ、仕事がかなり滞ってしまいます。
気分はブルーです下やじるし

ま、そんなこと考えててもしょうがないし、せっかくの休みなのでなるべくお金を使わずに楽しもうかな、と。

【シルバーウイークの予定】
19日 インライン練習(極楽坂)
20日 町内の運動会
21日 インライン(野沢)
22日 OHYAMA SCイベント
23日 仕事



そして今後の予定ですが・・・・。


9月26・27日 野沢温泉カップインラインスケート大会
10月3・4日 北陸インラインスキーCUP
10月11日 ほたるいかマラソン
10月12日 ダッシュ王選手権(RUKIのみ)
10月24日 富山市小学生リレーカーニバル(RUKIのみ)
11月7日  S&Bちびっこ健康マラソン(RUKIのみ)



え?

RIRIですか?

今日も地区大会でやってくれましたがーん




ヤツの今後の予定は全くの白紙です(笑)

どうしたらいいものか・・・・・・・・・・。





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
RIRIの運動会
明日はRIRIの中学校の運動会らしいです。
今まで運動会なんて全く気にしてなかったんですが、実は今回はちょっと気になってます。

と、言うのも・・・・・。

赤団代表で長距離走に出場するらしい。

は?

って感じなんですが。


選考時に本人は一旦断ったらしいのですが結局引き受ける事になったそうです。

あまり詳しくは聞いてないのですが、それなりに毎日走りこんでたようです。


で、今朝。

早朝から膝が痛いと大騒ぎ。


運動会を翌日に控え、ちょっとプレッシャーを感じてるようです。
ま、確かに全校生徒724名の前で赤っ恥ってのは今後の中学校生活において、かなりハイリスクかもしれない。
とりあえず、「膝が痛い」という逃げ道を作っておきたい気持ちもわからないでもない。

本人はあくまでも
「ホントに膝が痛い!」
と言ってましたが(笑)



どれだけ自分に言い訳しても、スタートラインに立ったら腹を括るしかない。
ま、
恥かいてもいいから最後まで諦めずに走れ!



と、

言いたいところだが

とりあえず明日は知らん顔して送り出してやろう。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
それぞれの合宿
夏休みも中盤ですね。
先週末からRIRIとRUKIはそれぞれの合宿に参加。

思えば今まではRIRIとRUKI、そしてオレも含め「ワンセット」で行動してきた。
それはそれで良かったと思っている。

が、

今年はそれぞれ別々の合宿へ参加。

RIRIが中学生になり生活やスケジュールが変化してきた事もある意味良いキッカケだったかもしれない。


RIRIにとってはコウルサイ妹の世話から開放され同世代の仲間達と楽しく過ごせたようだし、RUKIも頼れる姉がいない反面RIRIの理不尽な命令から開放され楽しく過ごせたようだ。



普段は合宿中の出来事などは全く話してくれないのですが、今回は聞いても無いのにいろんな事を話してくれました。
詳細は書けませんがそれぞれ中味の濃い合宿だったようです。









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
市体
先週の土日、RIRIは中学校の部活で「富山市民体育大会」へ。

自宅から約8km離れた五福陸上競技場へ自転車で。

いよいよRIRIの陸上デビューかbikkuri01


と、思い
「ところで何の種目にエントリーしたん?」と聞いたところ
「RIRIは応援だから・・・・・。」


どうもできたてホヤホヤの陸上部で3名しかエントリーしなかったらしいあせあせ

結局片道8キロを自転車で往復し、競技場でお弁当を食べてきただけの2日間だったらしい。
しかも2日目は誰も競技にエントリーしてなかったらしく、応援どころか単なる見学だったようだ。あせあせ


いや~・・・・・・。

ま、中学生の部活ですから、親がアレコレと口出しするのもどうかと思うし、できれば生徒達が自主的に運営し、失敗も含めていろんなことを学んでくれればそれでいいんですが・・・・。


ですが・・・・。



MOEKAは幅跳びで見事優勝。GENも優勝したらしい。
また、昨年一緒に練習させていただいたやまスポのみんなも頑張っていたようです。


RIRIはどう感じたのだろう。


トップ選手はもちろん、参加した全ての選手が輝いていた。
それは決して「自分とは世界の違う運動能力の高い選手だから」
ではない。

この日の為に積み重ねてきたキツイ練習があったからだ。


今年から結成された山室中陸上部

お揃いのユニフォームも無ければスパイクを持っている選手もいない。
初めての大会で要領がわからず集合時間に遅れ、何度も放送で呼び出しがかかるなど、恥ずかしい思いもしたようだ。



RIRIや他の選手達はどう感じたのだろう。


ユニフォームやジャージを揃える事は簡単だ。
女子だけでも1年生13名、2年生3名の大所帯ならすぐにでも見た目強そうに見えるだろう。

でも、そうじゃないよな。

焦る必要は無い。
今回の市体の「見学」
何かを感じて変わってくれれば・・・・。

まずは自分から。
群れてるだけで安心しててもしょうがないぞ。



がんばれ!体服陸上部。











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ルーキーズ
今週末もぐずついた天気でしたね。

RIRIは土日陸上の「市体」で五福競技場へ。
(このハナシはまた後日・・・)

