スキーとボートとルアーフィッシングの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ~撤収編~

楽しい「非日常」に別れを告げ、撤収作業・・・。
我が家の撤収作業は何故か笑いが絶えない。
うん、半分は意識的に笑いを絶やさないようにしてるかも・・・。

ここで喧嘩したり険悪ムードになっちゃうとせっかくの楽しかった思い出が・・・・・ってなっちゃう。

だから、慌てずのんびり撤収作業。

今回、どうしても車に積み込めないものが・・・・。


[06 SUMMER BOAT CAMP! ~撤収編~]の続きを読む
スポンサーサイト


↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
夏のアイテム

またまた06 SUMMER BOAT CAMP! レポの途中ですが・・・。
夏キャンのアイテムと言えば・・・・・。

ビーサンとクーラーBOXですよね。(ちと強引か・・・)
うん、ビーサンとクーラーBOXだよ、絶対。(かなり強引かも)


オレなんて休日のほとんどはビーサンで過ごしてます。
おかげさまでビーサン履いてなくってもくっきりと足の甲に日焼けアトが・・・。
リビングに居ても奥方様から「部屋の中でビーサン履くのはやめて!」
と、いじめられております。

で、ボートで遊ぶ時の履物と言えばこれ↓




[夏のアイテム]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
好きな時間帯

キャンプ中最もオレの好きな時間帯、それは朝です。



なんか、一番リラックスできる時間なんです。
空気も気持ちいいし・・・。


[好きな時間帯]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ~ボート編~



琵琶湖でのランチング。

今回ランチングしたのは自然のサーフを利用した半人工のスロープ・・。
ここはフィッシング艇専門なのでウェイクボート等のプレジャー艇はNG。
因みに利用申し込みに行った時に、奥方様の格好がモロウエイクボーダーだったんで、
「ウエイクボートはダメです」って断られそうになってしまった。
エレキつけてたんで事無きを得たんですが・・。


[06 SUMMER BOAT CAMP! ~ボート編~]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ~キャンプメシ編~

キャンプって言えば「メシ」も楽しみのひとつだよね。
外で食べる「メシ」ってなに食ってもうまいんだよね。
でも、自宅でもやってみようかな、とは思わない。
ウチにもネコの額ほどの庭らしきスペースはあるんですが、ここで晩飯を食おうとは思わない。
多分「キャンプだから」できるんだよね。
非日常ってやつだな。

で、今回のキャンプメシですが・・・・。


[06 SUMMER BOAT CAMP! ~キャンプメシ編~]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ~釣り編~

琵琶湖と言えば・・・
そうです、ブラックバスですね。
最近は外来魚問題とやらでリリース禁止になったりとバスフィッシングにはあまり風当たりがよろしくないようですが・・・。

え?オレですか?
正直バスについてはほとんど初心者です。icon10



でもま、せっかく琵琶湖に来たので釣りせにゃいかんでしょってことで・・・。


[06 SUMMER BOAT CAMP! ~釣り編~]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ~ビーチ編~

今回の琵琶湖ボートキャンプの目的の一つが

思いっきりビーチで遊ぶ!

初日は偵察を兼ねて車で湖北で有名どころの湖水浴場を調査。


[06 SUMMER BOAT CAMP! ~ビーチ編~]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ?

どうもうちの子供たちは06春の「野麦峠越え」がトラウマになってるらしくクネクネ山道が大嫌いらしい。
今回はほとんどが北陸自動車道を利用。
富山IC~木之本ICまでは快適クルージング。
とはいってもトレーラーとボートで600kgオーバーを牽引してるのであくまでも安全運転。
途中2回のトイレ休憩&連結部チェックを行い、何のトラブルも無く琵琶湖に到着。
キャンプ場チェックインまで少し時間があるのでまずは駐艇場へ。




さすがバスのメッカ、琵琶湖ですね。
ハデハデなバスボートがズラーっと並んでおります。

ここで、トレーラー駐艇させていただき隣のキャンプ場へ。


[06 SUMMER BOAT CAMP! ?]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP! ?

過酷な状況下で不自由な生活を楽しもう、って事で、行ってきました。
06 SUMMER BOAT CAMP!
オレの夏の定番アイテムと言えばトレーラブルボートです。
どこにでも引っ張っていけてビーチング&キャンプ。

さて、今回行った場所は・・・

琵琶湖!