奥方様も本日は朝から仕事で今日は久しぶりの

RUKIと二人の休日でした。


晴れてたらどこかでインラインでも、と思ってたんですが、生憎の雨。


で、

二人で映画へ行ってまいりました。


ハイ、

「ルーキーズ」でございます。


え~・・・・・。
実はオレ、映画ってホント久しぶり。
確か、前回は多分「忍者ハットリくん」だったと思うあせ

いやね、別に映画嫌いじゃないんです。
でも、何故か「ハットリくん」以来行ってませんでした。


朝8時に出発しファボーレへ。

P1000365.jpg


ええ、まだ開いてませんでしたあせ

20分ほど待っていざ数年ぶりの映画館。

P1000367.jpg


定番のポップコーンとコーラを買って二人でウキウキでした(笑)


さて、映画の内容はというと、もうベッタベタのスポ根モノ
わかりきったストーリーなんですが・・・・・。

ええ、わかっちゃいるんですが不覚にも涙腺が・・・・・あせ


思い出しました。

確か前回のハットリくんの時も涙腺が・・・・。
そう、
あの時、
もう子供達と映画は行かない事にしよう、
と、
心に誓った事を思い出してしまいました。



久しぶりのRUKIと二人でデート。

楽しかったです。








↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ruki's
昨シーズンのブログを振り返ってみると結構RIRIネタばっかりだったんですねあせ

確かに昨シーズンはRIRIが6年生ということもあり、オレもそれなりにRIRIの事を考えたシーズンでした。

が、しかし・・・。

ちゃんとRUKIの事もしっかり見てました。


と、言うわけで親バカ満載のRUKIの08-09PVを作ってしまいました(汗)
決して最近週末が雨だったから暇すぎて・・・・ってワケではありません。


ま、とりあえずよろしければ見てやってください。






昨シーズンのビデオを編集してて気付いた事があった。
偶然撮ったRUKIのゴールシーン。

ラストレースとなったシャルマンiceteeカップの2連戦。

uvs090525-001.jpg

uvs090525-002.jpg




思いっきり手を伸ばしてゴールしてた。



昨シーズンのRUKIは2位が多かった。
中には100分の数秒という僅差のレースも何度かあった。


そしてシーズン最終の2連戦。


結果は2戦とも2位でシーズンを終えた。


必死に手を伸ばして・・・・・・

勝ちたかったんだろうな。


2位でも十分立派な成績です。
でも、
きっと彼女は、例え僅差でも優勝と2位の大きな違いを感じていたのでしょう。


だから必死に手を伸ばしてゴール・・・・・。


その気持ち

きっといつかいいこともあるでしょう。










↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
招待状
今週末の土曜日は小学校の運動会だそうです。
昨年はRIRIの小学校最後の運動会、ということもあり
奥方様の助言で観に行ってきたわけですが・・・・・・。



それまでは全く興味が無く、行った事が無かったんですよ。
ま、昨年はたまたまです。




で、

今年も運動会のシーズンがやってきました。


RUKIが
「はいコレ」
と言って渡してくれたのは運動会のプログラム。


IMG_20090522010359.jpg



う~ん・・・・。



ちょっとだけ


観に行こうかな(笑)









↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
祝!入学
本日、無事RIRIは中学校へ入学しました。

今までお世話になった皆様、ありがとうございます。
そして、これからもより一層のご支援をお願い申し上げます。



4月に入り、俄かに仕事が忙しくなったオレは残念ながらセーラー服のRIRIをまだ見てませんが、先程家に帰り写真で見ました。


20090408_080721.jpg


う~ん・・・・

まあ田舎の中学生って感じでいいんじゃない(笑)


新たなスタートだね。


中学生ってほんとあっという間なんだよな。
新しい経験もいっぱいある。

時間を大事にして有意義な中学生活を楽しんでほしいです。












↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
卒業文集
極楽坂大回転が中止になったので久しぶりのOFF。

暇だったので卒業式の時にもらってきた卒業文集をパラパラと・・・・。

将来の夢や6年間の思い出など、それぞれの言葉で綴られていました。

で、RIRIのページ・・・・・・


sb2.jpg


全然知りませんでしたが、奥方様によると2学期の後半に書いてたらしい。



ふーん。


普段はオレの言う事全然聞かんし、憎まれ口しか叩かんRIRIですが・・・・。



ふーん。




ま、
今シーズンもなかなか結果は出んかったけど、
とりあえず、打たれ強さだけは認めてやる。



好きな事を続けるってのは簡単そうで難しい。




でも、



どんな時でも、あきらめなければきっとは、かなうはず。


心が折れん程度に

がんばれ。



影ながら応援してやっちゃ。
誰も期待しとらんけど。







あかん、

最近涙腺弱いかも(笑)











↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
卒業
本日、無事RIRIは小学校を卒業しました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございます。

オレは年度末の仕事に追われ、卒業式には行きませんでした。

いや、

多分、暇でも行かなかったでしょう(笑)

riri-g1.jpg
(担任の先生と)


卒業証書とか卒業文集などをいただいてきたらしいが、明日のアトミックカップの準備でバタバタしててまだ見せてもらってません。


明日の大会が終わったらゆっくりみせてもらおうかな。


そうそう、
明日はアトミックカップ決勝。


RIRIは多分上位にはカラまないと思うので、オレもRIRIもノンビリしたもんです(笑)


楽しみにしてたカンダハーコースではなく、日影ゲレンデとなったようですがRIRIは緩斜面と聞いて喜んでるようです。



なので、この大会のオレ的楽しみと言えば小学生トップクラスの滑りを見れることかな。
特に、いくつかの大会で素晴らしい滑りを見せてくれた小池選手、伊藤選手に注目したいかな、と。
あと、富山県のトップ選手達もがんばってほしいです。





とりあえず楽しんできます。




因みにRUKIは、明日クラブ主催の「プチ技術選」に出場です。
こっちも楽しそーだな。






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。