でございます。




[06 SUMMER BOAT CAMP! ?]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06 SUMMER BOAT CAMP!

行ってきました!BOAT CAMP!



とりあえず、無事帰ってきました。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
キャンプ場紹介

さて、久々にキャンプネタ。しかもキャンプ場紹介ときたもんだ。(笑)
で、どこにしようかいろいろ考えたんですが・・・・。
やっぱ地元富山県を紹介せにゃいかんだろ、と思いココにしました。
決して写真がたまたまあったからではないicon10


[キャンプ場紹介]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ダッチオーブン その2

~ある夫婦の昨晩の会話~

オレ
「そもそも「ダッチオーブン」ってのは西部のカーボーイ達が使ってた鉄鍋で、オランダの行商人が持ち込んで・・・・・・・・・・。」


[ダッチオーブン その2]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
ダッチオーブン

久々のキャンプネタ。
タイトルは「ダッチオーブン」え?ベタ過ぎ?

何も我が家のダッチオーブン料理を紹介しよう、ってんじゃありません。
ましてやダッチオーブンの由来などウンチクをだらだら述べようってわけでもありません。
そもそも・・・
我が家のキャンプ道具には「ダッチオーブン」という物が存在しないのですから(きっぱり!)
ええ、そうですとも。使ったこともありません!


[ダッチオーブン]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
最近活躍してるキャンプ道具


キャンプ道具って言えるかどうかわかんないけど・・・・・。
最近我が家で活躍してるのが「省電力トランシーバー」
元々はスキー場で迷子になった娘のために購入し、主にゲレンデで使ってたんですが、最近キャンプでも利用してるんです。
これが以外にもなかなか子供達に人気。
ちょっとした冒険気分が味わえるようです。

実はコレ、親にとっても結構メリットがあったりする。


[最近活躍してるキャンプ道具]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
寝袋


ちょっと季節を逸してしまった感があるが先日のみぼろ湖畔キャンプにて。
ゴールデンウィークといってもまだ朝晩は結構冷える。
特に今年は30年ぶりの大雪でところどころ残雪が残っていた。
夜の気温は約2℃。
我が家の寝袋シェラフは封筒型のスリーシーズン用。

事件は2日目の朝に起こった。


[寝袋]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
いや~ん

先日のロッドキャリアの記事中の写真で電子ジャー電気炊飯器が写ってたらしい。
早速ご指摘をいただきました。

ええ、そうですとも!キャンプに電気炊飯器を持って行きましたよ!


[いや~ん]の続きを読む

↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
使いこなせていない道具

某アウトドアショップにて珍しく奥方様が
「あ、これいいんじゃない?他のサイトでよく見かけるし」
などと珍しくキャンプ道具に興味を示されました。
洗った食器とかを干しておくネットである。
正式名称は「コールマン ハンギングドライネット」と言うらしい。
キャンプ道具に理解を示すとは非常に良い傾向だ。
値段も1,000円以下だったし即効でゲット。
キャンプ場で見た時よりずいぶん小さな収納ケースに入ってるんです。
さすが天下のコールマン、見事な収納技術だ。
で、家に帰ってから早速奥方様がケースから出した。
「キャッ!」
その風体からは想像もつかないようなかわいらしい奥方様の叫び声とともに収納袋からネットがビヨーン!と飛び出した。
さすが天下のコールマン、滅多な事で動揺しない我が奥方様をもいとも簡単に驚愕させるとは。
おお、コレコレ。
ちゃんとキャンプ場でみた時と同じサイズじゃん。
奥方様もご満悦そう。
ジッパーや網目などを一通り確認して元の収納袋へ戻そうとした。
・・・・が、元の収納袋に戻らないみたい。(クククっ)
説明書通りに折りたたんでも無理。どう見ても袋の径よりネットがデカイ。
念の為袋も確認してみるがストレッチ素材ではない。
奥方様はアレコレ折りたたみ方を変えてみるがうまくいかないらしい。

(そろそろ俺様の出番かな)

と、思った矢先
「ちょっと、コレ片づけといて」
(それが人にモノを頼む態度か!)当然俺は優しく微笑んで「どれどれ?ちょっと貸してみ」てな感じでバトンタッチ。

さぁて、ここからが俺の腕の見せドコロ。
・・・・・・・・。
5分経過・・・・・10分経過・・・・・・。

入らない

そのうちにワイヤーがベコベコになってきた。(ヤバicon10

奥方様も痺れを切らしたようで、
奥方様「ちょっとぉ!何やってんのよ!力任せにやってもダメなんじゃない!」
俺「テメェが出したんだろうが!出す時によく確認しときゃこんな苦労しなくて済んだんだよ」
俺「出した時の事思い出してくんない?」
奥方様「急にびよ~ん、って飛び出してきたんだから覚えてるわけ無いじゃない!」
俺「逆ギレかよ!」
俺「・・・・・・・・。」

結局我が家では今でもこの様にコンテナボックスへ収納してます。


それにしても天下のコールマン様、もともとそんなにかさばる物じゃないんだし、もう一回り収納袋のサイズを大きくしても良かったのではないのでしょうか。
それともキャンパーとしてのパッキング技術を向上させる為に敢えてあのようなサイズにしてらっしゃるのでしょうか。

元々入ってたワケだし、いつかはこの難問を解いて見たいがどなたかご存知の片がいらっしゃったら教えてください。

コールマン ハンギングドライネット
コールマン ハンギングドライネット






↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
みぼろ湖 おまけ

今回の2泊3日(5/3~5/5)のみぼろ湖キャンプのおまけ・・・・。

その1・・・・ゴミ
キャンプ場ではゴミの回収はやっていません。
つまり自分達の出したゴミは自分達で持ち帰るってルールです。
なので生ゴミなどあまり出さない工夫が必要。
ウチの場合は「食べ残し禁止令」を発令しました。

その2・・・・地域の食べ物発見!
2日目の食材を調達しにひるがのにあるスーパーへ訪れた。
そこで偶然発見したのが「けいちゃん」
飛騨地方の名物らしい。

コレなかなかイケます。
この日の夜はバーベキューだったんですが、
子供達には高い牛肉を食べさせながら、
傍らのツーバーナーにてフライパンで炒め
つまんでました。




↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
みぼろ湖畔 その2

すがすがしい2日目の朝。
となりのサイトのお子様達がすごく早起きだったので
5:00には目が覚めた。
さて、子供達が起きてくる前にちょっとだけ釣り。

本来ならこの下には魚の画像を貼り付ける予定だったんだが・・・。icon10


さて、今日の予定は・・・。
まず向かったのがひるがの高原にある「牧歌の里」
例年だとこの時期は花が咲き乱れてるそうなんですが、
この冬の大雪の影響で開花がかなり遅れてるようです。


牧歌の名物その? 
機関車の「ドット君」
約15分の園内クルージングが
楽しめます。





牧歌の名物その? 
ひつじの「メリーちゃん」
命名=私






牧歌の名物その? 
ヤギの「ユキちゃん」
命名=私













牧歌の名物その? 
ウシの・・・えーっと・・。





他にオルゴール作りやウシの乳搾り、乗馬体験なども楽しめます。

お昼は草原でお食事
(コンビニで買ったたこ焼き、サンドイッチ、おにぎり、ざるぞば・・・)
 

この日の夕方は、余った肉で「すき焼き」しました。
うまかった~。

そして最終日、御母衣湖といえば・・・!そうです。
ロックフィルダムで記念撮影をして帰ってきました。







↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
06GW第3R みぼろ湖畔キャンプ

ここみぼろ湖畔キャンプ場は文字通り岐阜県のみぼろ湖に位置する。
富山からだと北陸自動車道~東海北陸自動車道へ乗り継ぎ終点の白川郷ICで下り、R156を南下。
高速を使えば富山から約1時間半と比較的手頃な距離。
前にも書いたが比較的最近になってリニューアルされたらしく各施設はとてもきれい。
特筆すべきは我が家の奥方様をも唸らせた「暖房便座」
ゴールデンウイークといっても朝晩は結構冷え込む。女性にとってはかなりうれしい設備らしい。
因みに男性の方は和式水洗でした。

さて、設営を終えて最初の仕事は洗濯物干し。
そうなんです。昨日キャンプから帰ってきたばかりでさすがに今日まさかキャンプに行くとは思ってなかったので奥方様は洗濯の途中だったのです。
というワケで近くの木にロープを張り洗濯物を干したのでした。

↓この後、我々のサイトは難民キャンプと化した。

(※注!キャンプ場内にはコインランドリーもあります)

夕方まで湖畔を散策。


明日は早起きしてチコッとつりでもしようかな。





↓↓↓ポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。